雑談たぬきを利用するルールとは?掲示板への悪質な書き込みの対処法を紹介

image1

「雑談たぬきにルールはあるのか」「雑談たぬきに自社への誹謗中傷が書き込まれた」このような悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか。
インターネットの普及によって、2ちゃんねるや雑談たぬきなど、匿名掲示板サイトへの書き込みが活発になりました。
投稿者は匿名で書き込みを行えます。そのため、良い口コミだけでなく悪質な口コミも見受けられます。放置してしまうと、自社のイメージが下がってしまうので、早めに対処する必要があります。
この記事では、雑談たぬきを利用するルールについて解説します。雑談たぬきへの悪質な書き込みにお悩みの方はぜひ参考にしてください。

雑談たぬきについて解説

image2

雑談たぬきへの悪質な書き込み対策を行うのであれば、まずはどのような特徴があるのかをしっかり理解しておきましょう。
ここでは雑談たぬきの概要や雑談たぬきへの書き込みについて解説していきます。自社に対する悪質な書き込みの対処法を検討する前に、雑談たぬきの特徴を確認しておきましょう。

サイトの概要

雑談たぬきとは「V系初代たぬき」という匿名掲示板サイトの派生サイトです。V系初代たぬきは、V系(ヴィジュアル系アーティスト)の情報交換を目的として書き込みが行われる匿名掲示板サイトです。
雑談たぬきは、V系以外の雑談を行える匿名掲示板サイトとなっています。雑談たぬきは、一般的には「たぬき」と呼ばれることが多くなっています。

投稿されている書き込みの特徴

雑談たぬきの特徴は、誰もが匿名で書き込みできるということです。雑談たぬきにアクセスできる人であれば誰でも安易に投稿ができてしまうため、攻撃的な内容や嫌がらせと捉えられる内容の悪質な書き込みを投稿しやすくなっています。
雑談たぬきは、若年層のユーザーが多いと言われています。そのため、下記のような内容のスレッドが見受けられることが特徴です。
・TwitCasting(ツイキャス)
・ニコニコ動画
・YouTube
・ふわっち
ひとつの話題に対して盛り上がりやすくなっているため、話題によっては書き込みの内容が過激なものに発展する場合があります。

雑談たぬきのルールとは?

image3

雑談たぬきでは、以下の項目を禁止事項として設定しています。
・出会いの募集・呼びかけ
・パンピの利用(たぬき共通ルール)
(参考: 『雑談たぬき 掲示板利用のルール』)
「パンピ」は一般ピープルの略称です。雑談たぬきへの書き込みとは関係がない一般ユーザーの利用が禁止されているということになります。
雑談たぬきとV系初代たぬきで禁止されている共通ルールは、以下の通りです。
・バンドに興味・関係がなく、出会いを目的とした方の利用
・出会い目的&未成年の利用
・写メ晒し、他人に迷惑をかける行為
・売春・買春行為
・18歳未満の利用、18歳未満を勧誘する行為
・性器モロ画像・児童ポルノ等、日本の法律に違反する画像の交換
・荒らし行為、無意味な文字の連続投稿
(参考: 『V系初代たぬきの掲示板 掲示板利用のルール』)
掲示板利用のルールに違反する書き込みの場合、雑談たぬきの運営に削除依頼を行えます。

雑談たぬきへの悪質な書き込みが企業にもたらす悪影響

image4

雑談たぬきに書き込まれた投稿が自社にとって悪質なものであるとき、該当する書き込みを放置することは危険な行為です。自社に対する悪質な書き込みによって、企業が大きな被害を受ける可能性があるからです。
ここからは、雑談たぬきへの悪質な書き込みが企業にもたらす悪影響を紹介します。悪質な書き込みの対処を検討している方は、本章の内容をご覧ください。

1.売り上げが減少する

雑談たぬきへの悪質な書き込みは、企業の売り上げを減少させる原因になります。自社に対する悪評は、企業のブランドイメージを低下させてしまうからです。
例えば、ある飲食店に関する書き込みに「料理の提供が遅かった」「料理の中に異物が入っていた」といった内容がある場合です。書き込みを見たユーザーは、その飲食店に足を運ぶことを躊躇してしまうことが予想されます。結果として、売り上げの減少に繋がってしまうでしょう。
安定した経営を行うためには、悪質な書き込みを迅速に対処しましょう。

2.サジェスト汚染が起こる

サジェスト汚染とは、検索エンジンにキーワードを打ち込んだ際に、ネガティブなキーワードが表示されることです。
例えば、ある企業は「(企業名)ブラック企業大賞 」と表示されます。ネガティブなキーワードが表示されると、検索を行ったユーザーが企業に対してマイナスな印象を抱かせてしまいます。
サジェスト汚染対策を行うためには、雑談たぬきへの悪質な書き込みを早急に対処しなければなりません。

