Googleサジェスト(検索予測)はどう表示されている?表示の仕組みからやおすすめの対策方法まで解説

image001

「Googleサジェストは対策できるのか知りたい」「サジェストキーワードにネガティブな言葉が表示されている」などの疑問や悩みを抱えている方や企業は多いでしょう。

企業名を検索したときに、ネガティブなキーワードが表示されていると、風評被害やブランドイメージの低下の恐れがあります。できるだけ早く対処したいと考えている方も多いでしょう。

この記事では、Googleサジェストの削除の方法や、早めに対処するべき理由、対策業者に依頼するメリットをご紹介します。最後まで読んでいただき、ぜひ参考にしてみてください。

Googleサジェストとは?

image002

Googleサジェストについて確認しておきましょう。Googleであるキーワードを検索欄に入力すると、一緒に調べられる確率の高い候補キーワードが出てきます。これがサジェストキーワードです。

Googleが検索者に対して、別のキーワードを提案する機能ともいえるでしょう。具体的には「旅行」と検索窓に入力すると、

・「旅行会社」
・「旅行 持ち物」
・「旅行サイト」
・「旅行代理店」
・「旅行おすすめ」
・「旅行 英語」
・「旅行 コロナ」

というキーワードが続きます。

旅行の場合は、多くの人が知りたい情報が羅列されていますが、サジェストキーワードを利用して自社の評判を知ることも可能です。自社サービスや商品、または店舗名などで調べることで、評判がわかる場合があります。

企業名などを検索した際にネガティブなサジェストが表示された場合に、どう対処すればよいのか疑問に思う方は多いでしょう。

結論からいうと、削除可能ですが、時間と費用がかかります。削除する場合は、基本的にGoogleまたは弁護士にしかできません。また、個人では対応が難しい場合が多いため、対策業者への依頼を検討しましょう。

Googleサジェストの仕組みを解説

image003

Googleサジェストは、Googleから提案されたキーワードですが、どのように決められているかご存じでしょうか。

サジェストキーワードとは、ユーザーが使いやすく快適に検索ができるようGoogleがサポートする機能です。AIが複数の要因から入れるべきものを判断しています。

ここでは、Googleサジェストが選ばれる仕組みを4つご紹介します。

1.検索される回数が多い

1つ目は、検索される回数が多いことです。検索キーワードと一緒に検索される回数の多いサジェストキーワードが選ばれます。

例えば、「旅行」と入力して「旅行会社」と1番に出てくる場合は、旅行会社を調べているユーザーが多いということです。

Googleは、ユーザーが知りたいことをすぐ知れるようにサジェストキーワードを設定しています。つまり、検索される頻度が高く、多くの人に必要とされている情報だと判断されます。

SNSでツイートが拡散されたり、有名人が何かを紹介したりすると、関連するキーワードが上位に表示されることも多くあります。

2.トレンドのキーワード

2つ目は、トレンドのキーワードです。そのときに流行しているキーワードは、上に表示されやすくなります。

検索ボリュームと違う点は、検索している人の数です。検索回数というのは、検索者は関係なく合計で調べられている回数が多いキーワードが選ばれます。

つまり、同じ人が何回も検索しても反映されるのです。しかし、トレンドキーワードは検索されている人の数やSNSでトレンドになったワードが上に表示されるのです。

3.ユーザーの位置情報

3つ目は、ユーザーの位置情報です。ユーザーがGoogleで調べるときの実際の位置情報に基づいて、最適なサジェストを表示させます。

渋谷で昼食のお店探しをしているときに「ランチ」と入力したら、「ランチ 東京」「ランチ 渋谷」などと表示されます。

位置情報がオンになっていると、キーワードによっては近くの店舗が表示されることがあります。

4.ユーザーの検索履歴

4つ目は、ユーザーの検索履歴です。
ユーザーが、キーワードと一緒に検索したことのあるサジェストキーワードが表示されます。

検索履歴がサジェストキーワードで表示されるのを、見たことがある方は多いでしょう。
検索履歴の場合は、検索ボリュームやトレンドキーワードなど関係なく、上位に表示されます。

履歴を削除することで、そのとき表示されていたキーワードは表示されません。また、シークレットモードで検索をすると、ユーザーの検索履歴や視聴履歴が反映されないので、検索結果がオーガニックなものになります。

Googleサジェストにネガティブな言葉が表示されるデメリット

image004

Googleサジェストは、ユーザーが求めているものや実際に多く検索されているものが表示されます。

しかし、サジェストにネガティブな情報や事実と異なるキーワードが入っている場合、大きな影響を受ける可能性もあるでしょう。

ここでは、Googleサジェストにネガティブな言葉が表示されるデメリットを3つご紹介します。

1.ブランドイメージの低下

一つ目は、ブランドイメージが低下することです。企業名で検索をしたときに、ネガティブなキーワードが表示されることで、ブランドイメージの低下につながる可能性があります。

具体的な実例は「企業名 ブラック」「企業名 倒産」「企業名 不祥事」などです。これは、企業に限らずブランドや学校、スポーツチームなども該当します。

また、事実と異なる噂や悪質な書き込みであっても、企業を知らないユーザーは書き込みを信じてしまう可能性があります。ブランドイメージが低下する前に、対処する必要があります。

2.売り上げの低下

2つ目は、売り上げの低下です。
ネガティブサジェストが表示されることで、売り上げが大きく低下する可能性があります。

ユーザーが商品やサービスを購入する前に、ネガティブサジェストを見ることで購入を躊躇する可能性があります。

例えば、「店舗名 まずい」「サービス名 ぼったくり」「商品名 使えない」などのキーワードはブランドイメージに悪影響を与えるでしょう。実際にネガティブサジェストで売り上げが大きく下がる場合もあるので、早めに対処することが大切です。

3.新入社員の減少

3つ目は、新入社員の減少です。
企業名に加えて、ネガティブなキーワードが表示されることで、入社を躊躇するユーザーは多いでしょう。興味のある企業がある場合でも、ネガティブサジェストを見ることでマイナスなイメージを持ちます。

具体的には「企業名 ブラック」「企業名 パワハラ」「企業名 残業」などが挙げられます。上記のようなキーワードが多いと、新入社員が減少する可能性もあるでしょう。

Googleサジェストを削除する3つの方法

image005

ネガティブサジェストが表示されることで、悪い影響を受ける可能性があります。ブランドイメージや売り上げの低下を招かないために、早急にネガティブサジェストを削除することが大切です。

サジェストキーワードを削除するのは可能ですが、実際にどのように対処すべきか疑問に思う方は多いでしょう。ここではGoogleサジェストを削除する4つの方法をご紹介します。

1.Googleに削除を依頼

一つ目は、Googleに削除を依頼することです。
Googleに直接削除の申請をすることで、キーワードを表示させないようにします。Google公式サイトから、個人や企業がサジェストの削除依頼が可能です。

しかし、申請が通らず、削除できない可能性があります。Googleは厳正な判断でサジェストや検索結果を表示させています。理由や証拠、権利の侵害などを証明することが難しい場合、申請を通すことは難しいでしょう。

2.発信者に直接交渉

2つ目は、発信者に直接交渉することです。
ネガティブサジェストについて、直接発信している人にコンテンツの削除を依頼することで、サジェストキーワードが変更できる可能性があります。

ネガティブサジェストについての発信やコンテンツにより、キーワードが表示されている場合もあるので、直接問い合わせをしましょう。

しかし、個人間でのやり取りはトラブルになるケースが多いだけでなく、相手にされない場合もあります。また、さらなる風評被害につながる場合もあるので、注意しながら行いましょう。

3.対策業者を利用

風評被害の専門家に、サジェストの対策を依頼しましょう。対策業者では、ネガティブサジェストを減らしてポジティブなサジェストキーワードを増やす逆SEOという手法を使います。

風評被害の根本原因から対策するため、再発防止も期待できるでしょう。

Googleサジェストの対処は専門家をおすすめ

image006

Googleサジェストの対策を考えているが、対策方法が分からないという方は多いのではないでしょうか。専門的な知識がない場合、最適な対処が難しいでしょう。

その場合は、対策業者に依頼するのをおすすめします。業者に依頼することで、根本的な問題を解決して被害の再発を防ぐことができます。

ここでは、それぞれのメリットをご紹介します。

1.依頼するだけで問題を解決できる

該当サジェストの対策を依頼するだけで、問題を解決できます。必要な情報を伝えれば、対策業者が動いてくれるため、自社にかかる手間はほとんどないでしょう。対策に時間を取られずに済むというメリットがあります。

2.根本的な問題を解決して再発を防げる

2つ目は、根本的な問題を解決して再発を防げることです。対策業者に依頼することで、ネガティブサジェストが表示された根本的な原因を解決できます。

1度サジェストキーワードが表示されなくなった場合でも、また別のネガティブな言葉が表示される可能性があります。

対策業者に依頼することで、根本的な問題を解決するので、再発を防げるメリットがあります。

3.誹謗中傷・風評被害の予防ができる

業者に依頼すると、サジェストキーワードの対策だけでなく、誹謗中傷や風評被害の予防もできます。

ネガティブサジェストが表示されると、誹謗中傷や風評被害などの問題に発展する可能性があります。

しかし、対策業者に依頼することで、未然に被害の予防ができます。

サジェスト対策ならブランドコントロールにお任せください

相談を受けるスーツの男性

サジェスト対策をするなら、ブランドコントロールが展開する「ブランドセキュリティ」にお任せください。

強みはGoogleのアルゴリズムをAIで常に監視している点です。人の手で動向を確認するのが一般的ですが、どうしても人力では監視に限界があります。

ブランドコントロールでは全8か国対応の国際基準に沿った手法をとっており、Google検索エンジンの今後の傾向や動向を予測します。

その他にも、企業のイメージや価値を向上させるサービスも展開しています。インターネット上のトラブルでお悩みの方は、ぜひブランドコントロールにご相談ください。

まとめ

image008

Googleサジェストにネガティブなキーワードが表示されると、イメージや売り上げの低下、新入社員が減少するなどの悪影響があります。

また、風評被害につながる可能性もあるので、問題が大きくなる前に対策業者に依頼しましょう。

ブランドコントロールでは、サジェストの対策はもちろん、根本的な問題を解決し企業が受けるダメージを最小限に抑えます。

風評被害やサジェストキーワードについて悩みごとや気になる点がありましたら、お気軽にご相談ください。

ホーム Googleサジェスト(検索予測)はどう表示されている?表示の仕組みからやおすすめの対策方法まで解説

電話でのお問い合わせ

03-5572-7367

受付時間:11:00-18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム