【転職会議】悪質なコメントを削除したい!根本的な解決方法まで詳しく解説

image001

「転職会議に悪質なコメントがついてしまった」「転職会議から蔓延した風評被害を解決したい」という悩みをお持ちではありませんか。

転職会議では、口コミ対象企業に実際に勤めていた人によるリアルな評判が見られるので、求職者の転職活動に活用されています。したがって、悪質な口コミが投稿されてしまったときの採用活動への影響は想像以上に大きくなることがあります。

本記事では、転職会議における悪質な投稿を削除する方法を解説していきます。投稿削除で事態が沈静化しなかった場合の対応についても紹介しているので、誹謗中傷・風評被害でお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

本記事を参考に、悪質な投稿を削除する方法を知り、誹謗中傷・風評被害を対策してみてください。

転職会議とは

image002

転職会議とは、転職に関する口コミが集まる会員登録型のWebサイトです。口コミ登録企業数は16万社を超えています。(2020年11月現在)

現社員や元社員を情報源とし、社風や年収・選考について詳しい情報が得られます。口コミを1件投稿するか月額料金を支払うことで、すべての口コミを閲覧できる仕組みです。

求職者が入社するかどうか迷っているときの判断材料として使われることも多いです。そのため、「ブラック企業」「パワハラが起きている」「将来性がない」など悪質な口コミを書かれてしまうと、企業側の採用活動に大きな影響が出てしまいます。投稿主が匿名で書き込めるので、過激な発言につながりやすい傾向があります。

転職会議の悪質コメントにすぐに対処すべき理由

image003

転職会議に悪質なコメントが投稿されると、具体的にどんな悪影響があるのでしょうか。特に近年のインターネットの拡散力はすさまじいので、SNSや個人ブログ、検索エンジンのサジェストなどですぐに広がってしまいます。

本章では、実際に起こりうる風評被害の影響を踏まえて、悪質な投稿を削除しなければならない4つの理由を詳しく解説していきます。放置すると、被害が拡大するリスクもあるので、早めの対処をおすすめします。

1.ブラック企業のイメージがつくから

転職会議のネガティブなコメントが拡散されると、ブラック企業のイメージがつくでしょう。これにより、会社やブランドの信用に影響が出てしまいます。最悪の場合、金融機関からの融資が受けられなくなったり、他社との取引が打ち切られたりする可能性もあります。

今まで構築してきた信頼も、崩れてしまう可能性があるでしょう。ネガティブなコメントによる被害を受けないよう、早めの対処が重要です。

2.従業員が精神的なダメージを負ってしまうから

従業員が、ネットに流れるネガティブな情報について家族や知人に問われることで、精神的なダメージを受けてしまうと可能性があります。特に、現場で直接的な批判を受けてしまうと、モチベーションが低下してしまうでしょう。

会社に対する信頼を失ったとき、最悪の場合、離職という決断につながることがあります。退職者の増加による人手不足は、1人あたりの業務量も多くなるため、長時間労働の慢性化にもつながります。

3.内定者辞退・応募者減少につながるから

転職会議のコメントは、求職者の入社判断にも強く影響します。したがって、内定者辞退が増えるなど採用の観点からみても得策とは言えません。また、応募者数の減少にもつながるので、より良い人材を集めることが難しくなるでしょう。

4.拡散されて本業に悪影響が出るから

コメントの拡散を防ぐには、なるべく早く対処することが大切です。SNSなどを介して悪評が広まるときは一瞬なので、気がついたらすぐに対処しましょう。

特に、企業に直接問い合わせが来るようになったり、削除作業に時間がかかったりすると、本業に割けるリソースが減ってしまいます。会社の発展のために、非生産的な活動に時間を費やさないように早めに対処しましょう。

転職会議のコメントを削除する方法

相談を受けるスーツの男性

転職会議にネガティブなコメントを残しておくと、社内外問わず広く悪影響がでてしまいます。それでは、実際に悪質な投稿を見つけた場合、どのように対処すべきなのでしょうか。

本章では、転職会議においてネガティブなコメントが投稿されたときの削除方法をご紹介していきます。以下に挙げる3つの方法を検討してみましょう。

1.転職会議の運営会社(リブセンス)に請求

転職会議を運営している株式会社リブセンスに、直接削除請求をする方法があります。口コミの内容が転職会議の規約を違反している点や、法律に違反している点を指摘しましょう。転職会議の規約については、以下のURLを参考にしてみてください。

(参考:『転職会議の利用規約』/以下のリンクを挿入してください:https://info.jobtalk.jp/policies/terms)

証拠を提出するなら、郵便局から内容証明郵便で送付するのが良いでしょう。しかし、株式会社リブセンスは法的な手続きを重視する傾向があり、直接請求では削除されづらいと言われています。

削除された場合でも、悪質な投稿の一部分が「✕」印で表示される「部分削除」対応になることがあります。

部分削除の場合、リブセンスとしては削除済みの扱いとなるため、全文削除に変更するなどの追加対応は行われません。全文削除を目指す場合は、別の方法を利用しましょう。

2.裁判所を介して送信防止措置仮処分

株式会社リブセンスに対して、裁判所を介した削除申請手続きを行う方法があります。送信防止措置といい、問題のある投稿を今後送信しないための措置を講ずるように求める訴訟です。

仮処分というスピーディな対応が望めます。しかし、専門的な内容を多く含むため、必ず弁護士に依頼しましょう。

3.発信者情報開示請求により本人に削除させる

最後に、悪質な書き込みを行った投稿主を探し出して、自身に削除してもらう方法を紹介します。具体的には、以下の3つの訴訟が必要です。

・Webサイト運営会社に対して悪質な書き込みを行ったIPアドレスの開示請求
・インターネットプロバイダーに対してアクセスログの削除停止請求
・インターネットプロバイダーに対して特定したIPアドレスに紐づく個人情報の開示請求

なお、アクセスログの削除停止請求については、プロバイダーによっては通知のみで完結する場合があります。実際に加害者を特定するまで、半年以上の期間を見込んでおきましょう。

発信者を特定したものの、削除請求が受け入れられない場合は、民事裁判か刑事裁判のどちらかで責任を追及する方法もあります。

問題を根本的に解決するための相談先

image005

転職会議の悪質な投稿への対応は、弁護士に依頼して行う法的な手続きだけではありません。それでは、ネットの風評被害に対して、一般的にどのような対応が行われているのでしょうか。

基本的な方針は変わらず、専門家に頼ることがおすすめです。被害の影響は大きいかも知れませんが、落ち着いて計画的に対処しましょう。以下に2つの対策をご紹介していきます。

1.警察(サイバー犯罪相談窓口)に相談

ネット上の被害を重くみるとき、都道府県警に設置されているサイバー犯罪相談窓口に被害届を出すことも検討しましょう。危害を加える趣旨の脅迫まがいの投稿や性犯罪・薬物犯罪に関しては、迅速な対応が見込めます。

しかし、風評被害に関しては後回しにされてしまうこともあります。警察にすぐに動いてもらうためには以下の5点に注意しましょう。

・被害を受けた企業の所在地を管轄する警察署へ相談する
・会社の幹部が警察署に出向く
・会社案内などを持参し、事業の概要を説明する
・悪質な投稿を証拠として提示する(URL、スクリーンショット、印刷物など)
・投稿が虚偽の内容と示せる根拠資料を提示する

もし、まだ風評被害の発端となる投稿の発信者が特定できていない場合は、裁判所を介した発信者情報開示請求が必要です。

2.対策業者に相談

ITに強い風評被害の対策業者に依頼する方法があります。ネット上のトラブルへの対処法を心得ているだけでなく、今回の騒動が起きてしまった原因の追及や同様の事例が起こらないようにする予防策にも詳しいです。

したがって、インターネット上で起こりうるさまざまな問題に対して、今後のアクションプランを相談できます。

しかし、弁護士以外の法律に関する代行活動は、非弁行為として法律に違反する場合があります。もし、対策業者に依頼する場合は非弁行為に抵触しないかどうか、よく確認しましょう。

根本的な解決を目指すなら対策業者がおすすめ

image006

「情報が拡散してしまって、投稿の削除だけでは事態の沈静化が見込めない」「その都度、適切な対処ができるかわからないので専門家に任せたい」「今後も同じような風評被害で悩みたくない」とお悩みのときには、風評被害の対策業者に依頼しましょう。

以下に対策業者に依頼するメリットを3点紹介していきます。

1.迅速な対応を望める

弁護士に依頼する法的な手続きには、情報発信者の特定のため複数の訴訟を経ることになります。しかし、裁判所の判決を待つ間に情報が拡散することもあるでしょう。

対策業者を利用すれば、風評被害に素早く対処できます。たとえば、検索エンジンを定期的に監視しているので「企業名+ブラック」「企業名+パワハラ」などの悪質なサジェストキーワードを早期に発見し、問題にいち早く対応できるでしょう。

2.専門的な対応ができる

インターネットでの風評被害対策を自社で行えると考えている方は多いのではないでしょうか。しかし、口コミサイトからブログやSNS・検索結果へ波及するように、風評被害といってもさまざまなメディアで複合的に行われることが多いでしょう。

本業に集中するためにも、複雑化した現代の風評被害については、専門の対策業者にアウトソーシングするのが良策です。過去に似たような事例に対処したノウハウがあるので、その都度適切な対応が見込めます。

3.再発防止にも対応

対策業者は、起きてしまった風評被害について専門的な見地から原因の追及を行います。したがって、同様の事例が起こりにくくなるでしょう。

また、対策業者に依頼すると、風評被害や誹謗中傷の予防につながると言われます。なぜなら、企業イメージ戦略のコンサルティングや、従業員のネットリテラシー教育を通じて、企業体質の改善が期待できるからです。

転職会議における悪質なコメントでのお悩みはブランドコントロールにご相談ください

image007

風評被害には、計画的かつ素早い対応が必要です。ブランドコントロールが提供する「ブランドセキュリティ」では、迅速な対応が望めます。

「ブランドセキュリティ」はGoogleなどの検索エンジンをAIで監視するアメリカの最先端技術を採用しています。したがって、悪評の見逃しなどヒューマンエラーを未然に防ぎつつ、風評被害が起こらないような企業環境づくりを実現できます。

また、弊社ブランドコントロールは企業のブランドイメージ・価値を向上させるサービス「ブランドリフティング」も展開しています。風評被害の対処から顧客満足度の向上まで、一貫したマネジメントを提供します。風評被害でお困りの方はお気軽にご相談ください。

まとめ

image008

転職会議は求職者にとって非常に便利なサービスです。しかし、使い方を誤ると口コミの対象企業に向けた誹謗中傷・風評被害の原因となります。投稿主は現社員もしくは働いたことのある社員のどちらかであるため、社員教育の徹底により被害は縮小していくことが予想されます。

また、風評被害は単なる投稿削除や、投稿主への責任追及だけでは沈静化しません。拡散が拡散をよび、事態は収拾がつかなくなってしまうこともあります。弁護士や警察への相談だけではなく、対策業者を介した対処法も頭に入れておきましょう。

ブランドコントロールは風評被害発生の原因を突き止め、今後の対策につなげていくための一貫したマネジメントを提案します。最新AIを活用した「ブランドセキュリティ」を通じて、解決を目指しましょう。風評被害でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

ホーム 【転職会議】悪質なコメントを削除したい!根本的な解決方法まで詳しく解説

電話でのお問い合わせ

03-5572-7367

受付時間:11:00-18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム