GoogleとYahoo!の虫眼鏡やサジェストの違いは?ネガティブなサジェストが企業に与える影響や対策も解説

image001

「GoogleやYahoo!で表示される虫眼鏡マークの仕組みを知りたい」「サジェストや虫眼鏡の違いが分からない」「サジェストのキーワードは操作できるのか」ということについて知りたいと思いませんか。
GoogleやYahoo!で検索をする際、候補のキーワードとして表示されるのがサジェストです。サジェストの他にも、Yahooでは関連検索キーワードとして虫眼鏡マークが表示されます。
この記事では、GoogleサジェストやYahoo!の虫眼鏡マークがどのような仕組みなのか解説します。それぞれの違いなどを紹介しているので、参考にしてください。

GoogleやYahoo!のサジェストとは

image002

GoogleやYahoo!のサジェストが、どのようなものなのか解説します。
サジェストとは、検索窓にキーワードを入力した際、後ろに表示される候補のことです。一緒に調べられる確率が高いキーワードなどをGoogle・Yahoo!が自動で表示しています。
Google・Yahoo!で表示される仕組みは違いますが、どちらもユーザーが欲しい答えにたどり着けるよう設計されている機能です。

Googleサジェストの仕組み

image003

Googleサジェストは、あるキーワードを入力したときにそのキーワードと一緒に検索される確率の高いものが表示されます。
Googleサジェストは、検索履歴や検索ボリュームなどを元にキーワードを表示しています。
検索履歴によるサジェスト表示は、ユーザーが過去に検索したキーワードが表示されやすくなるという仕組みになっています。検索ボリュームを参考にしたサジェスト表示は、キーワードを入力したときに合わせて検索されることの多いワードが表示される仕組みです。「企業名 ブラック」と表示されていたら「企業名+ブラック」と検索している人が多いということがわかります。

Yahoo!のサジェストと虫眼鏡マークの仕組み

image004

Googleサジェストについて解説しましたが、Yahoo!は仕組みが少し異なります。似ている部分もありますが、実際にキーワードを入力すると表示される内容が変わるので、仕組みを正しく理解しておきましょう。
本章では、Yahoo!のサジェストと虫眼鏡マークの仕組みについて紹介しますので、参考にしてください。

Yahoo!サジェストの仕組み

Yahoo!サジェストはGoogleサジェストと同様に、あるキーワードを入力したときにそのキーワードと一緒に検索される確率の高いものが表示されます。
Yahoo!サジェストの仕組みは、入力したキーワードに関連していたり、よく検索されていたりする内容が表示される仕組みです。検索されている回数が一時的に多いキーワードであってもYahoo!サジェストに表示されやすくなります。

Yahoo!で表示される虫眼鏡マークの意味

Yahoo!で表示される虫眼鏡マークは、検索ページの上部または下部にあります。Googleの関連検索キーワードと似ている機能です。
虫眼鏡マークは、主に検索されている回数が多いものや組み合わせて入力される可能性の高いキーワードが表示される仕組みとなっています。
サジェストと似ていますが、全く同じキーワードが表示されるわけではありません。

Google・Yahoo!のネガティブなサジェストが企業に与える影響

image005

Google・Yahoo!のサジェストや虫眼鏡に、ネガティブなサジェストが表示されている場合には、すぐに対処しましょう。
ネガティブなサジェストを放置しておくと企業に悪影響を与えることになるからです。本章では、どのような悪影響を与えるのか、具体的な悪影響を紹介します。

1.信用やイメージが低下する

検索エンジンにネガティブなサジェストが表示された場合、表示されているキーワードが事実と異なるものだとしても、閲覧したユーザーが悪い印象を抱いてしまうため、対応せずに放置しておくと自社の信用やイメージの低下を招く可能性があります。
インターネットで自社について検索したユーザーが、ネガティブなサジェストを見てしまうと、印象の低下に繋がります。イメージの低下に加えて、風評被害や誹謗中傷などの二次被害に繋がる恐れもあるので、早急な対応が必要です。

2.売り上げが減少する

検索窓のネガティブなサジェストを放置しておくと、売り上げの減少に繋がります。サービスや商品に対して、ネガティブなキーワードが表示されている場合には、早急な対応が必要です。
実際に、商品の購入を考えているユーザーがネガティブなサジェストを発見したら、購入するのを躊躇することもあるでしょう。ネガティブなサジェストが表示されているのを見つけたら迅速な対応が必要です。

3.採用に悪影響が出る

検索窓のネガティブなサジェストは、採用活動に悪影響を与えることがあります。就職希望者が不信感を抱いてしまうかもしれません。
就職希望者の多くが気になっている企業についてインターネット上で調べています。検索中に自社へのネガティブなサジェストが表示されたら、就職希望者が面接を辞退してしまう恐れがあります。「ブラック」や「不祥事」などのキーワードが出てきたら注意しましょう。

4.社員がダメージを受ける

検索窓のネガティブなサジェストは、従業員に悪影響を与えます。従業員が「世間からネガティブなイメージを持たれている企業では働きたくない」と考えるのは当然のことです。
従業員が自社に対するネガティブなサジェストを見ると、精神的なダメージを受ける場合があります。さらに誹謗中傷や風評被害に繋がると「あの会社に勤めている人とは関わらない方が良い」と世間から偏見を持たれてしまうこともあるでしょう。
従業員の離職に繋がりかねないので、早急な対処が必要です。

Google・Yahoo!のサジェストを対策する際の相談先

image006

「Google・Yahoo!にネガティブなサジェストが表示された場合に削除できるのか」ということを知りたい方もいらっしゃるでしょう。
削除することはできます。しかし、自社で行うにはハードルが高く、困難です。本章では、Google・Yahoo!のサジェストを削除したい場合におすすめの相談先を3つ紹介します。

1.Google・Yahoo!

