SNSの誹謗中傷・風評被害削除対策
SNS

Twitter、Facebook、mixiをはじめとするSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)で誹謗中傷を受けた際の炎上対策、あるいは風評被害を未然に防ぐ方法を紹介します。

SNSに誹謗中傷・風評被害が書き込まれた場合のリスク

twitter、Facebookを筆頭に、インターネット上で他者との交流を図ることができるソーシャルメディアサービスは近年勢力を増す一方です。このようなSNSにおいては現在、自身のプロフィールや写真・動画アルバム、日記のほかに、1~2行程度の文章をチャット感覚で投稿できる「つぶやき」機能が注目を集めています。

多くの方が素性を明かしたうえでSNSを利用していますが、思いついたことを数秒程度で書き込みできる気軽さから自らの社会的立場を加味せず、対象となる物事の批判、名誉毀損となる発信を行ってしまい、風評被害につながる騒動もしばしば起こるようになりました。

多くのSNSユーザーは、日常生活で何らかのサービスを利用したときに起こった印象的なやりとりや出来事を、つぶやき機能でほかのユーザーに発信します。これに対するレスポンスが大きければ大きいほど発信者はある種の快感を覚えるため、だんだんと「人の気を引く情報の発信」を意識するようになります。この結果として、よいことがあると更によく、悪いことが起こるとさらに悪く、出来事を誇張してSNSに書き込みをする人が増えました。結果としてこれが炎上の引き金となり一連の騒動を巻き起こしてしまうことが多いようです。

SNS上での誹謗中傷が大元となる騒動はある程度時間が経過すれば自然と沈静化しますし、弁護士や警察に相談すれば責任を明確にすることも可能です。しかし一度でもこうした炎上を起こしてしまうとその事実は半永久的にネット上で語り継がれていきます。サーチエンジンで検索をすれば、その出来事は上位に表示されてしまうでしょう。やはりこうした自体を免れるには、専門家に予防・対策を依頼するのが得策です。

電話でのお問い合わせ

03-3237-1322