ホーム 誹謗中傷・風評被害ニュース / コラム Yahoo!の検索サジェストを解説!対策方法を紹介

Yahoo!の検索サジェストを解説!対策方法を紹介

image1

「Yahoo!サジェスト機能の仕組みが知りたい」「表示される悪質なサジェストキーワードを削除したい」と考える方は多いでしょう。
Yahoo!サジェスト機能とは、Yahoo!で検索をする際に関連性のある言葉を表示してくれる機能のです。AIが自動的に抽出したワードなのですが、悪質なサジェストキーワードが表示されてしまう場合があります。
例えば、企業名を検索した際にサジェストキーワードに悪質なキーワードが表示されてしまうと、企業のブランドイメージの低下や風評被害につながる可能性があるので、早急な対策が必要です。
この記事では、Yahoo!サジェスト機能の概要や、悪質なサジェストキーワードへの対策方法を紹介します。


Yahoo!サジェスト機能とは?

image2

Yahoo!サジェスト機能とは何なのか、気になる方が多いのではないでしょうか。Yahoo!サジェスト機能で表示されるワードは入力補助とも呼ばれ、ユーザーが何かを検索する際により良い情報を検索できるよう補助してくれます。
Yahoo!サジェスト機能の概要や、Yahoo!虫眼鏡との違いは以下の通りです。

1.概要

Yahoo!サジェスト機能とはYahoo!で検索をする際、関連度の高い言葉や他のユーザーが頻繁に一緒に検索するワードを表示する機能のことです。正式には「キーワード入力補助機能」と呼ばれます。
何か調べたいことがあるときにYahoo!などの検索エンジンを使うことが多いと思います。その際、検索エンジン側がより良い情報を届けるために最適なワードを提案する機能がYahoo!サジェスト機能です。

2.Yahoo!虫眼鏡との違い

またYahoo!には、Yahoo!サジェスト機能の他にも「Yahoo!虫眼鏡」という機能があります。Yahoo!虫眼鏡は正式には「関連検索ワード」と呼ばれます。
どちらもYahoo!が検索に適した言葉を自動で提案してくれる機能ですが、表示される言葉は異なることがあります。
また表示される場所が異なり、Yahoo!サジェスト機能は検索窓に文字を入力する際、関連するワードが検索窓の下に表示されますが、Yahoo!虫眼鏡は検索結果が表示された画面の一番下に表示されます。

3.デバイスでの見え方やエリアでの違い

Yahoo!サジェスト機能に表示されるワードは見え方や表示方法がデバイスによって変わるということがありません。PCやスマートフォンでも同じように表示されます。
また検索するエリアが変わっても、同じサジェストキーワードが表示されます。

悪質なサジェストキーワードへの対策が必要な理由

image3

Yahoo!サジェスト機能では、悪質なサジェストキーワードが表示されてしまうことがあります。
時には事実無根の内容が表示されてしまい、風評被害にあってしまう可能性があります。こうした被害を抑えるためにも早急な対策が必要です。
悪質なサジェストキーワードへの早急な対策が必要な理由として、以下の4つが挙げられます。

1.企業のブランドイメージが下がる

Yahoo!サジェストに悪質なサジェストキーワードが表示されると、企業のブランドイメージが下がります。
サジェストに以下のようなワードが表示されてしまうと、取引先との取引が中止になったり、新規のアポイントを取り合ってもらえかったりするなどの可能性があります。
・違法行為
・改ざん
・反社会的組織とつながりがある
事実無根の内容であっても、このような悪質なサジェストキーワードはユーザーの意識に残ります。事実確認をせずに信じてしまう方も多いため、早急に削除申請をしましょう。

2.売り上げが下がる

次に売り上げが減少する可能性があります。例えば、以下のようなサジェストキーワードがあると消費者は商品の購入を躊躇ってしまいます。
・異物混入
・偽装
・詐欺
商品を検索した際、商品に対して不安になるワードが含まれている場合は危険です。

3.採用へ悪影響が出る

また、採用への悪影響も考えられます。求職者が面接を予定している企業に関してインターネットで調べるのは今や当然の行為です。
企業名を検索した際、以下のようなサジェストキーワードが表示された場合は早急な対応が必要です。
・ブラック企業
・パワハラ
・長時間労働
それがたとえありもしない事実だったとしても、このようなサジェストキーワードが表示された企業に求職者は入社したいとは思わないでしょう。また悪質なサジェストキーワードが表示される期間が長いほど、採用が困難になるだけでなく人手不足にもつながる可能性があるため早急に対処しましょう。

4.与信に悪影響を及ぼす

与信は企業が持っている信用です。銀行から融資を受けたり、取引先として信用されたりするための重要なポイントです。
事実と異なる内容だとしても、悪質なサジェストキーワードが表示されることにより、金融機関や取引先から信頼を失うリスクがあります。
企業名を検索した際、以下のようなワードが表示された場合は早急な対応が必要です。
・赤字
・横領
・詐欺
このようなサジェストキーワードが表示されることで「この企業には本当に支払い能力があるのか」と相手が不安に思うかもしれません。取引先との関係に悪影響を及ぼしたり、銀行からのお金の貸し渋りが発生したりするおそれがあり、企業活動に致命的な弊害を生むでしょう。

Yahoo!サジェスト対策を講じる方法

image4

Yahoo!サジェストに悪質なサジェストキーワードが表示された場合、企業のブランドイメージが低下する可能性が高いため、すぐに対策を講じる必要があります。
Yahoo!や弁護士に依頼することで、Yahoo!サジェストから悪質なサジェストキーワードを削除できます。ただ削除申請をするだけでは再発する可能性も考えられるため予防策が必要です。
以下で、Yahoo!サジェストに悪質なサジェストキーワードが表示された場合の対策方法を紹介するので参考にしてください。

1.Yahoo!に削除申請をする

1つ目の対策として挙げるのは、Yahoo!に削除申請をして悪質なサジェストキーワードを消去する方法です。
Yahoo!公式サイトのページの下部にある「Yahoo!検索 – 関連検索キーワードに関する情報提供フォーム」へ、以下の項目を入力します。
・検索結果のページのURL
・削除したいサジェストキーワード
・削除したい理由
申請が無事通ればサジェストキーワードは削除されます。申請の可否はYahoo!が判断するので、通らないことがあります。
申請が通った場合に、削除までかかる期間は最短で1日から1週間程度と言われています。しかし、削除申請の結果については連絡が来ないので、期間が過ぎても削除されなければ、別の方法を考える必要があります。

2.弁護士に依頼する

弁護士に依頼することで、Yahoo!サジェストから悪質なサジェストキーワードを削除できます。
弁護士は法的な根拠をそろえた上で削除申請できるのがメリットです。しかし実行費以外に着手金や相談料など、まとまった費用が必要なため、企業によっては難しい場合があります。また実行まで長い時間がかかる可能性もあります。

3.SEO対策をしてアクセス数を増やす

SEO対策を行い、自社のHPへのアクセスを増やし、正しい情報をユーザーに示すという方法があります。
SEO対策とは、Yahoo!などで検索した際に検索順位を上げることです。検索結果の1、2番目に表示させることで、ユーザーの目に留まる確率が非常に高まります。
自社のHPには正しい情報が記載されているので、検索された際に上位に表示されていればユーザーに正しい情報を届けられます。
ただ、SEO対策を行うには記事作成やコンテンツ追加などの専門的な知識が必要です。

4.逆SEO対策を実施してネガティブサイトの順位を下げる

逆SEO対策を取ることで、ネガティブサイトの順位を下げられます。逆SEO対策とは、ネガティブな記載があるサイトの検索順位を相対的に下げる目的で行うSEO対策です。
こちらもSEO対策と同様に、専門の知識が必要なので自社だけで行うのは難しい部分があるでしょう。

5.ポジティブなキーワードを増やしてブランドイメージを高める

Yahoo!サジェスト機能に表示されるサジェストキーワードにポジティブなキーワードを増やす方法も一つの手です。
ユーザーが検索する際に、サジェストキーワードにポジティブなキーワードが表示されれば、企業のブランドイメージを高められます。
ただ、SEO対策と同じように専門的な知識の習得やコンテンツの追加を行う必要があります。こちらも自社だけで対策をするのは難しいでしょう。

6.専門対策業者に依頼する

Yahoo!サジェスト対策として専門対策業者に依頼する方法があります。
弁護士は発生したトラブルへの対処が基本ですが、専門対策業者では被害の発生を未然に防げるというメリットがあります。逆SEO対策やポジティブなキーワードの追加などの専門的な知識を持ち合わせています。
また成功報酬型をとっている業者が多いので、弁護士に依頼するときのように、相談のたびに費用がかさむということは少ないでしょう。幅広い対応と資金を最小限に抑えたい企業には、専門対策業者の利用がおすすめです。

専門対策業者に依頼するメリット

image5

専門対策業者は弁護士と比較すると、業務の対応範囲が広く費用面で安心できます。また予防策を取ってくれるため、根本的な対策が可能です。
ただ、専門対策業者と言っても身近な企業ではないため、その必要性がわからない方もいるのではないでしょうか。ここでは専門対策業者の詳しい特徴をお伝えします。参考にしてください。

1.依頼するだけで迅速に問題の解決へ

専門対策業者に依頼すると、必要なことをヒアリングしてもらうだけで迅速に問題解決に導いてくれます。証拠集めや資料作成を自分で行う必要がなく、自社の仕事から手が離せなくても安心して任せられます。

2.根本的な問題を解決して再発を防げる

被害が起こってしまった原因の追及や課題の洗い出しなど、トラブルの根本的な解決に必要な作業を専門対策業者が対応してくれます。
インターネット上から問題となる悪質なサジェストキーワードを消すだけでは表面的な対応にしかなりません。しかし、専門対策業者を利用し、トラブルの本質を調査し、対応することで再発の防止が可能です。

3.誹謗中傷・風評被害の予防ができる

専門対策業者は、誹謗中傷や風評被害の発生そのものを防ぐことが可能です。掲示板やSNSのモニタリングを常に行い、原因への早期対応を可能にしているからです。

4.現状の課題も明確になる

専門対策業者に依頼することで、企業が抱える問題点から現状の課題を明確にします。
インターネット上の誹謗中傷対策に関して多くのノウハウを持ち合わせている専門業者の知見を借り、現状の課題の明確化、改善策を講じられます。

サジェスト対策なら「ブランドコントロール」にお任せください

image6

Yahoo!のサジェスト対策のみならず、インターネット上で誹謗中傷の被害にあった際は「ブランドコントロール」へご相談ください。「ブランドコントロール」では、レピュテーションマネジメントにより風評被害の根本原因を解決できる以下のサービスを提供しています。
・誹謗中傷や風評被害の特定
・原因や発生の背景を特定
・スピード感を持って対策を実行
・予防・再発防止・監視策を取り再度の誹謗中傷を無力化
個人・法人に関わらず、誹謗中傷の原因を特定し、悪質な書き込みへの対策を行い、予防や監視を強化し、再び被害にあわない環境を整えます。
また「ブランドコントロール」では、企業のブランドイメージ向上につながる取り組みも行っています。
インターネット上での誹謗中傷や風評被害にお困りの際は「ブランドコントロール」へぜひご相談ください。

まとめ

image7

Yahoo!サジェストの悪質なサジェストキーワードは、Yahoo!へ削除申請ができます。しかし、申請が通らなかったり、削除しても再表示されたりする可能性もあります。
Yahoo!サジェスト対策を行うのであれば、専門対策業者の利用がおすすめです。専門対策業者の依頼を検討するなら「ブランドコントロール」にお任せください。20年かけて培ってきた確かなノウハウで、インターネット上のトラブルを迅速に解決します。

電話でのお問い合わせ

03-5572-7367

受付時間:11:00-18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム