掲示板に悪口を書く人の心理とは?対処を行う2つの方法を徹底解説

image001「なぜ掲示板へ悪口を書く人がいるのだろう」「どのような心理で悪口を書いているのだろう」といったことに関心をお持ちではありませんか。

ネット社会となった現代、掲示板での悪口や誹謗中傷は大きな問題となっています。なぜ匿名の書き込みで他人を傷つける人がいるのか、気になる方は多いでしょう。

そこで本記事では、掲示板へ悪口を書く人の心理や、悪質な書き込みへの対処法などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

掲示板に悪口を書く人の心理

image002

なぜ掲示板に悪口を書く投稿者がいるのか、どのような心理で悪口を書いているのか、関心のある方がいらっしゃるのではないでしょうか。

掲示板への悪質な書き込みは絶えません。企業や個人に向けた悪口や誹謗中傷などの書き込みは、近年大きな問題となっています。

本章では他人を傷つけて自分を正当化してしまうユーザーたちが、どのような心理で書き込みをしているのかをご紹介いたします。

1.妬み・嫉みがある

掲示板に悪口を書き込む投稿者の多くは、妬みや嫉みの感情を持っていると考えられます。

例えば、「他人が羨ましい」「悪い印象を植え付けたい」などの気持ちで悪口を書く投稿者がいます。このような投稿者は、自分の行動がうまくいかないことへのストレスや焦りによって、他人の悪口を書いて困らせようという心理を持っている可能性が高いでしょう。

具体的には「自分より収入が高い人が気に入らない」「家庭環境が良いことに納得がいかない」といった個人への妬みや嫉みが挙げられます。また就職先の社会的評価へコンプレックスがある場合、大手企業に誹謗中傷を行う傾向が見られます。

2.匿名なら何を言ってもいいと思っている

掲示板に悪口を書く投稿者は「匿名であれば書き込みの犯人はバレないだろうから、何を書いてもいいのではないか」と考える傾向があります。なぜなら、表面上は誰が書き込みを行ったのかわからない掲示板が多いからです。

つまり、簡単に自分の個人情報は特定されないだろうと考える投稿者が多く、誹謗中傷の書き込みを行いやすい条件が整っています。

3.コンプレックスがある

コンプレックスがあることによって自信が持てないため、間違いを認めたくないという心理で悪口を書く投稿者もいます。他人を攻撃することで自分の立場を守ろうと考えてしまいます。

現実の世界で抱える「人より劣っていて辛い」という気持ちを晴らすため、掲示板への書き込みを行う傾向があります。

4.意味不明な正義感

意味不明な正義感で悪口や誹謗中傷を行う投稿者がいます。なぜなら「相手のためになる意見を言ってあげている」「親切心で指摘してあげている」などの心理で書き込みを行っているからです。

自分の行いを正しいと思い込んでいることから、周りから指摘を受けても間違いを認められない投稿者も多いでしょう。間違いを指摘すること自体は、悪い行動ではありません。しかし、エスカレートして他人を攻撃してしまうと誹謗中傷となります。

5.承認欲求がある

自分の書き込みが他人に共感されることを喜ぶ人がいます。自らの承認欲求を満たしたいという心理です。掲示板は不特定多数の閲覧者がいるので、承認欲求を満たしやすい環境であると言えます。

また、他人が誹謗中傷している書き込みへ便乗し、仲間と認識してもらうことで自分の承認欲求を満たす場合もあります。心細いと感じる環境を避け、多数派へ所属したいという人に多く見られる特徴です。

6.ストレス解消

匿名の書き込みでは、誰かを傷つけてストレスの発散を行いたいという心理が見られます。
本人に直接言えないことなどを掲示板へ書き込んで、憂さ晴らしをしているのでしょう。ストレスを発散する目的の場合は、単純な悪口の書き込みが多く、誹謗中傷へと該当する可能性が高いと言えます。

