GoogleやYahoo!の検索関連キーワードは削除できる?対処方法を徹底解説

image001

「関連キーワードとはどのような機能なのだろうか」「表示内容に気を配った方が良いのだろうか」「関連キーワードは削除できるのだろうか」といったことについて知りたくありませんか。
関連キーワードは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで採用されている検索補助機能です。商品や企業に関するキーワードが表示されると、自社サイトにアクセスを集めるきっかけになります。
しかし、商品や企業に対するネガティブな関連キーワードが表示されると自社にとって悪影響となってしまいます。最悪の場合、ネガティブな関連キーワードが表示されることで売り上げや信用の低下を招くので、適切な対処が必要です。
この記事では、GoogleやYahoo!の検索で表示されるネガティブな関連キーワードについて、削除依頼の方法や困った際の相談先を解説します。ネガティブな関連キーワード表示にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

Google検索で表示される関連キーワードとは

image002

Google検索では、検索結果ページの最下部に関連キーワードが表示されます。例えば「犬」と検索すると「犬に関連する検索キーワード」として10個の関連キーワードが表示されます。
Googleのヘルプで示す関連キーワードの選定基準は次の通りです。
・Googleを利用するユーザー全体の検索頻度
・Web上の情報を抽出した結果
・人気トピックに関する予測
人の手でコントロールしているのではなく、機械的な分析に基づいて関連キーワードを表示しています。また、Google検索には「サジェスト」というよく似た機能があります。しかし、関連キーワードと全くの別機能なので注意が必要です。

Yahoo!の関連キーワードとは

image003

Yahoo!検索では、検索結果ページにある検索窓のすぐ下と、ページ最下部の2カ所に関連キーワードが表示されます。関連キーワードのそばに虫眼鏡のアイコンが掲載されていることから「虫眼鏡キーワード」とも呼ばれています。
Yahoo!検索で関連キーワードが選定される基準は以下の通りです。
・Yahoo!を利用するユーザー全体によるキーワードの組み合わせ傾向
・関連性の高さ
・検索回数の多さ
なお、Googleで表示される関連キーワードとは内容がやや異なります。関連キーワードの表示を確認する際は、Yahoo!とGoogleの両方で調べましょう。

関連キーワードやサジェストを調べられる無料ツール

image004

関連キーワードやサジェストは、無料のツールで簡単に表示内容を確認できます。無料で使える代表的なツールは以下の通りです。
・Googleキーワードプランナー
・ラッコキーワード
・Keyword Tool
・Ubersuggest
ツールを使用するメリットは、手動の検索だけでは抽出できなかった潜在的なキーワードまで確認できることです。無料でも十分に機能性が高いので、関連キーワードの表示に異変がないかを確認するのに活用しましょう。

ネガティブな関連キーワードが表示された際の悪影響

image005

多くのユーザーがGoogleやYahoo!の関連キーワードを元に検索しています。しかし、ネガティブな関連キーワードによる検索は、企業に悪影響をもたらす可能性があります。
本章ではネガティブな関連キーワードが表示されると起こる悪影響を解説します。すでに自社で被害が表面化していないか、確認してみましょう。

1.売り上げが下がる

商品を購入する前に検索して評判を調査するユーザーは少なくありません。そのため、ネガティブな関連キーワードが表示されると、売り上げの低下に繋がります。
これから購入しようとしている商品名で検索したときに、「商品名 リコール」「商品名 クレーム」といったネガティブな関連キーワードが表示されたら、ユーザーの購入意欲は低下するでしょう。
検索回数の多い商品やサービスに関して表示されるネガティブな関連キーワードは、特に早めの対処が必要です。

2.採用が思うように進まなくなる

就職希望者の多くは検索で企業の評判を調べた上で、転職や就職活動を行っています。ですから、労働の条件や環境に関するネガティブな関連キーワードが表示された場合、採用に悪影響がでてしまうおそれがあります。。
「企業名 過労死」「企業名 パワハラ」といったネガティブな関連キーワードは、就職希望者が自社に疑問を抱く原因になります。労働の条件や環境の悪さを思わせる関連キーワードはそれが事実かどうかにかかわらず、就職希望者に悪い印象を与えるでしょう。
就職希望者が減少すれば人員不足に陥ってしまい、円滑な企業活動が難しくなります。

3.取引先に不信感を与える

ネガティブな関連キーワードが表示されると、取引先に不信感を与える可能性があります。取引先となる企業や銀行は、できる限り信頼できる企業と関係を結びたいと考えています。
「企業名 踏み倒し」「企業名 債務不履行」といった支払い能力の心配に繋がる関連キーワードは、取引先からの信頼を損なう原因になるでしょう。最悪の場合、取引が断られたり、条件の厳しい契約を提案されたりする恐れがあります。

Google検索で表示される関連キーワードを削除する方法

image006

Google検索で表示される関連キーワードは、削除を依頼できます。「Google からコンテンツを削除する」のページから、削除依頼を行いましょう。
まず、削除対象に関する項目を以下のように設定します。
・どのGoogleサービスに関する申し立てか:Google検索
・どのプロダクトに関するリクエストか:その他の検索機能
・お調べになりたいこと:オートコンプリートまたは関連検索キーワード
さらに自社の状況に合わせて、裁判所命令による削除依頼ならば「裁判所命令」を、命令がなければ「法的な問題」を選択しましょう。
関連キーワードやサジェストの削除基準はGoogleの「オートコンプリートポリシー」で示しています。どのような関連キーワードが削除できるのかを確認して、削除依頼を行いましょう。

Yahoo!の関連キーワードを削除する方法

image007

Yahoo!検索では、Googleと同じような専用の問い合わせページから削除依頼ができます。Yahoo!検索ヘルプ内の「関連検索ワードとは」にある「Yahoo!検索-関連検索ワードに関する情報提供フォーム」から削除依頼を送りましょう。
削除依頼に必要な記入項目は以下の通りです。
・メールアドレス
・関連キーワードが表示されるURL
・問い合わせの詳細
なお、問い合わせフォームを利用するためにはYahoo!IDの取得が必須です。Yahoo!IDを持っていなければ、登録してから依頼に進みましょう。

GoogleやYahoo!に関連キーワードの削除依頼を行う際の注意点

image008

関連キーワードの削除依頼は個人でも行えます。ですから、「削除依頼を行うにあたって気をつけるべきことはあるのか」といったことを知りたい方がいらっしゃるのではないでしょうか
ここでは、GoogleやYahoo!に対して削除依頼を行う際に知っておきたい注意点を解説します。削除依頼を行う前に本章で注意点を確認し、認識の違いがないようにしておきましょう。

1.確実に削除されるわけではない

GoogleやYahoo!に関連キーワードの削除依頼を送っても、削除依頼の理由が曖昧だったり、検索エンジン側に削除の必要性が低いと判断されたりする可能性があり、確実に削除が実行されるという保証はありません。
各検索エンジンのポリシーや利用規約に違反していることを明確に説明できなければ、削除が実行される確率は低いでしょう。確実に削除してもらうためには、法的な根拠を元に削除の必要性を主張する必要があります。

2.再発のリスクがある

削除依頼が承認されても、検索エンジンのユーザーによる検索行動や、Web上に公開されているコンテンツの内容を改善しなければ、根本的な解決にならず、再表示されてしまうというリスクがあります。
そのため、ネガティブな関連キーワードが表示された原因そのものを解決する必要があります。関連キーワードを根本から解決するため、削除依頼以外の手法も検討しましょう。

3.削除依頼が公開されてしまう

Googleでは、削除依頼がWeb上に公開される恐れがあります。そのため、「この企業は都合の悪い関連キーワードを揉み消そうとしている」といったような誤解を与える可能性があることを認識しておきましょう。
削除依頼の理由は詳細に記入し、誰の目から見ても削除の必要性を理解できるよう配慮する必要があります。

ネガティブな関連キーワードが表示された際の相談先

image009

削除依頼は確実に承認されるわけではありません。削除の必要性をしっかりと主張できるか不安な場合には、弁護士や専門対策業者への依頼を検討しましょう。
本章では、弁護士と専門対策業者が対応できる内容の違いを解説します。関連キーワードに関する専門的な対応を求めている方は、相談先を選ぶ際の参考にしてみてください。

1.弁護士

弁護士は、削除依頼の代行を行っています。関連キーワードをなぜ削除して欲しいのかという理由を説明する際、個人では法的な根拠を十分に示せない可能性があります。弁護士であれば、法律と照らし合わせた上で説得力のある主張が行えます。
また、検索エンジン側への削除依頼が承認されなかった場合、さらに強制力の強い手段として裁判所に仮処分を求められます。しかし、対応には時間や多額の費用がかかることを認識しておきましょう。

2.専門対策業者

専門対策業者は、ネガティブな関連キーワードの原因を調べた上で、関連キーワードの表示自体を防ぐことができます。
弁護士はネガティブな関連キーワードが発生してからでないと対応を始められません。未然に防止できるのは専門対策業者特有のメリットです
さらに、ポジティブな関連キーワードの表示を増やすための技術的な施策により、ネガティブな関連キーワードを相対的に非表示化することが可能です。
なるべく時間や費用をかけることなく、ネガティブな関連キーワードを解決したい方は、専門対策業者のご利用がおすすめです。

関連キーワードへの対応を専門対策業者へ依頼するメリット

image010

「関連キーワードの対応は弁護士と専門対策業者のどちらに依頼すれば良いのか」を迷っている方がいらっしゃるのではないでしょうか。ネガティブな関連キーワードを根本的に解決できることから、専門対策業者への依頼がおすすめです。
ここでは、専門対策業者へ依頼するメリットを解説します。相談先に迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

1.素早く行動できる

専門対策業者は、素早い行動でネガティブな関連キーワード問題を解決に導きます。関連キーワードによる問題の把握が出来次第、すぐに対応方法を立案・実施できます。
長くユーザーの目に触れるほど、誤解を生んだり噂が広まったりするので、ネガティブな関連キーワードによる悪影響を最小限に抑えるためには、迅速な対応が肝心です。
匿名掲示板やSNSで悪評が拡散される前に、専門対策業者への依頼で素早い解決を目指しましょう。

2.対応を任せられる

専門対策業者は、ネガティブな関連キーワードを解決するために必要な対応を全て代行できます。専門対策業者は、インターネットや風評被害に対応するためのノウハウを持っています。
日々の業務と関連キーワードへの対応を並行するのは大変なことです。しかし、専門対策業者へ対応を一任すれば、自社で人員や時間を調整する必要はありません。

3.原因を明らかにできる

ネガティブな関連キーワードが発生した原因を改善しない限り、再発するリスクはなくなりません。そのため、専門対策業者は、原因を明らかにした上で適切な対応を進めます。
また、専門対策業者はインターネット上の監視を行っているので、掲示板やSNSの異変を見逃しません。適切な対応をとり、関連キーワードへの表示を防ぎましょう。

Google検索の関連キーワードにお悩みの際は「ブランドコントロール」へお任せください

image011

Google検索でネガティブな関連キーワードが表示されてお悩みの際はブランドコントロールに対応をお任せください。ブランドコントロールは「ブランドセキュリティ」というサービスで関連キーワードの表示内容を改善に導きます。
「ブランドセキュリティ」の強みは、AIを用いてGoogleのアルゴリズムを監視している点です。従来の対応方法である人力の監視は、精度や時間の捻出に限界があります。
しかし、「ブランドセキュリティ」は、人力による監視の弱点を克服し、関連キーワードによる悪影響を根本的に解決いたします。
さらに、誹謗中傷や風評被害にも対応することができます。ネガティブな関連キーワードが表示されてお困りの方は、ブランドコントロールにご相談ください。

まとめ

image012

自社でGoogleやYahoo!で検索する際に表示されるネガティブな関連キーワードについて削除依頼を送ることはできます。しかし、削除依頼が必ず承認されるわけではないので、注意が必要です。
削除依頼以外の対策を行いたい場合、専門対策業者の利用がおすすめです。なぜなら専門対策業者では削除依頼が承認されなくても、あらゆる角度から問題解決を行うことができるからです。
どの専門対策業者へ依頼するべきかお悩みの方は弊社ブランドコントロールにご相談ください。ブランドコントロールは、ネガティブな関連キーワードのみならず、企業の信頼を回復させるための施策もご提案いたします。

ホーム GoogleやYahoo!の検索関連キーワードは削除できる?対処方法を徹底解説

電話でのお問い合わせ

03-5572-7367

受付時間:11:00-18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム