Googleの関連キーワードは削除できる場合も!具体的な対応方法を解説

image1

「Googleの関連キーワードに事実ではない言葉が表示される」「関連キーワードを削除したいが、やり方がわからない」という悩みを抱えてはいませんか。Googleにはサジェスト機能と合わせて、関連キーワードを表示するシステムがあります。関連キーワードでネガティブな言葉が表示されるのを見つけたことがある方も多いのではないでしょうか。
この記事では、関連キーワードから特定の言葉を削除する方法について解説いたします。Googleの関連キーワード表示はユーザーにとっては便利な反面、企業にとっては風評被害の原因になることがあります。早めに対応することで多くのトラブルを回避できます。Googleの関連キーワード対策でお困りであれば、参考にしてください。


Googleの関連キーワードとは?

image2

Googleには検索窓に表示されるサジェストキーワードと、検索したワードに関連する関連キーワードがあり、どちらも検索する際に役立つ機能です。
この章では関連キーワードについて簡単に説明します。

1.概要

Googleの関連キーワードとは、任意の言葉を検索した際に表示される「一緒に検索されていることが多い言葉の組み合わせ候補」を指します。具体的には、検索結果を表示する画面の最下部に並んでいる青字のキーワードを指します。
例えば「音楽」と検索すると、関連キーワードとして次のような言葉で検索するように提案されます。
・音楽 ランキング
・音楽 アプリ
・音楽 YouTube
多くのユーザーはこの関連キーワードを検索の参考にしています。企業名を検索した際、関連キーワードに掲載された言葉が企業にとってネガティブな言葉であれば、世間に悪印象を与えてしまうでしょう。

2.調べ方

関連キーワードを調べる方法は2つあります。1つ目の方法が、実際に検索をしてみることです。
例えば企業名で検索して出てくる関連キーワードが実際にユーザーの目に写っている情報です。ブラウザのシークレットモードやプライベートウィンドウの機能を使って検索すると、よりプレーンな検索結果を知れます。
2つ目の方法は、Webツールで自動取得する方法です。この方法では、表面化されていない潜在的なニーズのある関連キーワードを表示できるため、実際に表示される関連キーワードよりも多くの数を知ることが可能です。代表的なツールは以下の3つです。
・ウーバーサジェスト
・ラッコキーワード
・Googleキーワードプランナー
例えば「東京」と検索すると、Googleの検索結果では10個の関連キーワードが表示されますが、ラッコキーワードでは900個以上の関連キーワードを取得できます。無料で使えるサービスも多くあるので、詳しく調べたい場合はぜひ参考にしてください。

3.削除できる場合

Googleの関連キーワードは削除することも可能です。具体的には、次の2つの条件に当てはまる場合は削除できる可能性が高いです。
・Googleのオートコンプリートポリシーに違反している
・日本の法律に違反している
Googleのオートコンプリートポリシーで削除基準に掲げているのは、次の5つの項目です。
・暴力的または残虐な内容の検索候補
・露骨な性的表現、下品な表現、冒とく的な内容を含む検索候補
・特定の集団に対して差別的な内容の検索候補
・著名人に対する不適切かつ中傷的な検索候補
・危険な検索候補
もしこれらの項目に当てはまらなければ、日本の法律を根拠とした削除の可能性を考えましょう。具体的には名誉毀損やプライバシーなどの権利侵害が確認できれば、削除できる可能性が高まります。

ネガティブな関連キーワードが与える影響

image3

Googleの関連キーワードには、事実と異なる内容や検索ユーザーの不安をあおる言葉が表示されることがあります。例えば、ある商品名で検索すると関連キーワードに「炎上」「詐欺」などと表示されることもあります。
このように企業や商品にネガティブな印象を与える関連キーワードが表示された場合、企業や商品が受ける影響を紹介します。

1.ブランドイメージの低下

1つ目に考えられる被害は企業や商品のブランドイメージの低下です。ネガティブな関連キーワードが表示されると、それが事実と異なる内容だとしてもユーザーがマイナスのイメージを抱く可能性は高いでしょう。
例えば「企業名+違法」と表示されれば「この会社は何か悪いことをしている」と多くの方が思い込んでしまいます。
一度信頼を失ったブランドイメージを回復させるのは大変です。多くの検索ユーザーは表示された情報を信じてしまう場合が多いので、早急な対策が必要です。

2.売り上げの低下

2つ目は、売り上げの低下です。インターネット上の情報を元に、サービスの利用や商品購入を判断するユーザーは多くいます。気になっている商品や企業名などを検索した際、次のような関連キーワードが表示されたらユーザーは商品の購入を控える可能性があるでしょう。
・飲食店名 まずい
・商品名 不良品
・企業名 クレーム
例えば、商品名を検索した際に「商品名 不良品」という関連キーワードが表示された場合、商品購入を検討している人のみならず現在商品を愛用してくれている人まで離れてしまう可能性があります。

3.採用への悪影響

3つ目は採用への悪影響です。企業のイメージダウンにつながる関連キーワードを就職希望者が目にした場合、応募を辞退することが考えられます。企業名を検索した際、次のような関連キーワードが表示された場合は注意が必要です。
・ブラック
・サービス残業
・パワハラ
これらの関連キーワードが事実無根の内容だとしても、就職希望者は真実性を見抜けません。できることならネガティブな関連キーワードが表示されない会社に就職したいと思うのは当然でしょう。

4.与信への悪影響

4つ目に考えられる被害が与信への悪影響です。与信とは、企業や銀行が確実にお金を回収できるか判断するための信頼のことを指します。関連キーワードに信頼を損なうような言葉が表示されては、与信に傷がつくおそれがあるでしょう。例として次のような関連キーワードが信用に悪影響を及ぼします。
・倒産
・不渡り
・粉飾
これらが真実とは違う内容だとしても、銀行や取引先にとっては不安材料です。最悪、取引を断られる原因になりかねません。

Googleに関連キーワードを削除申請する方法

image4

企業名や商品名に対してネガティブな印象を与えるような関連キーワードが表示された場合、必ずしも申請が通るわけではありませんが、Googleに削除を申請できます。
以下に、Googleの関連キーワードの削除申請方法をご紹介します。

1.「法律に基づく削除に関する他の問題を報告する」を表示する

Googleのトップページの検索窓に任意の言葉を入力します。次にサジェスト欄(検索候補の一覧)の右下に表示される「不適切な検索候補の報告」にアクセスします。次に表示される画面の下にある「法律に基づく削除に関する他の問題を報告する」をクリックしましょう。

2.「お調べになりたいことを入力してください」を選ぶ

表示された次の3つの選択肢は、以下のように設定します。
・どの Google サービスに関連する申し立てですか?:Google
・どのプロダクトに関連するリクエストですか?:Google検索
・お調べになりたいことを入力してください:オートコンプリートまたは関連検索キーワード
「お調べになりたいことを入力してください」には、企業へのネガティブな関連キーワードを削除したい場合「法的な問題」を選びましょう。先に裁判所の処分などが決まっていれば「裁判所命令」を選びます。

3.「リクエストを作成」から必要事項を入力

「リクエストを作成」から、必要事項の入力に進みます。以下の3つの情報は具体的に詳しく記述しましょう。
・コンテンツを見つけるのに使用した検索キーワード
・検索キーワードの入力中に表示された、不適切とお考えの予測キーワード
・ご自身の国で適用される法律に従いその検索候補が違法となる理由
特に法的根拠に関する記述は説得力に直結します。

Googleの関連キーワードに関する注意点

image5

Googleに削除申請をするだけでは、問題の根本解決はできません。削除依頼が通らなかったり、関連キーワードに影響を与えた原因が残ったりするためです。削除申請後も、いくつか注意点があることを把握しておきましょう。
削除申請後の注意点が以下の3つです。また、削除申請をする以外に本質的な問題にも目を向ける必要があることを知っておきましょう。

1.削除申請が必ず受理されるわけではない

Googleは削除申請の全てを受理しているわけではありません。問題性が薄い、法的根拠が不十分などと判断されることがあります。
さらに裁判所の命令を持ってしても、Googleは削除申請に応じない場合があります。その場合、逆SEOなど削除申請以外の対応方法を視野に入れましょう。

2.再表示される可能性がある

関連キーワードの削除申請が通っても、再表示される可能性があります。関連キーワードはユーザーが実際に検索しているキーワードを参考に表示しています。
削除したキーワードで検索するユーザーが減らない限り、再発はコントロールできません。もし再表示された場合は、削除申請を繰り返す必要があります。

