ぼったくり居酒屋「風物語新宿店」Twitter上での客の告発により閉店へ

客から異常なほど高額な料金を受け取っている「ぼったくり居酒屋」として、先日来ネット上で批判されていた新宿の居酒屋「風物語新宿店」を経営する居酒屋チェーン、株式会社海野屋(東京都新宿区、太田欣也社長)が公式ページに謝罪文を掲出した。 ― YAHOO!JAPANニュース   2014年12月30日 ―


株式会社海野屋が経営している新宿の居酒屋「風物語新宿店」を利用した客が、ぼったくりだとしてレシートの写真をTwitterにあげたことにより、炎上がおこりました。そのレシートの内訳には、飲食以外での高額なチャージ料などが印字されており、会計の時点で発覚したことから事前にきちんとした説明がなかったことも明らかとなっています。


この投稿をきっかけにSNSでは炎上がおこり、株式会社海野屋はお詫び文を掲載しました。

また、系列店なども口コミでぼったくりであることが報告されており、会社のホームページからはそれらの系列店が削除されることとなりました。


今回の騒動は店員に対する管理の不行き届きであったとして、再発防止のため調査チームや外部の弁護士などにも協力を仰いでいます。


炎上のきっかけとなった「風物語新宿店」は閉店となりました。また同社の規定を上回っている請求の場合は、返金するとして1月30日まで返金窓口を開設しました。


今回ぼったくりをされたことを投稿したネットユーザーは、謝罪に関しては受け入れながらも、調査をするだけで終わってしまわないかどうか懸念しています。Twitterの拡散力というものは凄まじいものとなっており、経営体制の悪化を放置していることのリスクも高まっていると言えるでしょう。今一度、経営体制を見直すことが必要かもしれません。


<参考URL>
http://news.livedoor.com/article/detail/9627424/
http://matome.naver.jp/odai/2141991187427141401
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6144171
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1501/05/news035.html

電話でのお問い合わせ

03-3237-1322

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム