レピュテーションリスクが発生する5つの原因と回避方法を紹介!風評被害の対策も解説

image1「レピュテーションリスクが発生する原因」「レピュテーションリスクを回避する方法」などを知っておきたいと思っている方がいらっしゃるのではないでしょうか。
レピュテーションリスクは誹謗中傷や風評被害に繋がる恐れがあります。評判やレビューが企業の信用において重要視される近年、レピュテーションリスクの管理はますます重要になっています。
この記事では、レピュテーションリスクの原因からおすすめの対策法まで紹介しています。ぜひ参考にしてください。

レピュテーションリスクとは

image2

レピュテーションリスクとは、評判が落ちるリスクのことです。
レピュテーションは日本語で評判を指します。企業の不祥事などが報道・拡散されることで、評判が落ちてしまうリスクが高まります。
近年、企業やサービスについての評判を口コミサイトやレビューサイトなどの様々な場所で見ることができます。企業の信用を高めるために、レピュテーションリスクの管理が重要視されています。

レピュテーションリスクが起きる5つの原因

image3

どのような事態が起きた場合に、レピュテーションリスクが発生するのでしょうか。
レピュテーションリスクは、不正や不祥事などのネガティブな事件が起きた際に発生しやすくなります。本章では、レピュテーションリスクが起きる原因を5つ紹介します。

1. アルバイトの不祥事

アルバイトや従業員が不祥事を起こすことで、企業のイメージが低下し、レピュテーションリスクに繋がってしまう可能性があります。特に、飲食店などアルバイトが多い職場で起こりやすい傾向にあります。
実際にあった例として、アルバイトが勤務中に店内の食材や用具を使って悪ふざけをしている動画をSNSに投稿して、炎上した事件が挙げられます。頻繁に炎上事件が起こった結果、社員教育体制が大きく変わった会社が多くみられます。
店舗数が多いと従業員の管理が行き届かずに、アルバイトが不祥事を起こす可能性があるので注意しましょう。

2. 役員の不祥事

役員が不祥事を起こすことによって、企業の評判に大きな悪影響が出てしまうおそれがあります。大手企業になればなるほど、役員の不祥事が大きく扱われてしまい、レピュテーションリスクを引き起こす原因となります。
役員の不倫や犯罪などはテレビや週刊誌で大々的に報道され、多くの場合、SNSやネットニュースで炎上してしまいます。役員は企業の方針を決めている重要なポジションでもあり、イメージの低下だけでなく従業員からの信頼がなくなるリスクもあるでしょう。

3. 不正の隠蔽

企業の不正が明るみに出るとレピュテーションリスクとなります。不正な事実を隠蔽していたことが発覚した場合、信用の低下に繋がります。
データの改ざんや産地の偽装、違法建築など、業界でのさまざまな不正が明るみに出て、問題になってしまいます。
不正の隠蔽は批判や誹謗中傷の的になることが多く、SNSなどで拡散されてしまうでしょう。また、隠蔽の内容が悪質な場合、法に触れる可能性もあります。

4. 商品やサービスの質

レピュテーションリスクの原因として、商品やサービスの質が低下してしまうことが挙げられます。不正や不祥事を起こさなくても、商品やサービスに不具合が多発したり、質が下がったりすることで評判が落ちてしまいます。
評判が落ちてしまうと売上げが下がってしまい、業績不振に陥る可能性も高いでしょう。

5. 労働環境への不満

従業員が労働環境に不満を持っている場合、レピュテーションリスクに繋がる可能性があります。
違法な長時間労働や残業代の未払いなどに不満を持った従業員が労働環境の実態をSNSに投稿してしまうケースが多くみられます。「うちの会社は違法労働を強制させている」などのネガティブな書き込みは拡散されやすく、一瞬で広まってしまい、企業の評判が落ちる可能性があります。
サービスや商品に直接的な影響がなくても、企業のイメージが低下することで業績が悪化してしまうことになります。

レピュテーションリスクが活動に与える影響

image4

レピュテーションリスクが発生すると、企業の活動に様々な影響が出てしまいます。前章で紹介したような炎上事件に発展することもあるため、事態が悪化する前に沈静化を目指しましょう。
本章では、レピュテーションリスクが企業の活動に与える影響について解説しています。どのような問題が起こるのかなど、ぜひ参考にしてください。

