汚染されたGoogleサジェストを非表示にするには?削除申請だけではない対策方法

image1

インターネットで検索する時、私たちはGoogleの検索窓に任意のワードを入力します。すると検索窓の下に関係のありそうなワードが数行にわたって提示されます。この提示されるワードがサジェストと言われるものです。
このサジェストは過去に調べたものを再表示してくれるなど大変役立つ機能ですが、望ましくないワードが提示されることがあります。
例えば会社の社名で検索しようとすると、「不正」「やばい」など信用を失うような言葉がサジェストに表示されるケースは珍しくありません。このような言葉を表示されないようにしたいと思っている方も、いらっしゃるのではないでしょうか。
この記事では、表示させたくないサジェストを非表示にするおすすめの対策方法をご紹介します。

Googleサジェストを非表示にするなら「削除申請」

image2

ネガティブなワードが表示されてしまうことで、悪い影響を受ける可能性があります。ブランドイメージや売り上げの低下を招かないためにも、すぐに削除したいところです。
サジェストは自らあるいは弁護士に依頼して削除できることがあります。ここでは、削除する手順について解説します。

削除の申請ができるケース

Googleのオートコンプリートポリシーに違反しているとき、日本の法律に違反しているときには削除に応じてもらえる可能性があります。申請は難しいものではなく、手間もそれほどかかりません。しかし、削除に応じてもらえるケースは少ないのが現状です。
オートコンプリートポリシーとは、Googleが定めたサジェスト機能の方針・ルールです。このオートコンプリートポリシーでは、露骨な性的表現・特定の集団や個人に対する差別的表現・暴力的な表現・危険な用語などを削除の対象としています。また、日本の法律に違反していれば、名誉毀損、権利侵害などによって削除対象となることがあります。

申請の方法

申請は、下表に示すいずれかの方法で行えます。法的根拠などを適切かつ十分に記入して申請しましょう。

申請方法 手  順 注意事項
「法律に基づく削除に関する問題を報告する」の報告フォーム 表示されたフォームに·      居住国·      姓名

·      会社名

·      検索キーワード

·      不適切と考えているワード

·      違法と考える理由

などを入力し、スクリーンショットを添付して送信します。

表示されているサジェストからの申請 該当のサジェストが表示された状態で右下の「不適切な検索候補の報告」をクリック。削除したいサジェストと削除する理由を選んで送信します。 削除されても、されなくても結果の回答はない

必要な法的根拠

そもそもGoogleのサジェストは厳正なアルゴリズムでサジェストや検索結果を表示させています。それなりの理由や証拠、権利の侵害などを証明できないと、申請はなかなか通りません。
また申請を受け付けてもらえるのは、基本的に1回だけです。一度、拒絶されてしまうと再度申請してもほとんど受け付けてもらえません。

サジェストが汚染されても法的処分は難しい?

image3

ネガティブなワードが複数表示されるサジェスト汚染になると大きな被害を受けることが予想されます。このような状況になってもサジェストが事実に基づいて表示されている限り、訴訟を起こしてもユーザーの知る権利が優先され、削除に応じてもらうことは難しいのです。ここでは、サジェストの削除が認められなかった事例を2つ紹介します。

【事例1】東京高裁でGoogleが逆転勝訴

ある男性がGoogleにサジェスト表示の差し止めを求めて訴訟を起こしました。一審では、表示差し止めと賠償が認められ男性側の訴えが認められましたが、二審においては、逆転敗訴となったのです。
理由は、「サジェストを非表示にすることで検索ユーザーが受ける不利益」が「サジェスト機能により人格権を害する記事が閲覧されやすくなっているという男性側の不利益」を上回っているというものでした。また、検索結果としてウェブページの抜粋が表示されることは名誉毀損やプライバシー侵害に該当しないとしています。

【事例2】最高裁が検索サイトの公益性を認める

児童買春禁止法違反罪で略式命令を受けた男性が氏名などで検索すると逮捕された記事が表示されるとのことで削除を求める仮処分を申し立てたものです。
最高裁において検索結果の削除を認めない決定がなされました。「男性のプライバシー保護の観点から公表しない利益」が「検索サイトの表現の自由」に優越するときに限って削除できるとの統一判断を示したのです。検索サイトの公益性を示した一例でした。

Googleサジェストが表示される仕組み

image4

サジェストは、よりユーザーが使いやすく、快適な検索ができるように提供している機能です。つまり、適当に表示しているわけではなく、AIがこれまでに検索された回数などいろいろな要素から、ユーザーが調べようとしていると思われるワードを推測して表示しています。ここでは、サジェストを選んでいる仕組みを4つご紹介します。

検索された回数が多い

入力したキーワードと一緒に検索された回数の多いワードを選んで表示します。例えば、「旅行」と入力して「旅行会社」と表示される場合は、旅行会社を調べている回数が多いと考えられます。
つまり、多くの人が知りたいことをすぐ調べられるようにサジェストを提示しています。サジェストは検索される確率が高い、多くの人に必要とされている情報だと推測されるワードを表示しているのです。

多くの人が検索しているワード

そのときに流行しているワードはサジェストに表示されやすくなります。流行している言葉は多くの人が検索しているワードでもあるため、表示されたサジェストを選択するだけで入力する手間を省くことができるのです。
「検索された回数」は、同じ人がくり返し検索しても反映されます。「多くの人が検索しているワード」は検索している人の数です。このため、SNSなどで話題になったワードは、検索エンジンを使って調べる人も多くなり、サジェスト表示されやすくなるのです。

検索する人の位置情報

サジェストは検索しようとしている人の位置情報に基づいて、最も適切なワードを表示させます。調べようとしている内容が場所と関連性の高いものであれば、近くにあるものを調べて表示します。
例えば新宿で昼食のお店探しをしているときに「ランチ」と入力したら、グーグルがランチを食べる店を探していると判断して「ランチ 新宿」と近くのお店を表示します。位置情報の場合は「検索された回数」や「多くの人が検索しているワード」に関係なく表示されます。

ユーザーの検索履歴

検索窓にある文字を入力しようとすると、以前検索した覚えのある言葉が窓の下に表示されるのを、見たことがある人は多いでしょう。
調べものをするときに検索して好みのサイトを見つけてお気に入りなどに保存しておき、数日後、同じサイトを訪問することもできます。しかし、検索履歴を表示することでお気に入り登録などの面倒な操作をしなくてよくなるので便利です。履歴の場合も、「検索された回数」や「多くの人が検索しているワード」などとは無関係に選ばれます。

Googleでも検閲は行っている!

Googleはサジェストを選ぶアルゴリズムを公表していません。検索回数や過去の検索履歴などから候補ワードを選んでいると言われています。
しかし、表示されるワードの内、ポリシーに違反している場合や過去にユーザーからポリシー違反などで報告があって削除したものは表示しないようにしています。Googleは自ら、具体的に以下の候補ワードをポリシー違反として表示していません。
· モラルのない性的な表現、下品な表現
· 特定の集団や個人に対する差別的表現
· 危険、有害、暴力的な表現

Googleサジェストが汚染されたらプロの力を借りよう!

image5

サジェストを削除する方法のひとつは削除申請をすることです。本人または弁護士が代行して申請できます。ただし、明確なポリシー違反や法的根拠がなければ、削除してもらえるとは限りません。
ただし削除が難しくても、誹謗中傷などの対策業者に依頼して、ネガティブなサジェストを非表示化することもできます。
ここでは削除や非表示化する方法として、弁護士に依頼する方法と誹謗中傷の対策業者に依頼する方法を解説します。

弁護士にできること

ネットのトラブルに詳しい弁護士は、どのような権利を侵しているかを判断して申請を代行できます。
申請を受け付けてもらえるのは一度だけであることを考えると、ポリシー違反や権利侵害を明確に記述して申請が通るようにしておきたいものです。
はじめから、法律の専門家である弁護士に依頼することで申請が通り、削除に応じてもらえる可能性は高くなるでしょう。
ただし、弁護士が申請を代行して行ってもポリシーに違反していない場合や十分な法的根拠がなければ、削除されることはありません。

専門対策業者にできること

ネットの誹謗中傷専門の対策業者に対応を依頼しましょう。対策業者では多くの場合、ポジティブなワードを増やす手法を使います。
表示されるサジェストをポジティブなワードとあたりさわりのないワードで満たしてネガティブなワードを候補外にする手法です。
削除申請はGoogleが応じないことも多く、結果の通知までに1カ月程度待たなくてはなりません。大きな悪影響を及ぼしそうな場合には一刻も早く表示されないようにしたいため、専門対策業者に依頼することも検討に値します。
業者によっては依頼後すぐに対策にとりかかり、根本から対策することで再発防止も図れます。必要な費用は、業者により異なりますが、依頼すれば問題を解消できる可能性は高いでしょう。

効果的なサジェスト対策はブランドコントロールへ

サジェスト機能は、検索しようとしているワードを予測して表示するため、とても役立ちます。しかし、自社や自身のことについてネガティブなワードが表示されたら、さらにネガティブなワードが増えてしまう前に対策すべきです。
ブランドコントロールは、ネガティブワードを素早く非表示化します。さらに問題の根本原因突き止め、誹謗中傷を受けない仕組みを構築し、トラブルや損害を防ぎます。
サジェストがおかしいと感じたら、ブランドコントロールへお気軽にご相談ください。
またブランドコントロールは、非表示化だけでなく、企業のイメージや価値を向上させるサービスも展開しています。

まとめ

image6

Googleのサジェストに企業や店舗にとってネガティブなワードが表示されると、売り上げの低下や信用下落、採用活動に支障が出るなどの被害を受けることがあります。
Googleのサジェストに表示されてしまったネガティブなワードは、削除を申請することもできます。しかし、多くの場合、一般ユーザーの知る権利が優先され、明確なポリシー違反や権利侵害がなければ削除してもらえません。
マイナスイメージを与えるサジェストが表示されたら一刻も早い対応が必要です。問題が大きくなる前に対策業者や弁護士などに相談しましょう。
Googleのサジェストワードに関するトラブル、インターネットの誹謗中傷等のお困りごとは、お早めに当社までご相談ください。

ホーム 汚染されたGoogleサジェストを非表示にするには?削除申請だけではない対策方法

電話でのお問い合わせ

03-5572-7367

受付時間:11:00-18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム