掲示板のへの書き込みを削除する4つの方法を徹底解説!根本的な解決に導く手段とは

erasing the word Delete with a rubber on a backlit surface

「掲示板の書き込みを削除する方法を知りたい」「悪質な書き込みを無くすにはどうしたら良いのか」などの疑問や悩みを持つ方がいるのではないでしょうか?
悪質な掲示板への書き込みを放置していると、企業や商品に大きな悪影響を与える可能性があります。削除できる方法があるなら、ぜひとも知りたいところです。
掲示板の書き込みの削除は、不可能なことではありません。しかし、必ずしも消せるわけではありません。
この記事では、悪質な書き込みを削除するべき理由や、4つの掲示板の削除方法などをご紹介します。掲示板の書き込みにお悩みの方は、参考にしてみてください。


悪質な掲示板の書き込みは削除できる?

image2

悪質な掲示板の書き込みを見つけた場合、削除できるのか気になるところでしょう。
悪質なものの場合、掲示板の書き込みは削除できる可能性があります。掲示板で悪質な書き込みと定められているものであれば、メールで削除することが可能です。その他の場合は、削除するべき理由や正当性を主張することで、申請が受理されます。
ただし、掲示板の書き込みの削除は、証拠を集める必要があるため手間がかかります。

悪質な掲示板の書き込みを削除するべき理由

image3

「掲示板の書き込みぐらい放置しておいても影響はない」と思う方がいるのではないでしょうか。ネガティブな書き込みは気持ちのいいものではありませんが、わざわざ削除する必要があるのか疑問です。
しかし、悪質な掲示板の書き込みは放置しておくことで、大きな被害をもたらす可能性があります。ここでは、削除するべき4つの理由をご紹介します。

1.イメージの低下

悪質な掲示板を放置しておくことで、イメージが大きく低下する可能性があります。
特に、事実と全く異なる情報が出回った場合には、被害が大きくなるでしょう。掲示板の書き込みを読んだ人が、その情報を信じてしまい、悪いイメージを持ってしまいます。
また、事実と違うことに対して声明を出しても、信じてもらえない可能性もあるでしょう。反論することでさらに書き込みが増えることもあるので、慎重な対応が必要です。
掲示板に悪質な書き込みがされることで、SNSで拡散される可能性もあります。例えば、役員の不祥事や企業の失態などは大きく拡散される場合もあるでしょう。
SNSでは情報が瞬時に拡散されて、事実でないことでも炎上するのが怖い部分です。悪質な書き込みが拡散されて、ブランドイメージが低下し、他社との取引にも悪影響が出てしまいます。

2.売り上げの減少

サービスや商品、企業に対する悪質な書き込みのせいで、売り上げが低下する場合もあります。
特に、サービスや商品についての悪質な書き込みは、売り上げに直接の影響を与える可能性があるのです。
実際に製品の購入を考えているとき、レビューを検索していたらネガティブな書き込みを見つけたため、買うのをやめた経験を持っている方もいるでしょう。実際に使ってみてのレビューや評判なら仕方ない部分もありますが、使ってもないのに悪質な書き込みがされていることもあります。
また、サービスや商品だけでなく、レストランなどの飲食店でも同じことが言えます。特に最近は、店主の対応やお店の雰囲気などの評価をする発信も増えてきて、イメージだけでネガティブな表現をされることもあるのです。

3.採用への悪影響

3つ目は、採用への悪影響です。悪質な掲示板への書き込みを放置していると、新入社員が減少するというリスクもあります。
就職先を選ぶときに、気になる企業をネットやSNSで調べる求職者は多いです。出てきた検索結果や掲示板の評価が、悪いものばかりであれば別の会社を選んでしまいます。
悪質な書き込みが事実と異なることだとしても、読み手には伝わりません。
具体的に、ブラックや残業、不祥事などの言葉が含まれている場合は、採用に大きな悪影響がおよびます。
新入社員が減少すると、会社の存続にも影響するので、早めの対処が必要です。

4.与信への悪影響

4つ目は、与信への悪影響です。悪質な掲示板の書き込みを放置しておくことで、信頼がなくなり、取引に影響が出る可能性もあります。
与信に悪影響が出ることで、本当に支払いをしてくれるのか、きちんと取引を行ってくれるのかなど、信頼されにくくなるでしょう。
最悪の場合、取引先との付き合いがなくなったり、銀行から融資を受けられなくなったりします。与信に悪影響が出ることで、他社との取引に支障をきたす可能性があります。

悪質な掲示板の書き込みを対策する4つの方法

image4

悪質な掲示板の書き込みを見つけた場合、後のリスクを考えると、すぐに対策することが重要でしょう。
掲示板の書き込みは、放置しておくとネットで拡散される恐れがあります。特に、大きな企業や有名な製品のネガティブな情報となると、すぐに拡散されて被害が出るでしょう。
悪質な掲示板の書き込みを見つけた場合にどのように対策すればいいのか、4つの方法をご紹介します。

1.管理者に削除申請をする

掲示板の管理者に、削除申請をして悪質な書き込みを消してもらいましょう。
掲示板には、投稿を削除できる管理人が存在する場合があります。書き込みをしたユーザーが消せる場合もありますが、個人同士のやり取りはトラブルにつながるので、管理人に依頼しましょう。
削除申請をするためには、どの掲示板で悪質な書き込みがされているか突き止める必要があります。
削除して欲しい書き込みを見つけたら、問い合わせフォームや問い合わせ用のメールアドレスから直接削除依頼をしましょう。
申請するときは、削除してもらいたい書き込み、その理由、削除の正当性などを明確に伝えます。投稿をスクリーンショットなどで保存しておき、証拠を残しておくことも大切です。
削除可能な場合は、1週間ほどで対応してもらえる場合が多くあります。管理人に依頼しても削除できない場合には、別の方法で対策しましょう。

2.弁護士に依頼する

弁護士事務所に削除の依頼をすることで、悪質な書き込みに対して法的手段を取れます。
管理人に依頼をしても削除してもらえない場合には、裁判所の力で権利侵害にあたる書き込みを削除させたり、投稿者の特定をしたりするのです。
削除の流れとしては、まずは仮処分の申し立てをします。主張が認められたら、仮処分命令を下すために必要な担保金を支払いましょう。
命令が下されたらサイト管理者または投稿者に、すぐに削除するよう要請します。基本的に、仮処分命令が下されたらスムーズに削除してもらえることが多いです。
それでも削除しない場合には、強制執行で対応します。
また、悪質な書き込みに対して投稿者を特定したい場合にも、仮処分の申し立てをして、発信者情報開示の手続きを行いましょう。IPアドレスやプロバイダーの特定は個人でも行えますが、弁護士を通すことで確実に対応できます。

3.逆SEO

逆SEOを行えば、悪質な書き込みが見られる確率を減らせるので、被害は小さくなるでしょう。
逆SEOというのは、多くの人に知られたくない情報や書き込みがネットで表示されにくくする施策を指します。悪質な書き込みが行われている掲示板や記事が多く存在していて、検索結果に上位表示されている場合などに有効な手段です。また、悪質な掲示板や記事の把握ができず、全てを削除するのが難しい場合も逆SEOを使います。
逆SEOは個人で行えないわけではないですが、専門的な知識と時間を要する方法なので、対策業者に依頼しましょう。
逆SEOを行っても被害がなくなるわけではありません。書き込みそのものは削除できず、SNSなどで拡散される場合もあるので、万能な方法ではないことを理解しておきましょう。

4.対策業者に依頼する

風評被害や誹謗中傷などの対策を専門としている業者に依頼することで、根本的な対策を行えます。
対策業者に依頼しても、掲示板の削除はできません。法的に削除させるには、弁護士の力を借りる必要があります。
しかし、弁護士に依頼して削除してもらうと、合計で約50万円から100万円と高額な費用が発生します。削除できたとしても、また別の原因で悪質な書き込みが行われる可能性もあります。
情報の削除も大切ですが、見られないようにして、同じような被害を受けないように対策をするのが重要です。
対策業者に依頼すれば、有効な手段を見つけることができます。悪質な書き込みを見つけたけど、どうしたらよいかわからないという方は対策業者に相談しましょう。

対策業者に依頼するメリット

image5

掲示板の書き込みを削除する方法はいくつかあります。個人で削除できる可能性もありますが、難しい場合が多いのです。
弁護士に依頼すると削除の可能性は高まりますが、金銭的なダメージが大きいでしょう。いくつも削除したい投稿がある場合には、対応も遅れてしまいます。
対策業者に依頼すれば、根本的な対策をスムーズに行えるでしょう。ここでは、対策業者に依頼する3つのメリットをご紹介します。

1.対応が早い

対策業者に依頼すると早急な対応をしてもらえることが、大きなメリットです。
悪質な掲示板への書き込みや誹謗中傷などの対策は素早く対処することが重要です。対策業者は組織の力を使って早急に対応をしてくれます。
悪質な掲示板への書き込みや誹謗中傷などを放っておくと、イメージの低下や売り上げの減少などの被害を受ける可能性が高く、SNSなどで拡散されて大きな問題になります。
対策業者は迅速な対応をするので、被害を最小限に抑えられるというメリットがあるのです。

2.再発を防げる

悪質なネットの書き込みが起きている原因を解決して、同じことが起きないように防いでくれることもメリットです。
悪質なネット書き込みが行われるのは、自分たちが気付かない、何らかの理由があるかもしれません。事実と一切関係ない噂だとしても、デマ情報が広がる原因や意図的な発信などが存在する場合もあるでしょう。
原因は何であるにせよ、根本的な問題や新たに批判されているウィークポイントがあれば、解決することによって再発を防ぐことができます。企業の場合であれば問題の改善点の把握、個人であれば悪質な書き込みを行われない発信の仕方などの対策もできます。
ただ対策するだけでなく、対策後のことも考えてもらえるのはメリットでしょう。

3.問題が起きた原因を特定できる

対策業者に依頼することで、なぜ掲示板に悪質な投稿がされたのかを解明できます。内容によっては自社内で解決できることもあるため、問題が再度発生する可能性も低くなるでしょう。
トラブルの根本的な解決を目指すなら、対策業者への依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

悪質な書き込み対策はブランドコントロールがおすすめ

image6

悪質な掲示板の書き込みでお困りなら、ブランドコントロールがご提案するサービス「ブランドセキュリティ」をご利用ください。
「ブランドセキュリティ」はGoogleのアルゴリズムをAIで常に監視しています。人の手で動向を確認するのが主流ですが、どうしても人力では監視に限界があります。ヒューマンエラーが発生してしまう可能性もあります。
ブランドコントロールでは全8カ国対応の国際基準に沿った手法をとっており、Google検索エンジンの今後の傾向や動向を予測します。
その他にも、企業のイメージや価値を向上させるサービスも展開しています。インターネット上のトラブルでお悩みの方は、ぜひブランドコントロールにご相談ください。

まとめ

image7

悪質な掲示板の書き込みはできるだけ早く対処しましょう。放っておくと、イメージの低下や売り上げの減少、採用や与信への悪影響にもつながります。
掲示板の書き込みを削除するには、管理人に申請するか、弁護士や対策業者に依頼しましょう。根本的な解決を目指すなら対策業者がおすすめです。トラブルの原因が明確になるため、問題の再発を防止できます。
悪質な書き込みや風評被害などでお困りの方は、お気軽にブランドコントロールまでご相談ください。貴社の価値やイメージをお守りします。

ホーム 掲示板のへの書き込みを削除する4つの方法を徹底解説!根本的な解決に導く手段とは

電話でのお問い合わせ

03-5572-7367

受付時間:11:00-18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム