Yahoo!知恵袋の誹謗中傷・風評被害削除対策
Reviews and Site

Yahoo!知恵袋(ヤフー知恵袋)に投稿された質問や回答に、個人・企業にとって不利益となる事実無根の記載や明らかに悪意のある表現があった場合の削除依頼方法をご紹介します。

Yahoo!知恵袋とは

Yahoo!知恵袋は、ユーザー同士が疑問・質問・相談を投げかけたり、それに対する知識や知恵を投稿することができるウェブ掲示板サービスです。幅広い疑問に対してレスポンスをもらうことができる一方、情報源が定かでない回答がつくことや、わざと誤った情報を提供されること、特定の人物を誹謗中傷するようなコメントがつくことも少なくありません。

Yahoo!知恵袋の投稿削除依頼について

Yahoo!知恵袋では、ガイドラインにおいて以下の事項が禁止されています。

  • ・いやがらせ、悪口、脅しなど、他人の権利を侵害し、傷つける内容
  • ・わいせつ、不愉快に感じる内容であるもの、社会規範および公序良俗に反する内容の投稿
  • ・商品の売買や金銭授受を目的とした商業・広告目的の利用
  • ・自他問わず、個人を特定できる情報の公開
  • ・第三者の知的財産権を侵害するもの
  • ・他人のなりすまし、誤認を与えるもの
  • ・ほか、Yahoo! JAPANが不適切と判断するもの

削除したい対象のページがいずれかの条件に当てはまっていれば、依頼は受理されるでしょう。
この場合の手順は、
・投稿された文面の右下「違反報告」をクリック→該当の項目を選択→「注意事項に同意のうえ違反連絡をする」となります。携帯電話・パソコンいずれも上記の方法で対応可能です。

ただし、違反報告が必ずしも削除につながるとは限りません。カテゴリによっては、削除までに時間がかかるケースもあるようです。また、対象の投稿が個人・企業に対する風評被害に繋がったとしても、それがYahoo!知恵袋のガイドラインに反していなければ削除されない場合もあります。

さらに、違反報告には原則として削除するか否かの返答がありません。運営に支障が出る可能性のある企業にとっては、なかなか気の休まらない対応に感じられるでしょう。

トータルコンサルティングの重要性

上記のような問題点は、Yahoo!知恵袋側に問題があるというよりも、多くのコミュニティサービス・掲示板サービスに共通する問題点です。Yahoo!知恵袋に限らず「コミュニティや掲示板サービスに誹謗中傷・風評被害などのネガティブな書き込みをされてしまった」という場合は、単なる削除依頼ではなく、事態の沈静化活動や抜本的なレピュテーションマネジメント対策が必要です。

当社にも、

  • ・運営元が削除依頼に対して応じてくれない
  • ・次から次へと新しい誹謗中傷コメントが投稿されてしまう
  • ・削除を依頼している会社があるが成果が出ない or 逆効果となってしまった
  • ・誹謗中傷を受けないための体制を構築したい
  • ・ただ消すだけではなく根本的に問題を解決したい

といった相談が多数寄せられていますが、残念ながらその多くは「削除依頼だけで問題を解決しようとしたために、かえって問題を深刻化させてしまった」という状態になってからです。
レピュテーションマネジメントは、早期発見・早期対策ほど被害を最小化できます。また、対策に必要な経費や時間・労力も最小限にとどめられます。こうした被害を発見した場合は、一刻も早くご相談をいただければと思います。

電話でのお問い合わせ

03-3237-1322