3.SNSなどに書き込みが拡散される

雑談たぬきへの悪質な書き込みは、SNSなどで拡散されてしまう可能性があります。雑談たぬきは若年層のユーザーが多いため、SNSの拡散が予想できます。
SNSなどで悪質な書き込みが拡散されることによって、自社への悪評が様々なユーザーの目に触れる可能性が考えられるでしょう。売り上げが減少したり、サジェスト汚染が起こったりする危険性が高くなります。
雑談たぬきへの誹謗中傷は放置せずに、見つけ次第早急に対処することが重要です。

雑談たぬきへの悪質な書き込み対策を自社で行う方法

image5

雑談たぬきに悪質な書き込みが投稿された場合、どのような対策を行ったらよいのでしょうか。繰り返しになりますが、雑談たぬきへの悪質な書き込みは企業にとって悪影響を及ぼします。そのため、企業は雑談たぬきに書き込まれた悪質な投稿に対して、対策を行わなければなりません。
この章では、雑談たぬきへの悪質な書き込み対策を自社で行う方法を紹介します。

1.削除依頼を行う

雑談たぬきへの書き込みが掲示板利用のルールに違反している場合は、雑談たぬきの運営に削除依頼を行いましょう。
まずは、雑談たぬきの「問い合わせ窓口」にアクセスします。「お問い合わせはこちら」とい文言と共にメールアドレスが記載されているので、メールで削除依頼を行います。

image6

削除依頼を行う際には、下記の注意事項を確認しておきましょう。
・URLは必ず書いてください(スレ名のみNG)
・実名/電話番号/住所は消します。URLとスレ番必須。
・本文内の管理用文字は削除しないでください。
・タイトル『問い合わせ』は変更しないでください。
・管理用文字のないメールは受け付けません。
・削除依頼は削除理由を明記してください。
・アク禁解除は基本しません。言い訳は聞きます。
・対応後の完了報告はしません。各自チェック。
・対応目安は約3日~2週間。
・削除依頼の内容は外部には公開されません。
(参考: 『問い合わせ窓口』)

2.書き込みを行った人物を特定する

雑談たぬきへの悪質な書き込みを行ったユーザーは、正しい手順を踏んで手続きを行うことで特定できる場合があります。
書き込みを行ったユーザーを特定する手順は下記の通りです。
・管理者にIPアドレスの開示請求を行う
・発信者情報開示請求の仮処分命令を申し立てる
・プロバイダーを特定し、発信者開示請求を行う
・発信者情報開示請求訴訟を提起する
裁判所で手続きを行うため、専門的な知識が必要です。自社の力だけで書き込みを行ったユーザーを特定するのは、困難な場合があります。

雑談たぬきへの悪質な書き込み対策を自社で行うことが困難な理由

image7

雑談たぬきへの悪質な書き込みは、削除依頼したり書き込みを行ったユーザーを特定したりすることで解決に向かう可能性があります。
しかし、雑談たぬきへの悪質な書き込みを自社で解決することは困難です。ここではその理由を3つにわけて解説していきます。雑談たぬきによるトラブルを根本的に解決したいと考えている方は、本章の内容を参考にしてください。

1.書き込みが削除されるとは限らない

前章でも紹介しましたが、雑談たぬきへの悪質な書き込みに対して削除依頼は行えます。しかし、必ずしもその依頼が通る訳ではありません。
雑談たぬきは、書き込みの削除依頼に対して「対応後の完了報告はしません」と明記しています。そのため、悪質な書き込みが削除されているかどうかは自社で確認を行わなければなりません。
また「対応目安は約3日~2週間」と明記しているため、悪質な書き込みが削除されるには時間がかかります。悪質な書き込みが削除されるまでに、該当する書き込みが拡散される危険性があります。

2.書き込みを行った人物を特定する手順が複雑

雑談たぬきに悪質な書き込みを行ったユーザーを特定する方法はかなり複雑です。場合によっては裁判所での手続きが発生するため、法律の知識が必要になります。
さらに、雑談たぬきに悪質な書き込みを行った投稿者の特定に必要なIPアドレスは、保存期間が短めです。約1カ月~6カ月で、IPアドレスの履歴が削除されます。
雑談たぬきで悪質な書き込みを行った人物を特定する方法は複雑である上に、迅速な対応が求められます。普段の業務をこなしながら自社で雑談たぬきへの悪質な書き込みに対応するのには、限界があると言えるでしょう。

3.再び誹謗中傷が行われる場合がある

雑談たぬきへの悪質な書き込みを削除できたとしても、自社への悪評が再び雑談たぬきに投稿される可能性があります。
雑談たぬきに自社に対する悪評を書き込まれる度に対処していては、手間と労力がかかってしまいます。雑談たぬきへの悪質な書き込み対策を行うなら、根本的な問題解決を行うことが重要です。

雑談たぬきへの悪質な書き込み対策を行う際の相談先

image8

雑談たぬきへの悪質な書き込み対策を自社で行うには限界があります。手間と労力がかかる上に、確実に対策できる保証がありません。
ここでは、雑談たぬきへの悪質な書き込み対策を行う際に相談したい専門家を紹介します。それぞれのメリットやデメリットなどを解説するので、雑談たぬきへの悪質な書き込み対策に悩んでいる方は参考にしてください。

1.弁護士

弁護士に相談することで、雑談たぬきへの悪質な書き込み対策が行えます。弁護士は法律の知識を持ち合わせているため、悪質な書き込みを削除したりユーザーを特定したりできる可能性が高いといえます。
しかし、弁護士が行えることは起きてしまったトラブルへの対応です。そのため、雑談たぬきへの悪質な書き込みを防止するなどの効果は期待できないでしょう。

2.専門対策業者

雑談たぬきへの悪質な書き込み対策を行うなら、風評被害や誹謗中傷などの対策を行っている専門対策業者への依頼を推奨します。専門対策業者は弁護士とは異なり、名誉毀損で訴えることはできませんが、発生した問題の再発防止が可能です。
さらに、専門対策業者は雑談たぬき以外のインターネット上で起こる問題も未然に防げます。幅広いトラブルに対して、あらかじめ防止策を取れることは専門対策業者のメリットです。

雑談たぬきへの悪質な書き込み対策を専門対策業者へ依頼するメリット

image9

雑談たぬきへの悪質な書き込み対策を行うなら、専門対策業者に相談することをおすすめします。
弁護士へ依頼することで、雑談たぬきへの悪質な書き込みを削除できたり、投稿者を特定できたりします。しかし、弁護士には雑談たぬきへの悪質な書き込みを防止するという効果を期待できません。
ここでは、専門対策業者を利用するメリットを紹介していきます。雑談たぬきへの悪質な書き込み対策でお悩みの方は、ぜひ本章の内容を参考にしてください。

1.事態の迅速な解決が望める

専門対策業者は、ヒアリングが完了次第、すぐに問題の対処に着手するため、雑談たぬきへの悪質な書き込みが起こす問題を迅速に解決できます。
日々の業務が忙しい場合、自社での対策が遅くなってしまう場合があります。その結果、企業が大きな被害を受ける可能性も考えられます。
雑談たぬきへの悪質な書き込み対策を行うには、迅速な対応が強みである専門対策業者に依頼しましょう。

2.悪質な書き込みを早期発見できる

専門対策業者は、雑談たぬきへの悪質な書き込みを早期に発見できます。悪質な書き込みを対処するには、該当の書き込みを早めに発見することが大切です。しかし、自社で昼夜問わず雑談たぬきを監視することは不可能に近いでしょう。
一方、専門対策業者であれば、雑談たぬきの監視を任せられるため、悪質な書き込みの早期発見が可能です。問題が大きくなる前に対処ができることは、専門対策業者に依頼するメリットです。

3.根本的な原因を解明できる

専門対策業者に依頼することで、なぜ悪質な書き込みが起こってしまったのかを解明できます。
目前のトラブルを解決することはできても、原因が分からなければ問題が再発してしまう可能性があります。問題が発生する度に対処していては、企業の負担が大きくなるでしょう。
原因を明らかにすることで、問題が再度発生する可能性が低くなります。

雑談たぬきへの悪質な書き込み対策を行う際は「ブランドコントロール」にお任せください

image10

悪質な書き込みへの対策を行うなら「ブランドコントロール」にご相談ください。弊社では「ブランドセキュリティ」というサービスを展開しており、事態を解決に導きます。
「ブランドセキュリティ」の強みは、Googleなどの検索エンジンを常にAIで監視していることです。AIを使用することで、悪質な書き込みを早急に発見できます。最新の分析技術を導入しており、Google検索エンジンの傾向や動向を予測しやすくなっています。
貴社をインターネット上の問題からお守りいたします。雑談たぬきへの悪質な書き込み対策を行うなら、ぜひ「ブランドコントロール」にお任せください。

まとめ

image11

雑談たぬきへの悪質な書き込みを放置することは危険な行為です。悪質な書き込みを放置することによって、売り上げが減少したり、サジェスト汚染が起こったりするリスクが想定されます。
雑談たぬきへの悪質な書き込み対策を行うなら、専門対策業者への依頼を検討しましょう。迅速に問題解決できるだけでなく、トラブルの再発防止も可能です。
雑談たぬきへの悪質な書き込みでお悩みなら、ぜひ「ブランドコントロール」にご相談ください。貴社が抱えているお悩みの解決をお約束いたします。

ホーム 雑談たぬきを利用するルールとは?掲示板への悪質な書き込みの対処法を紹介

電話でのお問い合わせ

03-5572-7367

受付時間:11:00-18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム