逆SEO対策にかかる費用の相場は?専門対策業者に依頼するメリットも紹介

image001

「逆SEO対策の費用が知りたい」「逆SEO対策を検討する際は誰に相談したら良いのだろうか」と疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。

逆SEO対策とは、中立的なサイトの検索順位を上げることで特定サイトの検索順位を下げることを指します。自社のブランドイメージ保護や優秀な人材獲得などに、有効な手法です。悪質な口コミなどによる被害が大きい場合は、専門家への逆SEO対策についての相談を検討する必要があるでしょう。

本記事では、逆SEO対策の費用相場や被害に遭った際の相談先について解説します。ぜひ参考にしてください。

逆SEO対策とは?

image002

「逆SEO対策とはどのようなものか十分に理解できていない」という方がいらっしゃるのではないでしょうか。検索結果にネガティブな内容が表示されていると、自社のイメージが低下します。その際に有効なのが「逆SEO対策」です。

ここでは、逆SEO対策の概要などについて解説していきます。この記事の内容を理解していく上で必要な知識ですから、ぜひ一読ください。

1.逆SEO対策の概要

逆SEO対策とは、あるサイトの検索順位を下げたいときに有効な手法です。自社サイトを上位表示することで、相対的に相手サイトの検索順位を下げます。

検索順位を下げることで、クリック率も大きく減少させることができます。Google上で検索順位1位の記事と2位の記事を比較すると、クリック率に2倍以上の開きがあったというデータがあります。
(参考:【2017年夏】グーグル検索結果のクリック率データ: 1位は21%、2位は……【SEO記事11本まとめ】 | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum

ユーザーから悪質なサイトを見えにくくするので、誹謗中傷などの影響を最小限に抑えられます。

2.逆SEO対策とSEO対策の違い

意味が混合されやすい「SEO対策」について解説します。言葉の響きは似ていますが、それぞれ目的が異なります。

逆SEO対策の目的は、自社サイトの検索順位を上げることによって特定サイトの検索順位を下げることです。一方、SEO対策の目的は、自社サイトを上位表示して多くのユーザーを集客することを指します。

Googleは、以下に挙げたようなテータを常時収集しながら検索順位を決定します。

・ページ滞在時間
・被リンクの数
・ドメインパワー

SEO対策では、様々な要素を分析し、適切な施策を行います。

逆SEO対策を行うメリット

image003

「逆SEO対策の効果について知りたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。逆SEO対策のメリットは、ユーザーに悪質な内容を閲覧されないようにするだけではありません。

本章では、自社が逆SEO対策を行うことで得られるメリットについて解説していきます。今後の経営に大きく関わる内容なので、ぜひご一読ください。

1.売上が伸びる

逆SEO対策により、悪質なサイトが下位表示されることで、自社のブランドイメージが向上し、売上が伸びることが期待されます。

検索結果の上位に悪質な内容があると、多くのユーザーに悪い印象を与えてしまいます。悪い印象を持ってしまったユーザーの中には取引先の担当者や見込み顧客なども含まれるため、売上の減少に繋がってしまいます。

ですから、逆SEO対策によって検索上位を中立サイトで独占できれば、売上の向上が期待できます。

2.優秀な人材の獲得

逆SEO対策は、優秀な人材の獲得に効果的です。

就職希望者は、いろいろな関連キーワードで応募企業について検索します。その企業に関するの検索結果にネガティブな内容があると、その企業に対して不安を抱くため、応募を控えることがあるでしょう。

逆SEO対策を行うことで、優秀な人材獲得に繋がります。

3.問題が再発しにくい

逆SEO対策によって、問題が再発する可能性が少なくなります。

例えば、単に悪質なサイトを削除するだけでは、また同じ問題に悩まされることがあります。今後も安定した経営を行うためには、問題が再発しにくい仕組みを構築することが必要です。

逆SEO対策で狙う効果は、一時的なものではありません。実施した後にも効果を維持させ続けることで、問題の再発を防止することができます。

逆SEO対策を行う方法

image004

「逆SEO対策を行うときはどのような方法で行えば良いのか」と関心を持った方が多いのではないでしょうか。逆SEO対策は、相対的に特定サイトの検索順位を下げる手法なので、SEO対策とは違ったアプローチが必要です。

本章では、逆SEO対策の方法について解説していきます。これから実際に逆SEO対策を行おうと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

1.コンテンツを複数作成する

逆SEO対策として、複数のサイトを作成する方法です。既に運営している自社サイトに加えて、新たなサイトやSNSアカウントを作成します。

自社関連サイトが上位を独占することで、特定サイトの検索順位を大幅に下げることが可能です。

2.自社サイトのSEO強化

自社サイトのSEO対策を強化する方法です。自社サイトが検索上位に表示されれば、悪質なサイトを検索上位から遠ざけることができます。

しかし、SEO強化には、被リンク施策や完成度の高い記事作成など専門的な知見が求められます。

自社でSEO対策を行うことが難しい場合は、専門対策業者依への依頼を検討しましょう。

3.専門対策業者へ依頼する

逆SEO対策を、専門対策業者に依頼する方法です。

専門対策業者は、逆SEO対策のほか、悪質な誹謗中傷などを受けにくい仕組み作りなどを実施できます。また、逆SEO対策が必要になった問題を根本から解決できるため、今後同じような問題に悩まされる可能性は低くなるでしょう。

しかし、なかには低料金を実現するために、安易な方法で逆SEO対策を行う業者が存在します。場合によっては、検索エンジンからペナルティーを受け、問題が深刻化してしまうこともあるでしょう。

