逆seo対策を行うメリットとは?注意点や具体的な実施方法について紹介

image1

「逆SEO対策とはどんな内容なのか知りたい」「自社に対する悪評が書かれているサイトの順位を下げる方法はないのか」と思っていらっしゃいませんか。
インターネットで誰でも気軽に情報発信できるようになりました。その中には、企業に対する誹謗中傷に該当してしまう内容があります。ネット上の誹謗中傷を放置してしまうと、企業のブランドイメージや経営戦略に悪影響を及ぼす可能性があります。
企業に悪影響を及ぼすと思われるサイトには、逆SEO対策が効果的です。
ここでは、逆SEO対策の仕組みや方法について解説していきます。誹謗中傷や風評被害にお悩みの方は参考にしてください。


逆SEO対策とは?

image2

検索結果にネガティブな内容のコンテンツがあると、多くのユーザーが企業に悪いイメージを持ってしまう可能性があります。そうした場合に有効なのが、逆SEO対策です。
逆SEO対策とは、ネガティブな内容を発信しているサイトの検索順位を下げたいときにとる手法です。
ここでは、逆SEO対策の基本的な概念について解説していきます。言葉自体を初めて聞いた方やまだ理解が浅い方は参考にしてください。

1.SEO対策の概要

最初にSEO対策について解説します。SEO対策とは、自社サイトを検索上位に引き上げるための手法です。検索エンジン最適化という別称で呼ばれることがあります。
SEOには、以下のような要素が関わってきます。
・検索意図の把握
・被リンクの獲得
・ユーザーの滞在時間
自社サイトを上位表示するためには、SEOに関する要素を他の内容より高い基準で満たしていることが必要です。

2.逆SEO対策の概要

逆SEO対策とは、企業や個人に不利益を与えるようなネガティブな内容を発信しているサイトの検索順位を下げたいときにとる手法です。自社サイトの検索順位を引き上げることで、相対的に相手サイトの検索順位を下げます。
サイトの検索順位は、クリック率に大きく影響します。Googleの検索順位が1位の記事と2位の記事を比較すると、クリック率が2倍以上の開いているというデータがあります。
(参考:【2017年夏】グーグル検索結果のクリック率データ: 1位は21%、2位は……【SEO記事11本まとめ】 | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum
誹謗中傷などが書き込まれたサイトの検索順位を下げることで、ネガティブな印象を多くのユーザーに与える可能性は少なくなるでしょう。

逆SEO対策を行うメリット

image3

「逆SEO対策にどのような効果があるのか知りたい」と考えている方もいらっしゃるでしょう。
悪質なサイトの検索順位を下げるメリットは、ユーザーが悪質な内容に触れなくなることだけではありません。ここでは、企業が逆SEO対策を行うメリットについて解説していきます。企業の業績などにも大きく影響がある内容なので、ぜひ参考にしてみてください。

1.誹謗中傷や風評被害による機会損失の防止

逆SEO対策を行うことで、誹謗中傷や風評被害による機会損失を防ぐことができます。
自社に関するネガティブな内容が上位表示されている状態では、多くのユーザーがその情報を閲覧することになります。その中には取引先企業や見込み顧客の担当者なども含まれるため、結果的に既存取引先や新規顧客の損失につながってしまいます。
誹謗中傷などによる機会損失を防ぐためには、適切な対策で自社サイトを上位表示させる施策が有効です。

2.企業のブランドイメージ向上

逆SEO対策は、企業のブランドイメージ向上につながります。自社サイトを上位表示させることで、企業の経営理念やサービス内容をユーザーに伝えることができるからです。
あるマーケティング会社が18~69歳の男女2,000人を対象に、オンライン上の口コミ利用に関する実態調査を行いました。この調査によれば口コミの視認状況は、「よく見ている」と「たまに見ている」と回答した人の合計が75.9%でした。
(参考:オンライン上の口コミ利用に関する実態調査 | リサーチ・市場調査ならクロス・マーケティング
つまり、大半の人が消費行動の前に口コミを調べているといえます。ネガティブなコンテンツが上位表示されていることは、企業のイメージ悪化に直結します。

3.信頼獲得による売上アップ

逆SEO対策は、企業の売上アップにもつながります。検索結果にネガティブな内容が表示されなくなることで、既存取引先や新規顧客からの心証が改善するからです。
ユーザーが調べた検索結果に、その企業のネガティブな内容が表示されていたら、事実に反した内容であってもユーザーの心証が悪くなるでしょう。
安定した業績向上のためにも、逆SEO対策は有効です。

逆SEO対策を行うときの注意点

image4

誹謗中傷などのサイトが上位表示されていると、様々な面で被害を受ける可能性があります。悪質なコンテンツを確認した場合、早急な対処が必要です。しかし、間違った認識で取り組んでしまうと、十分な結果を得られない可能性が高まってしまいます。
ここでは、逆SEO対策で注意しなければならないポイントについて解説していきます。これから逆SEO対策に取り組もうと思っている方は参考にしてください。

1.SEOに関する専門的な知見が必要

逆SEO対策を行うためには、SEOに関する専門的な知見が必要です。なぜなら、自社サイトをより上位表示するために、様々なSEO施策を行うことが必須だからです。
SEOにはコンテンツの質はもちろん、被リンクの数やドメインパワーなど様々な要素が関わってきます。
効果的な逆SEO対策を行うためには、総合的な視点からSEO施策を提案できる知見が求められます。

2.成果が出るまで一定の期間がかかる

逆SEO対策は、実施して即日成果がでるようなものではありません。検索エンジンは、日々様々なデータを収集しながらコンテンツの検索順位を決定しているからです。
上位表示されるためには、読者満足度が高い内容だと評価される必要があります。滞在時間や離脱率など収集したデータをもとに改善を繰り返しながら、上位表示を目指します。

3.上位表示を維持しなければならない

上位表示できた後は、上位表示を維持し続けなければなりません。というのも検索順位をキープできなければ、再びネガティブな内容が上位表示されるようになってしまうからです。
検索エンジンのアルゴリズムは、アップデートと呼ばれる定期的な変更を繰り返しています。そのため、今は上位に表示されていても数日後は大幅に検索順位が下がってしまう可能性があります。
常に上位表示を獲得し続けるため、細やかな情報収集と適切な施策を行っていきましょう。

逆SEO対策を行う方法

image5

誹謗中傷を受けている企業が逆SEO対策を行えば、多くのメリットを得られます。実際に対策を行いたいときには、どのような方法で行えばよいのでしょうか。ここでは、逆SEO対策の具体的な方法について解説していきます。
これから逆SEO対策を行っていきたい方はぜひ参考にしてみてください。

1.SEOを意識したサイトを複数作成

相手サイトの検索順位を大きく下げたい時は、SEOを意識したサイトを複数作成します。既存の自社サイトに加えて、サテライトサイトやブログサービスなどで新たなサイトを複数立ち上げて対策を行います。
新たに作成した複数のサイトが検索上位を独占することで、相手サイトの検索順位を大幅に下げることが可能です。
表示順位が下がるほどクリック率は低下し、ユーザーの目に触れる可能性が少なくなります。

2.自社サイトのSEO強化

相手サイトの検索順位を下げたいときは、自社サイトのSEOを強化することが効果的です。自社サイトのSEOを強化して上位表示することによって、ネガティブな内容の検索順位を相対的に引き下げることができるからです。
そのためには、検索意図の把握や被リンク獲得など、様々な要素を考慮する専門的な知見が求められます。
また、定期的に繰り返される検索エンジンのアップデートに対応できるよう、柔軟な社内体制の構築も必要です。
もし、これら全てを自社で行うのが難しい場合は、次に紹介するような専門対策業者への依頼を検討してみましょう。