現実の社会でうまくストレスを発散できない投稿者が多いかもしれません。

悪質な書き込みを見つけた際に反応してはいけない理由

image003

掲示板の悪口を見つけた場合、反応せず無視することが重要です。なぜなら、掲示板の悪口に反応を示すと、投稿者を刺激してしまい、事態が悪化するおそれがあるからです。

さらなる批判や誹謗中傷を招くので、悪口を見つけても反応しないようにしましょう。風評被害に繋がる恐れがある場合は、公式HPで声明文を発表する手段があります。しかし、ユーザーを刺激しないような文面を考える必要があります。

また、悪質な書き込みを見つけた時は、早急な法的処置を取ることで被害を最小限に抑えることもできます。

掲示板に書き込まれた悪口を放置するリスク

image004

掲示板やSNSなどに悪質な書き込みが行われた場合、全ての書き込みへ対応していたら、時間と労力がいくらあっても足りないからということを理由に、多少のことなら放っておこうと考える方も多いでしょう。。

しかし、悪質な書き込みを放置しておくことにはリスクがあります。本章では、書き込みを放置しておくことで起こるリスクを4つご紹介します。

1.ブランドイメージの低下

悪質な書き込みを放置しておくことで、ブランドイメージの低下を招く可能性があります。

サービス・商品への悪評や、事実と異なる書き込みが広まると、誹謗中傷の被害は拡大するでしょう。そのため、早めの対処が必要です。

また、事実と違う書き込みへの事実説明を行っても、信じてもらえない可能性があります。さらに誹謗中傷が増えることがあるので、慎重な対応が必要です。

2.売り上げの減少

商品や自社への悪質な書き込みが原因で売り上げが減少する場合があります。なぜなら、商品のレビューを見て、「悪評が多いから購入をやめよう」と考える人がいるからです。

最近では飲食店へのレビューの書き込みが増えています。主に書き込まれるのは、従業員の対応や店内の雰囲気などを評価する内容です。投稿者の主観だけでレビューをする場合、悪口にあたるような書き込みが行われることがあります。

悪質な書き込みは閲覧者からのイメージが悪くなり、売り上げに悪影響を及ぼすことになるでしょう。

3.採用への悪影響

掲示板への悪質な書き込みを放置していると、採用活動が難航してしまうというリスクがあります。企業分析の中で印象の悪い書き込みがあるのを見てしまうと、応募を躊躇してしまうきっかけになるからです。

志望度が高い会社の評判をインターネットで調べるのはごく一般的な行為です。「A社はサービス残業が非常に多い」「A社は不祥事を隠蔽している」などの書き込みが行われている場合は、特に注意したほうがよいでしょう。

採用活動が難しくなると、人手不足へと繋がってしまうため早めの対処が大切です。

4.従業員への悪影響

悪質な書き込みは従業員に悪影響を及ぼします。世間から誹謗中傷されている企業で働きたくないと考えるのは無理もありません。

従業員が自社に対する悪質な書き込みをみてしまうと、精神的ダメージを受ける場合があります。さらに悪質な書き込みが広まると「A社へ勤めている人とは関わらない方が良い」と世間から偏見を持たれてしまう恐れがあります。

そういったことは結果として、従業員の離職に繋がってしまうことがあるので、早急な対処が必要です。

掲示板へ書き込まれた悪口への対処法

image005

掲示板へ自社や商品に対する悪口が書き込まれた場合、しかるべき対応をとる必要があります。

対応策を検討する際、弁護士や専門対策業者に相談することがおすすめします。なぜなら、自社で書き込みの削除や投稿者の特定を行うのは、手間がかかる上に難易度が高いからです。

本章では、掲示板へ自社に対する悪口が書き込まれた場合の対処法を紹介していきます。

1.弁護士に削除依頼

弁護士に相談することで、掲示板への悪口対策が行えます。弁護士は法律の知識を持ち合わせているため、悪質な書き込みを削除したり、ユーザーを特定したりすることが可能です。

しかし、弁護士が行えることは起きてしまったトラブルへの対応です。そのため、悪質な書き込みを防止するなどの予防効果は期待できないでしょう。

2.専門対策業者に対策依頼

専門対策業者に依頼することで、風評被害や誹謗中傷などの根本的な対策を行えます。

専門対策業者は自社に対する悪質な書き込みが行われた原因を分析します。原因を特定して対処することで、問題の再発を防げます。

また、悪質な書き込み対策を一任できるので、自社の手間が減り、日々の業務へ集中できるようになります。

「悪質な書き込みを見つけたけれど、対応方法がわからない」という方は、専門対策業者へ相談してみましょう。

掲示板に書き込まれた悪口の対処を専門対策業者へ依頼するメリット

image006

掲示板への悪口や誹謗中傷などの書き込みは、早期対応で拡散を防ぐことが重要です。
悪質な書き込みでお悩みの場合は、専門対策業者へ相談することをおすすめします。なぜなら、迅速な対応を行うだけでなく、再発防止のための施策も実施できるからです。

本章では、専門対策業者を利用するメリットを紹介していきます。問題の根本的な解決を目指すのであれば、参考にしてください。

1.迅速な対応を行う

専門対策業者は迅速な対応を行います。

誹謗中傷の被害を抑えるには、できるだけ早い対応が必要です。専門対策業者は、ヒアリングが完了次第、対策の実行に取り掛かります。悪評が広がる前に対応可能なので、被害を最小限に抑えることができます。

迅速な対応を行いたいなら、専門対策業者への依頼を検討しましょう。

2.根本的な原因を見つけられる

専門対策業社は「なぜ悪質な書き込みが行われてしまったのか」という、根本的な原因を分析します。

悪質な書き込みを削除できても、原因が分からなければ再度悪質な書き込みを行われる可能性があります。専門対策業者は根本的な原因を分析して対処するので、問題の再発を防げます。

3.悪質な書き込みを早期発見できる

専門対策業者は、悪質な書き込みを早期に発見できます。

誹謗中傷にあたる書き込みは早めの対処が必要ですが、常に自社でインターネット上を監視するのは難しいでしょう。その点、専門対策業者は、AIによってインターネット上の監視を行うので、悪質な書き込みを早期に発見できます。

被害が拡大する前に対処ができるので、被害を最小限に抑ることができます。

掲示板の悪口への対処は「ブランドコントロール」へお任せください

image007

掲示板への悪質な書き込みでお困りなら、弊社ブランドコントロールが提案する「ブランドセキュリティ」をご利用ください。

「ブランドセキュリティ」は検索エンジンをAIで常に監視しているので、悪質な書き込みを早急に発見できます。人の手で掲示板を確認するのには限界があり、見逃してしまう可能性がありますが、AIを使用することで悪質な書き込みを効率的に発見できます。

またブランドコントロールでは全8カ国対応の国際基準に沿った手法をとっており、Googleの傾向や動向を予測しています。

その他にも、企業イメージや価値を向上させるサービスを展開しています。インターネット上のトラブルでお悩みの方は、ぜひブランドコントロールへご相談ください。

まとめ

掲示板に悪口を書く人の心理には、他人への嫉妬や自身のコンプレックスが潜んでいると考えられます。「匿名なので自分の個人情報がばれることはない」と安心感を抱いている場合が多く、攻撃的な書き込みを行う投稿者は少なくありません。

自社への悪質な書き込みを見つけたら、できるだけ迅速な対処をしましょう。なぜなら、放置することで採用活動へ悪影響を及ぼしたり、売り上げの減少に繋がったりするからです。

自社に対する悪質な書き込みでお悩みの方は、ぜひブランドコントロールにご相談ください。トラブルを解決へ導くだけでなく、根本的な原因解明まで対応いたします。

ホーム 掲示板に悪口を書く人の心理とは?対処を行う2つの方法を徹底解説

電話でのお問い合わせ

03-5572-7367

受付時間:11:00-18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム