ブランドコントロール
Brand control

私たちはアメリカで培われた理論やノウハウをベースとする独自技術で、レピュテーションリスクから企業・製品・サービスを守るための総合的な経営コンサルティングサービスを提供しています。

市場調査

当社独自のシステムによってインターネット上をクロール(広域精細調査)し、御社(あるいは指定のキーワード)に関連する誹謗中傷や風評被害が発生していないか、発生しているとしたら発生源や拡散状況、現在の被害規模・今後の被害規模予測などを行ない報告します。

課題抽出

「なぜこのような被害が発生したのか」という直接原因、「このような誹謗中傷や風評被害が発生した背景は何か」という間接要因などを解析・特定します。
また「自社の評判/ブランド力を高めるためのポイントは何か?」という「攻めのレピュテーションマネジメント」のための助言やコンサルティングもお任せください。

戦略立案

効果的なレピュテーションマネジメントには、適切なコーポレートガバナンスと企業全体のコミュニケーション能力の向上が必要です。私たちは従来の対症療法的な風評被害対策だけを提供しているわけではありません。企業全体の中長期的なレピュテーション戦略の策定にぜひ私たちをお役立てください。

実行

風評被害を放置すると企業の信用やブランド価値は短期間のうちに低下しますから、適格でスピーディな実行力が要求されます。また全社的にレピュテーションマネジメントを取り入れる場合には部門ごとの達成目標の設定、管理部門の決定など段階的な施策が必要です。これは豊富な経験と実績を持つ私たちがもっとも本領を発揮できる場でもあります。

予防・再発防止・監視

場当たり的な対策で一時的に風評被害を沈静化したとしても、CSR施策や企業コミュニケーション施策を改善しなくては同様の被害がまた発生します。しかし、もし悪意ある敵が意図的に誹謗中傷を仕掛けてきても、それを無力化するための予防・再発防止・監視策があれば安心です。
私たちがご提案するレピュテーションマネジメント戦略にはそのような風評リスクへの備えも組み込まれています。

電話でのお問い合わせ

03-3237-1322