コスト面だけで業者を選ぶのではなく、信頼できる専門対策業者へ依頼するようにしましょう。

逆SEO対策にかかる費用の決め方

image005

「逆SEO対策を行ったときの費用はいくらくらいかかるのか」を知りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。あまりに高い金額であれば、別の方法を検討する必要があるでしょう。

逆SEO対策の料金体系は、大きく「定額制」と「成果報酬制」の2通りに分かれます。ここでは、定額制と成果報酬制の費用相場について解説します。

1.定額制の場合

定額制とは、専門対策業者それぞれに定められた月額料金を支払うことで対策を行う料金体型のことです。料金の費用相場は、月額5万~30万円です。

長期的な視点から対策を実行するため、SEOによる上位表示を目指せます。しかし、自社サイトが上位表示されていない段階から費用が発生するため、成果報酬制と比較すると初期投資が高いという点がデメリットです。

また、自社サイトを強化して上位表示を目指す手法なので、最低契約期間が6ヶ月からという業者もあり、契約期間が長期になる傾向があります。

2.成果報酬制の場合

成果報酬制とは、逆SEO対策の効果があらわれたときのみ費用が発生する料金体系です。料金の費用相場は、月額10万~20万円です。

上位表示が確認できなければ料金がかからないため、初期費用による負担が小さいことが大きな特徴です。成果が出るか分からない施策に対して、社内の同意が得にくい企業でも、比較的依頼しやすい料金体系といえます。

しかし、定額制の業者と比べると、報酬が高額になりやすかったり、月額の固定費が把握しにくかったりするなどのデメリットがあります。

逆SEO対策を専門対策業者へ依頼するメリット

image006

逆SEO対策を行うなら、専門対策業者への依頼を検討しましょう。専門対策行者に依頼して適切な対策を実行することによって、より確実な対策効果が期待できます。

この章では、専門対策業者を利用するメリットについて紹介します。自社への誹謗中傷対策などでお悩みの方は、ぜひ本章の内容を参考にしてください。

迅速に対応できる

専門対策業者は問題の状況を確認した後、逆SEO対策を迅速に行います。

専門対策業者へ依頼すれば、検索結果や被害の現状についてヒアリングに応じるだけで対策が可能です。逆SEO対策を行うために自社の人員配置を調整したり、対策に必要な情報を収集したりする必要はありません。

対応を専門対策業者に一任することで、貴重な人的資源を本来の業務に集中させることができます。

根本的な原因を解明できる

専門対策業者は、豊富な対応実績で得た専門的な知見から、依頼企業が抱えている課題や問題発生の経緯などを分析するので、根本的な原因を解明することができます。

原因を解明せずに安易な手法で解決を急ぐと、被害を拡大させてしまうおそれがあります。根本的な原因を解明した上で対処することによって、被害を最小限に抑えることが可能です。

再発を防止できる

専門対策業者は適切な再発防止策を立案できます。

専門対策業者は、弁護士のように法的な権限で特定サイトの投稿を削除することはできませんが、今後同じような問題が再発しない仕組みをつくることができます。

問題の再発防止を図ることで、安定した経営を行えるでしょう。

逆SEO対策が可能な専門対策業者を選ぶ際の注意点

image007

専門対策業者に依頼する際、コスト面を基準に選ぶことはとても危険です。中には海外の信頼性の低いサイトやブログのコメント欄にリンクを貼るなど、安易な手法を用いる業者がいます。

上記の手法は効果が見込めないばかりか、検索エンジンからペナルティーを受ける可能性があります。ペナルティーを受けると自社サイトの表示順位が下がります。
専門対策業者に依頼する際には、対策手法を分かりやすく説明してくれる企業に依頼しましょう。

逆SEO対策にお困りなら「ブランドコントロール」へお任せください

image008

専門対策業者をお探しであれば、弊社「ブランドコントロール」がご提供する「ブランドセキュリティ」をご検討ください。

「ブランドセキュリティ」では、Googleなどの検索エンジンをAIで監視します。担当者が監視業務を行っている企業体制は、人的資源の確保やヒューマンエラー防止の観点から理想的とはいえません。

「ブランドセキュリティ」では、AIによる自動監視を行い、常にGoogleから情報を収集します。自社に悪影響を与える悪質な口コミや誹謗中傷などを迅速に察知し、適切な逆SEO対策を行うことが可能です。

また、自社のブランドイメージを向上させるためのサービスである「ブランドリフティング」を提供し、評判改善を行います。風評被害などインターネット上のトラブルでお悩みの場合は、ぜひ「ブランドコントロール」へお任せください。

まとめ

相談を受けるスーツの男性

自社への誹謗中傷が書き込まれたサイトが上位表示されている場合は、迅速な逆SEO対策が必要です。悪質なサイトの検索順位を相対的に下げることで、自社のブランドイメージを保護したり、人材獲得の機会損失を避けたりすることができます。

自社でも逆SEO対策は行えますが、専門的な知識や対策を行う人員調整が必要になります。もし自社で行うことが難しいようであれば、専門対策業者への依頼を検討しましょう。

逆SEO対策の依頼を検討している方は、「ブランドコントロール」にお任せください。貴社が抱えているお悩みの解決し、貴社のブランドイメージや価値をお守りします。

ホーム 逆SEO対策にかかる費用の相場は?専門対策業者に依頼するメリットも紹介

電話でのお問い合わせ

03-5572-7367

受付時間:11:00-18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム