デジタルタトゥーがもたらす弊害と消し方を解説!未然の防止策や削除依頼先を紹介

image1

「デジタルタトゥーの消し方を知りたい」「デジタルタトゥーについてどこへ相談したら良いかわからない」というような悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか。
デジタルタトゥーは、インターネット上に残っている悪評のことを指します。早急に対処しない場合、誹謗中傷の被害は拡大してしまいます。
本記事ではデジタルタトゥーの弊害や防止法から、消し方まで詳しく解説します。デジタルタトゥーの被害に遭われている方はぜひ参考にしてください。


デジタルタトゥーの概要

image2

デジタルタトゥーとは、インターネット上の悪評を消すことができない状態を表した言葉です。一度入れると完璧に消すことが難しいタトゥー(入れ墨)と似ていることから、このように表現されています。
インターネット上の悪評が拡散されると、内容がコピーされてしまいます。悪評に繋がる書き込みを削除しても、新しく悪評が書き込まれるという状態に陥ってしまいます。

デジタルタトゥーがもたらす弊害

image3

「デジタルタトゥーが自社にもたらす弊害にはどのようなものがあるのか」ということに関心を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
デジタルタトゥーが発生すると、自社への信頼がなくなり、採用活動に悪影響が出てしまいます。被害が拡大する前に削除する必要があります。本章では、デジタルタトゥーが自社にもたらす弊害を詳しく解説します。

1.自社への信頼がなくなる

デジタルタトゥーが発生すると、自社への信頼を失う恐れがあります。なぜなら、デジタルタトゥーの内容をみたユーザーが自社に不信感を抱いてしまうからです。
デジタルタトゥーが原因で、自社の商品やサービスの売り上げが落ちます。また、取引先との関係にも悪影響を及ぼしかねません。デジタルタトゥーが原因で取引が中止になる可能性は十分にあります。

2.入社を希望する人材が減る

デジタルタトゥーは採用に悪影響を及ぼします。就職希望者は悪評がついている会社で働きたいとは考えません。
自社のことを調べた時の検索結果にで「会社名+違法労働」「会社名+ブラック」などが表示されると、自社のイメージは悪くなります。最悪の場合、応募の取りやめや内定辞退に繋がりかねません。
事業計画に支障が出てしまうので、早急な対処が必要です。

3.従業員やその家族に被害が及ぶ

自社だけでなく、従業員や家族にまで悪影響が及びます。
デジタルタトゥーが原因で誹謗中傷を受けてしまうと、従業員がまるで悪者であるかのような扱いを受けることがあります。従業員が精神的にダメージを負ってしまう可能性があります。
また、誹謗中傷を受けている企業で働き続けるのを家族から反対されて、退職を考えるようになるかもしれません。デジタルタトゥーの対策は従業員を守るためにも早急にを講じるべきです。

デジタルタトゥーを未然に防ぐ方法

image4

「デジタルタトゥーの被害を未然に防ぐにはどのような点に注意が必要なのか」を知りたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。
デジタルタトゥーの被害は、いつどのような形で自社に降りかかってくるか分かりません。日頃からデジタルタトゥーの被害に遭わないよう、対策をとっておく必要があります。
ここでは、デジタルタトゥーの被害を未然に防ぐ方法を解説します。

1.不用意に個人情報を投稿しない

不用意に個人情報をインターネット上に投稿するのを控えましょう。
不特定多数が閲覧できるSNS等では、従業員の個人情報に関する投稿は慎重に行いましょう。プライバシーの侵害にあたったり、悪意を持って拡散されたりして炎上する可能性があるからです。
さらに、名前や住所が特定されてしまい、二次災害に繋がる可能性もあります。従業員に関するデータの管理は慎重に行いましょう。
また、SNSを使用する際は要注意です。機密情報だと気づかずに投稿してしまう可能性があります。従業員に対してリテラシー教育などを行い、情報管理の危機感を高めましょう。

2.写真等の位置情報サービスがオフになっているか確認する

位置情報サービスとは、現在どこにいるのかを自動で反映するサービスのことです。従業員にリテラシー教育を行うのであれば、写真等の位置情報サービスについても伝えましょう。
位置情報サービスをオフにしていないと、SNSに投稿した写真で現在地や撮影場所が分かってしまいます。非公開にしている場所や自宅などが晒されることになってしまい、炎上に繋がることがあります。
SNSを使用する際は位置情報サービスをオフにするよう指導しましょう。

3.炎上するような内容は投稿しない

炎上するような内容を投稿しないようにしましょう。
以下のような内容に該当する場合、炎上してしまう可能性があります。
・悪口
・機密情報
・個人情報
・嘘
・過度な表現
自社でSNSを運営している場合、書き込もうとしている内容が適切なものかどうか第三者に見てもらうと良いでしょう。

デジタルタトゥーの消し方

image5

デジタルタトゥーを消す方法を知りたいという方はいらっしゃいませんか。デジタルタトゥーは自社で削除依頼書を送ったり、専門家に依頼したりすることで対処が可能です。被害が広がらないよう、早めに対処を行いましょう。
ここでは、デジタルタトゥーの消し方を詳しく解説します。デジタルタトゥーを消したいと考えている方は参考にしてください。

1.自社で削除依頼書を送る

自社で削除依頼書を作成して送ることによってデジタルタトゥーを削除できる場合があります。削除依頼書は、別名「送信防止措置依頼書」と呼ばれており、プロバイダ責任制限法に基づいた削除申請が可能です。
実際の書き方の手順は以下の通りです。
・「特定電気通信役務提供者の名称」に削除依頼相手の氏名を記入
・「権利を侵害されたと主張する者」に自分の名前と住所を記入
・「掲載されている場所」に削除したい文言があるURLを記入
・「掲載されている情報」に削除したい内容を記入
・「侵害されたとする権利」に「プライバシーの権利」や「名誉権」と記入
・「権利が侵害されたとする理由(被害の状況など)」を記入
記入が完了したらプロバイダーに送ります。送付方法はプロバイダーによって異なるので確認しておきましょう。
しかし、削除依頼が必ず通るということはありません。申請が通らなかった場合は別の方法を取る必要があります。

2.弁護士に依頼する

弁護士に依頼することで、デジタルタトゥーの削除が可能です。
悪質な書き込みを行ったユーザーを特定して起訴するので、該当の書き込みを削除できます。法的な手続きを進めるので、削除できる可能性は高いといえます。
弁護士に依頼する際は、対処までに費用と時間がかかってしまうという点に注意しましょう。相談や依頼の回数が増えてしまうと、高額になってしまいます。

3.専門対策業者に依頼する

専門対策業者は、デジタルタトゥーに対して様々な角度から対応を行います。
デジタルタトゥーが記載されているサイトの表示順位を下げる逆SEO対策や、被害が発生した根本的な原因を分析します。また、AIでインターネット上を監視しているので、新しくデジタルタトゥーが発生した場合にも対処できます。
根本的に問題を解決したい場合は専門対策業者へご相談ください。

デジタルタトゥー対策を専門対策業者へ依頼するメリット

image6

デジタルタトゥー被害の相談先に悩んでいらっしゃいませんか。デジタルタトゥー被害を解決したいのであれば、専門対策業者を利用しましょう。
専門対策業者は、弁護士や自社で対応しきれない細かい部分までサポートすることができます。本章では、専門対策業者へ対応を依頼するメリットを解説します。相談先に迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.迅速に対応できる

専門対策業者は迅速な対応を行うので、デジタルタトゥーの放置による被害拡大を抑えることができます。ヒアリングが出来次第、対策を実行します。
弁護士に依頼すると、削除請求などの手続きに時間がかかります。また、自社で削除依頼書を送る場合もどれくらいの時間で受理されるかは分かりません。時間が経てば経つほど、デジタルタトゥーが拡散されてしまう可能性が高くなってしまいます。
デジタルタトゥーでお悩みがあれば、専門対策業者へ依頼し、悪影響を最小限に抑えましょう。

2.根本的な問題の対処ができる

専門対策業者は、デジタルタトゥーが発生した根本的な原因を解明できます。専門対策業者は被害を受けている企業が抱えている課題やデジタルタトゥーが発生した経緯を分析するからです。
デジタルタトゥーの原因をなくすことで、問題を根本的に解決できます。自社で削除依頼書を送ることによって、悪質な書き込みやデジタルタトゥーを削除できることはありますが、原因の解決には繋がりません。
専門対策業者に依頼することで、デジタルタトゥーによる被害を根本的に解決しましょう。

3.再発防止策を講じる

専門対策業者は、原因を解明するだけでなく再発防止策まで実施します。
デジタルタトゥーは、早期に対応することで被害の予防ができます。対策専門業者はAIでインターネット上を監視しているので、デジタルタトゥーの早期発見が可能です。
専門対策業者は再度被害に遭わないよう、様々な施策を提供することができます。

デジタルタトゥーを消したい場合は「ブランドコントロール」にご相談ください

image7

デジタルタトゥーの被害にお困りなら、ぜひ弊社「ブランドコントロール」へご相談ください。「ブランドコントロール」では、デジタルタトゥー対策に適したサービスを提供しています。
弊社のサービスである「ブランドセキュリティ」では、デジタルタトゥーの早期発見が可能です。AIを使ってインターネット上を常時監視しているので、被害が広がる前にデジタルタトゥーを対処することができます。
また、デジタルタトゥーによって傷ついた自社の信頼を取り戻す「ブランドセキュリティ」というサービスも提供しています。インターネット上のトラブルに悩んでいる方は、ぜひ「ブランドコントロール」へご相談ください。

まとめ

image8

デジタルタトゥーによる被害がある場合は、迅速に対処を行うことが大切です。なぜなら、ブランドイメージに悪影響が及んだり、従業員に被害が及んだりするからです。
しかし、自社でデジタルタトゥーを消すのは非常に困難です。時間と手間がかかってしまうので、専門対策業者に依頼することをおすすめします。
デジタルタトゥーの対策を行いたいのであれば、ぜひ「ブランドコントロール」にご相談ください。貴社のお悩みを解決し、ブランドイメージを守ることをお約束します。

ホーム デジタルタトゥーがもたらす弊害と消し方を解説!未然の防止策や削除依頼先を紹介

電話でのお問い合わせ

03-5572-7367

受付時間:11:00-18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム