アメーバブログ(アメブロ)の誹謗中傷・風評被害削除対策
Ameba Blog

規模の大きさもさることながら、芸能人など影響力の大きい発言者が多いアメブロ。いったん炎上するとその被害は甚大なものになってしまいます。それだけに、対応には慎重さが求められます

アメブロとは?

通称「アメブロ」こと「アメーバブログ(Ameba BLOG)は、日本最大級のレンタルブログサービスです。芸能人や有名人のブログを多数運営していることで人気を呼び、正確な会員数は公表されていませんが、2009年時点で115万人/月が利用しているといわれています。

アメブロの誹謗中傷記事削除依頼について

アメブロでは、誹謗中傷や著作権などの権利を侵害された当事者に対し、「権利者向け窓口」を設けています。

Amebaヘルプ

この窓口では、自分のアメブロID(アメーバID)、メールアドレス、権利が侵害されているページのURL、侵害内容、侵害されている権利、希望の対応などを入力フォームに入力・送信することで、アメブロがどのような対応をとってくれるのかの回答を得ることができます。

また、特に犯罪性・違法性が高いものについては警察署に届け出のうえ、「プロバイダ責任制限法(特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律)」に基づき削除依頼を提出することが可能となっています。

ただし、アメブロ側が仮に記事の削除要求に応じてくれたとしても、すでにSNSなどを経由してネガティブな情報が拡散してしまっていた場合、アメブロ側にその責任を追求することはできません。また、削除対象となるブログ管理人が削除依頼に応じない場合や、ブログ管理人とアメブロとの連絡がとれない場合、その記事はさらに長期にわたってアメブロに掲載し続けられることになります。

またブログ管理人によっては、削除依頼を受けたことによってさらなる誹謗中傷を行う危険性もあり、「削除依頼をしたためにかえってネガティブな情報で炎上してしまった」などという被害報告もあります。また、ブログ管理人がネガティブな風評を信じ込んでしまっている場合、御社に対して悪意がなくとも、削除依頼を受け付けないという可能性も考えられます。

トータルコンサルティングの重要性

上記のような問題点は、アメブロ側に問題があるというよりも、多くのブログサービス・掲示板サービスに共通する問題点です。アメブロに限らず「ブログや掲示板サービスに誹謗中傷・風評被害などのネガティブな書き込みをされてしまった」という場合は、単なる削除依頼ではなく、事態の沈静化活動や抜本的なレピュテーションマネジメント対策が必要です。

当社にも、

  • ・運営元、ブログ管理者が削除依頼に対して応じてくれない、連絡が取れない
  • ・会社名、サービス名で検索すると検索結果に出てきてしまう
  • ・削除を依頼している会社があるが成果が出ない or 逆効果となってしまった
  • ・誹謗中傷を受けないための体制を構築したい
  • ・ただ消すだけではなく根本的に問題を解決したい

といった相談が多数寄せられていますが、残念ながらその多くは「削除依頼だけで問題を解決しようとしたために、かえって問題を深刻化させてしまった」という状態になってからです。
レピュテーションマネジメントは、早期発見・早期対策ほど被害を最小化できます。また、対策に必要な経費や時間・労力も最小限にとどめられます。こうした被害を発見した場合は、一刻も早くご相談をいただければと思います。

電話でのお問い合わせ

03-3237-1322