1.売り上げが減少する

悪評によって消費者からの印象が悪くなると、企業の売り上げが落ちてしまう可能性があります。
レビューサイトに「〇〇という飲食店の料理は不味かった」と書き込まれた場合、閲覧者は書かれたるお店や提供される料理に対してマイナスな印象を持つでしょう。その結果、お店に行くのを止めてしまう人が増えてしまい、売り上げは低下してしまうことになるでしょう。
たとえ事実ではない内容の書き込みであったとしても悪評を放置することは大変危険です。売り上げを維持させるためにも、悪質な内容の書き込みには早めに対処しましょう。

2.取引先や銀行からの信頼が落ちる

悪評が理由で企業全体の印象が悪くなると、取引先や銀行からの信頼を失ってしまう場合があります。
具体的な例として「不正を働いた」「赤字経営が続いている」などの書き込みが挙げられます。取引先や銀行が該当する書き込みを見た場合、取引を止められたり、融資が受けられなくなったりすることがあるでしょう。
悪質な書き込みを発見したら、迅速に対処することが大切です。

3.採用活動に悪影響を及ぼす

悪評は採用活動に影響を及ぼします。ネガティブなイメージがついている企業に就職したいと思う求職者がいるのでしょうか。
求職者がインターネットで応募を検討している会社を調査することは珍しくありません。志望企業について検索した際、「ブラック企業」「パワハラが横行している」などの書き込みを見つけてしまうと、不信感を抱くでしょう。応募を取りやめてしまったり、内定を辞退したりすることもあります。
悪質な書き込みを放置してしまうことで、採用活動にも影響が出てしまうことになります。

リスクを回避・対策する方法

image5

レピュテーションリスクを回避・対策するには、どのような方法があるのでしょうか。
従業員の教育や労働環境の改善などを実施することで、レピュテーションリスクを回避できます。本章では、レピュテーションリスクを回避・対策する方法を紹介します。ぜひ参考にしてください。

1. 従業員の教育

従業員の教育をすることで、レピュテーションリスクを回避できる場合があります。
レピュテーションリスクの大きな原因として、ネットリテラシーの低さやモラルの欠如が挙げられます。アルバイトスタッフが問題を起こしてしまうのは何が機密情報にあたるのか分かっていないということが原因の一つになっています。きちんと指導することで、SNSでの炎上などのような不祥事を回避できる可能性があります。
従業員が多い場合、マニュアルの共有やネットリテラシーに関する勉強会を行い、レピュテーションリスクを回避しましょう。

2. 商品・サービスの質の向上

レピュテーションリスクを回避するため、商品・サービスの質を向上させることが大切です。
商品やサービスに対しての批判や不満が発生している原因として、質が下がっていることが考えられます。お客様の意見を真摯に受け止め、しっかりと質を改善していくことが大切です。
批判や誹謗中傷に発展させないために、日頃から商品やサービスに対する顧客の意見に耳を傾け、改善を繰り返してレピュテーションリスクを抑えましょう。

3. 労働環境の改善

社員が不満を持つような劣悪な労働環境はすぐに改善を行うことが必要です。
違法な長時間労働や残業代の未払い、パワハラなど、社員がブラック企業と感じる環境を作ってしまうと、レピュテーションリスクが高まります。
会社の実態をネット上で発信されてしまうと炎上する可能性があり、誹謗中傷や風評被害に繋がります。労働環境に問題がある場合は、改善に努めましょう。

4. 評判の調査

自社の商品やサービスの評判を調査することで、レピュテーションリスクの回避に繋げることができます。
ユーザーからどのように評価されているのか調べることで、自社の改善点を分析できます。評判が良い部分はしっかりと伸ばし、あまり評判が良くない部分は改善しましょう。
また、自社の評判を調べることで、自社に対する悪評を早い段階で発見することができます。自社の評判に関する調査は定期的に行っておきましょう。

対策をする際の相談先

image6

前章で解説したように、自社でもレピュテーションリスク対策を行うことができます。しかし、対策するために労力がかかったり、問題解決までに非常に時間がかかったりする場合があります。
本格的なレピュテーションリスク対策を行うのであれば、専門家に相談することをおすすめします。技術的な対策など、自社で対応するよりも幅広く対処することができます。
本章では、レピュテーションリスク対策をする際の相談先をご紹介します。

1. 弁護士

弁護士に相談して、誹謗中傷や風評被害などレピュテーションリスクが高まる書き込みに対しての法的手段を用いた削除を申請できます。
法的な根拠を揃えた上で削除依頼できるのが、弁護士に依頼するメリットです。依頼にはまとまった費用が必要となります。削除が実行されるまでに相談料や着手金などが発生することもあります。
確実に悪質な書き込みを削除したい場合に相談してみましょう。

2. 専門対策業者

専門対策業者に依頼することで、レピュテーションリスクの根本的な対策が可能です。
専門対策業者は、技術的な対処や企業体制の改善など、様々な対応策をとることができます。評判が下がってしまう根本的な原因を分析するので、再発防止にも繋がります。
効率良くレピュテーションリスク対策を行いたい場合は、専門対策業者への依頼を検討するのがよいでしょう。

専門対策業者に依頼するメリット

image7

レピュテーションリスク対策を依頼するなら、専門対策業者の利用がおすすめです。
自社で対策を行うことはできますが、時間と労力がかかってしまうので本来の業務に支障をきたしてしまう場合があります。専門対策業者に依頼して、効率良く対応策を実行しましょう。
本章では、専門対策業者を利用するメリットを3つ紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

1. 時間と労力を削減して問題を解決できる

専門対策業者に依頼をすることで、レピュテーションリスクの対策を一任することが可能です。弁護士に依頼する場合、自社で必要な書類を集めたり、裁判に出廷したりするなど、時間と労力が必要になります。
専門対策業者に依頼すれば、対策に関わる業務のほとんどを任せることができます。時間と労力を抑えてレピュテーション対策ができるのは、企業にとって大きなメリットです。

2. 迅速に対応してもらえる

専門対策業者に依頼することでレピュテーションリスク対策の実行を迅速に行えます。なぜなら、
ネット上に悪評が書き込まれた場合、時間が経つほど被害が広がる可能性が高まります。専門対策業者は現状の問題点や被害状況などを共有次第、すぐに対策を進めてくれます。迅速に対応することで、被害が広がる前にレピュテーションリスクを対策することができます。

3. 再発防止も可能

専門対策業者に依頼することで、誹謗中傷被害の再発を防げます。
悪評にあたる書き込みを削除して対処したとしても、根本的な原因を排除しなければ、再度悪評が書き込まれてしまう可能性があります。問題が発生する度に対処していては、企業の負担も大きくなるでしょう。
専門対策業者は誹謗中傷被害の根本的な原因を解明して解決に導いてくれます。レピュテーションリスク対策を行うのであれば、根本的な原因を対処しましょう。

レピュテーションリスクの対策は「ブランドコントロール」にお任せ

image8

レピュテーションリスクの対策をしたい場合は、弊社ブランドコントロールが提案させていただくサービス「ブランドセキュリティ」をご利用ください。
「ブランドセキュリティ」はGoogleのアルゴリズムをAIで常に監視しています。人の手で動向を確認すると、見逃しなどのミスが起きてしまう可能性があります。その点「ブランドセキュリティ」では、AIによる監視を行うことで悪評に繋がる書き込みを確実に発見することができます。
またブランドコントロールでは全8カ国対応の国際基準に沿った手法をとっており、Google検索エンジンの今後の傾向や動向を予測します。そのため、 常に最新のレピュテーションリスク対策が可能です。
その他にも、企業のイメージや価値を向上させるサービスも展開しています。レピュテーションリスク対策でお悩みの企業は、ぜひブランドコントロールにご相談ください。

まとめ

image9

レピュテーションリスクは、アルバイトスタッフや役員の不祥事などが原因で発生しまうケースが多くみられます。対策には、従業員の教育や労働環境の改善が有効です。
誹謗中傷や批判などを放置しておくと、レピュテーションリスクは高まります。早期に発見をして対策することで、レピュテーションリスクを最小限に抑えることが可能です。自社で対策を行うこともできますが、専門対策業者に依頼することで、効率良く、迅速に対策を行えます。
レピュテーションリスクを対策したい方は「ブランドコントロール」までご相談ください。お客様の評判にまつわるトラブルを必ず解決に導きます。

ホーム レピュテーションリスクが発生する5つの原因と回避方法を紹介!風評被害の対策も解説

電話でのお問い合わせ

03-5572-7367

受付時間:11:00-18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム