ホーム 誹謗中傷・風評被害を受けている方へ 口コミ・レビュー・情報サイトの誹謗中傷・風評被害 Naverまとめの誹謗中傷・風評被害削除対策

Naverまとめの誹謗中傷・風評被害削除対策

Naver matome

人気キュレーションサイトであるNaverまとめ上に、自らにとって不利益となる誹謗中傷や誤情報が投稿された場合、一日も早く風評被害を食い止めなければなりません。ここでは該当記事の削除など、考えられるいくつかの自衛手段をご紹介します。

NAVERまとめとは

Naverまとめは、ユーザーが独自のまとめ記事を作成して自由に投稿することができる参加型キュレーションマガジンです。ニュース・ゴシップからレシピ、IT・ガジェット、アートまで幅広いカテゴリをカバーしており、暇つぶし感覚で記事の読み書きを楽しむことができます。また、記事を作成した全てのユーザーがview数によってインセンティブを受け取ることができるのもNAVERまとめの大きな特徴です。

NAVERまとめの投稿削除依頼について

風評被害につながる誤った情報や誹謗中傷が掲載されていた場合、あるいは自社で作成した記事のコピーコンテンツが掲載されていた場合の削除依頼手順をご説明します。

NAVERまとめには、このような場合の専用フォームが用意されていません。まずサイト最下部、「会社概要」からLINE株式会社のwebサイトにアクセスし、「お問い合わせ」から「NAVERへのお問い合わせ」をクリックします。ここからメールフォームへリンクできますので、該当ページのURLと、削除する必要がある理由を明記しましょう。

後日、先方から登記事項証明書と印鑑証明書、申告者の氏名、住所、連絡先などの提示を要請する旨の連絡が届くはずです。なぜこれだけの手間がかかるかというと、NAVERまとめのサービス内容がプロバイダ責任制限法にひっかかるからだそうです。これらの準備に加え、メールのやり取りに費やす時間を考えると、速やかに対応してもらえる訳ではないことが予想されます。削除依頼を要請している側の立場としては、業を煮やすことになるかもしれません。

トータルコンサルティングの重要性

上記のような問題点は、NAVERまとめ側に問題があるというよりも、多くのキュレーションサイト・まとめサイトに共通する問題点です。OKwaveに限らず「キュレーションサイトやまとめサイトに誹謗中傷・風評被害などのネガティブな書き込みをされてしまった」という場合は、単なる削除依頼ではなく、事態の沈静化活動や抜本的なレピュテーションマネジメント対策が必要です。

当社にも、
・運営元が削除依頼に対して応じてくれない
・会社名、サービス名で検索すると検索結果に出てきてしまう
・削除を依頼している会社があるが成果が出ない or 逆効果となってしまった
・誹謗中傷を受けないための体制を構築したい
・ただ消すだけではなく根本的に問題を解決したい

といった相談が多数寄せられていますが、残念ながらその多くは「削除依頼だけで問題を解決しようとしたために、かえって問題を深刻化させてしまった」という状態になってからです。
レピュテーションマネジメントは、早期発見・早期対策ほど被害を最小化できます。また、対策に必要な経費や時間・労力も最小限にとどめられます。こうした被害を発見した場合は、一刻も早くご相談をいただければと思います。

他社との違い

一覧はこちら

レピュテーション
マネジメントの重要性

一覧はこちら

コーポレートレピュテーションと
企業ブランディング

一覧はこちら

誹謗中傷・風評被害の
事例解説

一覧はこちら

電話でのお問い合わせ

03-5572-7367

受付時間:11:00-18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム