転職会議の誹謗中傷・風評被害削除対策
Tenshokukaigi

関係者の私怨や競合社の嫌がらせによって、いわれのない自社の誹謗中傷や根も葉もない噂話を立てられることは少なくありません。特に転職会議をはじめとするクチコミサイトは、このような被害の恰好の舞台となってしまうことがあります。ここではこのような風評被害を起こさないための対策をご紹介します。

転職会議とは

転職会議は、求人サイト「ジョブセンス」で有名な株式会社リブセンスが運営する就職・転職関連の情報サイトです。サイトでは人気企業ランキング、求人情報をはじめユーザー投稿による各企業の評判、求人情報、年収、入社対策、売上・業績といったクチコミ情報を閲覧することができます。掲載企業は40万社近く、会員数は50万人を超えています。このような大きなサイトに自社の誤った情報が掲載されれば、その影響は測り知れないでしょう。このような事態はなんとしてでも事前に食い止める必要があります。

転職会議の投稿削除依頼について

それでは万が一転職会議でこのような被害にあってしまった場合は、いかに対応すればいいのでしょうか。まず転職会議は運営の中立性・透明性を重視していますので、著しく利用規約を抵触していない限りユーザー投稿の削除は厳しいでしょう。利用規約違反とみなされるのは、

  • ・自分、他のユーザーまたは第三者に関する虚偽の情報を提供、公開する行為
  • ・他のユーザー、第三者に対する誹謗中傷、著作権、商標権の侵害、財産、名誉、プライバシー、肖像権等を毀損、侵害
  • ・公序良俗、法律、法令に反する行為や政治活動や宗教活動、それらに類似する行為、不当な差別

などです。ただし、上記の事柄に該当する記事であっても、虚偽の情報であることが証明できない限り削除されない可能性は大いにあります。
虚偽の情報であることを指し示すことができる証拠があれば、サイトの問い合わせフォームからその旨を報告しましょう。

トータルコンサルティングの重要性

上記のような問題点は、転職会議側に問題があるというよりも、多くのクチコミサイト・レビューサイトに共通する問題点です。転職会議に限らず「クチコミサイトやレビューサイトに誹謗中傷・風評被害などのネガティブな書き込みをされてしまった」という場合は、単なる削除依頼ではなく、事態の沈静化活動や抜本的なレピュテーションマネジメント対策が必要です。

当社にも、

  • ・運営元が削除依頼に対して応じてくれない
  • ・会社名、サービス名で検索すると検索結果に出てきてしまう
  • ・削除を依頼している会社があるが成果が出ない or 逆効果となってしまった
  • ・誹謗中傷を受けないための体制を構築したい
  • ・ただ消すだけではなく根本的に問題を解決したい

といった相談が多数寄せられていますが、残念ながらその多くは「削除依頼だけで問題を解決しようとしたために、かえって問題を深刻化させてしまった」という状態になってからです。
レピュテーションマネジメントは、早期発見・早期対策ほど被害を最小化できます。また、対策に必要な経費や時間・労力も最小限にとどめられます。こうした被害を発見した場合は、一刻も早くご相談をいただければと思います。

電話でのお問い合わせ

03-3237-1322