ネガティブなサジェストが見つかったらGoogleやYahoo!に問い合わせて、削除を依頼するという方法です。GoogleやYahoo!にネガティブなサジェストの削除を依頼すると、対応してもらえる可能性があります。
Google・Yahoo!それぞれの公式サイトで、消して欲しいキーワードとその理由を記載して、問い合わせを行いましょう。
キーワードの削除には最短で1日~1週間程度かかります。しかし、削除申請の結果については連絡がないので、少し待ってみて削除されなければ別の方法を考えましょう。

2.弁護士

弁護士に依頼することで、サジェストキーワードの削除が可能です。
個人で強制力の伴う削除依頼を行うのは難しいのですが、弁護士であれば法的根拠をもとに手続きを進められます。サジェストキーワードがなかなか削除されないという場合には、弁護士に依頼することで解決できます。
しかし、弁護士に依頼すると高額な費用がかかる可能性があります。また、削除するだけでは根本的な解決にならないため、問題が再発する可能性は高いでしょう。

3.専門対策業者

専門対策業者は、ネガティブなサジェストが表示される根本的な問題を解決します。自社に対する誹謗中傷や風評被害を防ぎながら、ネガティブなサジェストが表示される原因を突き止めます。
また、逆SEOや誹謗中傷を受けにくくするコンサルティングなど、様々な対策によって被害を最小限に抑えます。
専門対策業者は発生した誹謗中傷問題の解決から再発防止策まで立案・実施できます。問題の根本的解決を望むなら、専門対策業者への依頼を検討してみてください。

ネガティブなサジェストの対策を専門対策業者に依頼するメリット

image007

「ネガティブなサジェストが表示された際の相談先について悩んでいる」という方がいらっしゃるのではないでしょうか。問題を根本的に解決したいのであれば、専門対策業者の利用がおすすめです。
高額な費用が必要ないことや、自社にかかる負担が少ないことが、専門対策業者へ依頼するメリットです。本章では専門対策業者へ依頼するメリットを詳しく紹介します。

対応が早いため被害を最小限に抑えられる

専門対策業者は、素早く対応を行うので被害を最小限に抑えられます。ネガティブなサジェストは、放置しておく時間が長いほど多くのユーザーに見られるため、自社に対する悪影響が増加します。
早急に対応することで、自社の信用が低下することを防ぎ、被害を最小限に抑えられます。
ネガティブなサジェストが削除されるまで時間がかかると、被害が大きくなってしまいます。迅速に対応して被害の拡大を防ぎましょう。

自社の負担を減らせる

専門対策業者は、ネガティブなサジェスト対策に関する業務を代行するので、自社の負担を減らせます。
ヒアリングや定期的な打ち合わせは必要ですが、ほとんどの実務は専門対策業者が実行します。通常業務に支障をきたすことなく対策を実行できます。

再発防止が可能

なぜネガティブなサジェストが表示されているのか、原因を突き止めなければ問題が再発する可能性は高いといえます。
専門対策業者に依頼することで、再発防止が可能です。根本的な問題を解決するため、被害が繰り返されるのを防ぐことができます。
専門対策業者は第三者目線から自社が抱える課題を分析し、原因を解明して解決に導きます。同じ問題に悩まなくて済むのがメリットです。

ネガティブなサジェストの対策を行うなら「ブランドコントロール」へお任せください

image008

ネガティブなサジェストの対策を行うならブランドコントロールに対応をお任せください。ブランドコントロールでは「ブランドセキュリティ」というサービスを提供しており、ネガティブなサジェストから企業を守ります。
「ブランドセキュリティ」は、AIで検索エンジンを監視しています。従来の対応方法である人力の監視は、精度や時間の捻出に限界がありました。しかし、「ブランドセキュリティ」であれば、人力による監視の弱点を克服し、早急なサジェスト対策が可能です。
さらに、誹謗中傷や風評被害にも対応できます。ネガティブなサジェストに困っている方は、ブランドコントロールにご相談ください。

まとめ

image009

Google・Yahoo!のサジェストや虫眼鏡には、入力したキーワードと関連のあるものや、検索されている回数の多いものが表示されています。自社に対するネガティブなサジェストが表示されていたら、早急に対処しましょう。
ネガティブなサジェストが表示される原因そのものを対処しなければ、再度誹謗中傷を受けることがあります。根本的な解決を望むのであれば、専門対策業者に相談しましょう。
誹謗中傷を予防したい方はブランドコントロールにご相談ください。トラブルを解決に導くだけでなく、根本的な原因解明まで対応いたします。

ホーム GoogleとYahoo!の虫眼鏡やサジェストの違いは?ネガティブなサジェストが企業に与える影響や対策も解説

電話でのお問い合わせ

03-5572-7367

受付時間:11:00-18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム