レビュー、口コミ、情報サイトの誹謗中傷・風評被害削除対策
Reviews and Site

レビューサイトや口コミサイトにおいて、自社に対して誹謗中傷とも受け取れる事実無根の情報が掲載された場合の対応方法、あるいは風評被害を起こさないために重要な炎上対策をご紹介します。

レビュー・口コミ・情報サイトに誹謗中傷・風評被害が書き込まれた場合のリスク

車、家電、企業、ゲームなど、近年はあらゆる物事に関するレビューサイトや口コミサイトが業界に参入してきました。多くのネットユーザーが、対象物を購入する際の参考として利用しているのではないでしょうか。今やこうした情報サイトが市場を手玉に取っているといっても過言ではありません。
品質やサービスに誇りを持っている企業にとってこのようなサービスは、大変強みとなるでしょう。しかし、やむを得ずマイナスの評価がついてしまうことも珍しくありません。業を営む以上、なんらかの機会で誹謗中傷の的になってしまうことは免れられないことです。

しかし、軽い批判ならいざ知らず、いわれもない誹謗中傷や明らかな名誉毀損で企業イメージを左右されるような風評被害を受けるとなると話が変わってきます。この場合、企業としては沈静化をただ待つのではなくなんらかの対策を打つ必要があるでしょう。

全ての国民は「言論の自由」すなわち意のままに考えを発することができる権利を有しています。レビューサイト、口コミサイトに書かれた誹謗中傷がたとえ気まぐれによるものでも、明確な悪意を持って書かれたものでも、それが事実と異なっているという証明ができなければ、その書き込みを削除することはできません。また企業を運営する以上、そういった書き込みを根絶やしにすることはほぼ不可能と言っていいでしょう。弁護士や警察に相談するのもひとつの手段ですが、事件性がなければ早急に動いてもらえるかどうか保証はありません。風評被害を免れられないような壮絶な炎上である場合を除いて、イチ情報サイトのほんの数行の書き込みでは、必然的に優先度も低くなるでしょう。

やはり一番なのは、こうした炎上が発生する前に専門の業者に依頼してあらかじめ騒動を予防することなのではないでしょうか。

電話でのお問い合わせ

03-3237-1322