3.企業もブランドイメージのクリーン化が必要

事実と異なる関連キーワードが表示されたら、企業のブランドイメージを改め、世間からの印象を回復させる必要があるでしょう。
ネガティブな関連キーワードを見かけたユーザーが企業を誤解したり、それをきっかけにクチコミで悪いうわさが広まったりするおそれがあります。
一度失った信頼を取り戻すのは簡単ではありません。企業へのイメージが悪いままでは、言われなき誹謗中傷や不買運動を巻き起こす可能性もあります。ブランドイメージを保ちながら、イメージアップ戦略を図ることが重要です。

根本的な解決を目指すための対処法

image6

企業や商品にネガティブな印象を与える関連キーワードが表示された場合、Googleへの削除申請の他にできる対処方法として、弁護士や専門対策業者を利用する方法があります。それぞれの対処内容や料金の仕組みを比較しますので、検討材料にしてください。

1.弁護士に依頼する

弁護士に依頼をすると、法的根拠をそろえた上で削除申請を行えます。関連キーワードを削除したい場合、Googleを納得させる明確な理由がないと依頼は通りません。
ただし報酬以外に着手金、手数料などが必要です。中でも面談のたびに発生する相談料は、30分で1万円ほどかかる場合があります。弁護士への依頼は費用面に余裕がなければ難しいでしょう。

2.専門対策業者に相談する

専門対策業者の大きなメリットは、迅速な対応が可能な点と、料金設定がわかりやすい点です。
弁護士のような細かな料金項目がなく、プラン料金だけで依頼ができます。専門対策業者によっては成功報酬のシステムを採用していることがあるので、より安心して依頼できるでしょう。

関連キーワード対策なら専門対策業者への依頼がおすすめ

image7

専門対策業者と言っても、あまりなじみのあるものではないので必要性が分からない方も多いと思います。こちら章では専門対策業者をおすすめする3つの理由を紹介します。

1.素早い対処が可能

専門対策業者に依頼すると、専門的なノウハウを持ち合わせているため素早い対応が可能です。無料相談や問題のヒアリングを行い、対策の方向性が決まり次第、なるべく早い解決を目指してくれるでしょう。スピーディーな対応により、被害が大きくなる前に解決に導くことが可能です。

2.悪質な書き込みの再発を防げる

なぜ悪質な書き込みが行われてしまったのが、問題の本質を考えた上で対処方法を考えてくれます。ただ表面的に対処するわけではないため、再発防止にもつながります。

3.問題の原因を特定できる

専門対策業者では根本的な原因を突き止められます。トラブルが起きた原因によって対策方法を変えられるので、より確実な解決が期待できるでしょう。さらに原因そのものをなくすような施策の提案が可能です。

企業価値を守るなら「ブランドコントロール」におまかせください

image8

Googleの関連キーワードの削除申請をしただけでは、表面的な対処になってしまい、問題の根本的な解決とはなりません。関連キーワードに再びネガティブな言葉が表示されないよう、原因から解決するなら、ぜひ「ブランドコントロール」までご相談ください。
「ブランドコントロール」では被害の発生原因や規模を特定し、インターネット上のネガティブな情報への対策を講じます。さらに企業のブランドイメージに関するコンサルティングも提供しています。
Googleの関連キーワードに表示されるネガティブな関連キーワード対策だけでなく、インターネットによる風評被害や誹謗中傷対策についても多くのノウハウを持ち合わせています。ネット上のトラブルは「ブランドコントロール」にお任せください。

まとめ

image9

関連キーワードは便利な反面、事実と異なる印象をユーザーに与える原因になります。Googleへの削除申請が通れば関連キーワードの表示を取り消せますが、再発の可能性が考えられます。インターネット上のトラブルに詳しい専門対策業者の利用も検討し、早急な対策をとりましょう。
「ブランドコントロール」ではGoogleの関連キーワードに表示されるネガティブなキーワード対策だけでなく、SNSや掲示板による誹謗中傷への対策を行っています。
根拠のないうわさやネガティブな企業評価にお悩みの際は、「ブランドコントロール」にご相談ください。

ホーム Googleの関連キーワードは削除できる場合も!具体的な対応方法を解説

電話でのお問い合わせ

03-5572-7367

受付時間:11:00-18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム