検索結果の誹謗中傷・風評被害
Search result

主要検索エンジンにおける検索結果は企業・製品のブランド力、実売力などにさまざまな影響を及ぼします。そこにネガティブな情報を表示されると、甚大な被害が発生します。

検索結果に誹謗中傷・風評被害が及ぶ場合とは

検索サービス大手であるGoogleやYahoo!は、検索エンジンを利用する際に「検索しようとしているキーワードに関連する語句を提示するサービス」を行っています。

たとえば「食品偽装」というキーワードで検索を行う際、実在する食品メーカーの社名が「食品偽装 A社」とセットで表示されたら、ユーザーにはどのような印象を与えるでしょうか?
仮にそのメーカーが食品偽装などに関わっていなかったとしても、検索結果にそのような表示が行われてしまったという事実だけで、そのメーカーには大きな風評被害が発生するのではないでしょうか。

自社に被害が及んだ際にどう行動すべきか

もし御社に対して悪意を持つ第三者が、御社名を名指しにしてネット上で誹謗中傷を行ったり、あるいは風評被害を目論んで悪質な情報を大量に発信したりすると、御社の社名や商品名・サービス名が「悪い印象を与えるキーワードとセットで」検索エンジン上位に表示する可能性はゼロではありません。

もちろんこのような攻撃は名誉毀損や営業妨害に該当します。法的な手段による対抗が望ましいのですが、このような攻撃に対して発見が遅れたために「情報発信者が不特定多数を装っており特定できない」「すでに情報が拡散し過ぎていて手がつけられない」といった炎上事例も多数見受けられます。特に、悪意ある誹謗中傷や風評を見たユーザーがその情報を真に受けたり、あるいは自分が拡散者となってしまったりしている場合には事態の収集が非常に困難になります。

しかし「風評被害は避けられないから」と、手をこまねいて静観していても状況は改善しません。誹謗中傷・風評被害に対する最善策は「早期発見・早期対策」です。事態をこれ以上悪化させないための具体的な防衛策は、実は多彩にあるものなのです。
重ねて言います。『誹謗中傷・風評被害を放置していては、確実に事態は悪化します』。
一刻も早く専門家に相談を持ちかけ、「今からできる次善策」について協議するべきでしょう。

電話でのお問い合わせ

03-3237-1322