3.専門対策業者へ依頼する

専門対策業者へ依頼することで、効果的な逆SEO対策が可能となります。
逆SEO対策にはSEOに関する専門的な知見が必要です。それぞれの事例に応じた適切なSEO施策を実行しなければいけないため、貴重な時間と人的資源を投入しても満足する結果が得られない可能性があります。
専門対策業者には、逆SEO対策に関する豊富な対応実績があります。自社で行うよりもコストはかかりますが、その分望んだ結果を実現できる確率は高くなるでしょう。限られた時間と人的資源を無駄にしないためにも、専門業者への依頼を検討するのがよいでしょう。

逆SEO対策を専門対策業者に依頼するメリット

image6

自社で対応することと専門対策業者へ依頼することでは、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。逆SEO対策を外注するのはコストがかかるため、自社で実行したいと
考える方もいると思います。
ここでは、逆SEO対策を専門対策業者へ依頼するメリットについて解説していきます。専門対策業者へ依頼しようか迷っている方は参考にしてください。

1.即効性が高い対応を行ってもらえる

専門対策業者は、迅速に逆SEO対策を実施します。なぜなら、専門対策業者には過去の案件で蓄積した豊富な知見と経験があるからです。
自社で対策を行う場合は、時間と人的リソースを確保する必要があります。社内の体制構築に多くの時間がかかってしまうので、通常業務に支障が出るでしょう。
専門対策業者で対策を実行すれば、大幅に工数を削減できます。

2.一時的ではない解決法を立案・実施できる

専門対策業者は、長期的に有効な対策を立案・実施できます。
対策を実施して効果がでても、すぐ新たな誹謗中傷や風評被害が上位表示されては意味がありません。一度でも誹謗中傷を受けてしまうということは、どこかに問題がある可能性が高いといえます。専門対策業者は、根本的に問題を解決するとともに誹謗中を受けにくい仕組みづくりを提案できます。
一時的ではない対策の実現で、企業のブランドイメージなどを安定的に守ることができます。

逆SEO対策が可能な専門対策業者を選ぶ際の注意点

image7

専門対策業者に依頼する際、コスト面だけを重視して格安の業者を選ぶことはとても危険です。中には海外の信頼性が低いサイトやブログのコメント欄にリンクを貼るような安易な手法を用いる業者がいます。
こうした手法は効果が見込めないばかりか、逆にペナルティーを受けてしまう可能性があります。結果的に自社サイトの表示順位が下がるため、より多くのユーザーにネガティブな印象を与えてしまうことになりかねません。
専門対策業者に依頼する際には、具体的な手法を説明してくれる信頼できる企業に依頼するようにしましょう。

逆SEO対策を実施するなら「ブランドコントロール」にお任せください

image8

専門対策業者をお探しであれば、弊社「ブランドコントロール」が提供する「ブランドセキュリティ」をご検討ください。
「ブランドセキュリティ」では、AIによる自動監視を行い、常にGoogleから情報を収集します。自社に悪影響を与える悪質な口コミや誹謗中傷などを迅速に察知し、適切な逆SEO対策を行うことが可能です。
迅速かつ柔軟な対策をご希望の方は、ぜひ「ブランドコントロール」へご依頼ください。

まとめ

image9

逆SEO対策を行うことで、表示順位を下げ、ユーザーが悪質な情報に触れにくくなります。自社のブランドイメージや売上を守るためには非常に効果的です。
しかし、Googleのアルゴリズムが定期的に変更されてしまうので、自社サイトの上位表示を維持することは以前よりも難しくなっています。
「ブランドコントロール」にお任せいただければ、AIを活用した効果的な対策を行うことが可能です。効果的な逆SEO対策を実行したいのであれば、依頼をご検討ください。

ホーム 逆seo対策を行うメリットとは?注意点や具体的な実施方法について紹介

電話でのお問い合わせ

03-5572-7367

受付時間:11:00-18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム