OpenWorkの口コミは郵送でのみ削除依頼が可能!必要書類や対応方法を解説

image1

「OpenWorkの口コミは気にするべきだろうか」「悪質な口コミは消せるのだろうか」などの悩みを抱えている方がいらっしゃるのではないでしょうか。
OpenWorkは、企業への口コミを無料で確認できるので、転職活動を行う際によく活用されています。書き込まれる口コミは良い評価から悪質なものまで様々です。
転職活動者にとっては便利なサービスですが、企業の印象が左右される原因にもなります。悪質な口コミへの対応が遅れると、不特定多数の就職希望者に口コミが閲覧されてしまい、応募者が集まらない事態につながることもあるので、迅速な対応が重要です。
この記事では、OpenWorkに書き込まれた口コミを削除する方法について解説していきます。事実と異なる口コミで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。


OpenWorkとは

image2

OpenWorkがどのようなサイトなのか、ご存じでしょうか。OpenWorkは企業を評価するためのサービスです。
ここでは、OpenWorkの概要について説明します。OpenWorkの特徴から、なぜOpenWorkの口コミに対応する必要があるのかまで詳しく解説します。本記事の内容をスムーズに理解できるよう、事前知識をつけておきましょう。

1.OpenWorkの特徴

OpenWorkは、口コミで企業評価を行うためのWebサイトです。口コミを確認してから就職を決めることができるので、企業と就職希望者のミスマッチを防ぐのに役立っています。
企業側のメリットは、OpenWorkに登録して求人掲載を行ったり、気になるユーザーをスカウトしたりできることです。
OpenWorkで書き込める口コミは、次のような項目です。
・待遇面の満足度
・社員の士気
・風通しの良さ
・社員の相互尊重
・20代成長環境
・人材の長期育成
・法令遵守意識
・人事評価の適正感
これら8項目について、現役の従業員や元従業員が5段階評価と一言コメントを投稿しています。さらに、残業時間と有給取得率のアンケート調査を行い、数値化しています。
OpenWorkの会員数は累計390万人以上で、毎日2,500人以上が新規登録を行っています。「企業評価サイト」で検索すると、検索結果のトップに表示されることから、数ある企業評価サイトの中でも大きな影響力を持っていることが予想されます。

2.悪質な口コミ投稿が起きる可能性

OpenWorkに書き込まれる口コミは、自社にとってポジティブな内容ばかりではありません。内部事情を知る人間が赤裸々に口コミを投稿するため、ネガティブな口コミが一定数書き込まれています。
さらに、悪質な口コミを書き込まれる可能性があります。例えば、事実と異なる書き込みや誹謗中傷にあたる書き込みです。
悪質な口コミが書き込まれる原因として考えられるのは、以下の通りです。
・企業の評判を落とすための嫌がらせ
・トラブルがあった従業員による逆恨み
このような書き込みは事実と異なるものであっても、多くの就職希望者に閲覧されるので、対策を行う必要があります。

OpenWorkへの悪質な書き込みが企業にもたらす悪影響

image3

OpenWorkへの悪質な口コミは、早めの対処が必要です。なぜなら、悪質な口コミは書かれた企業に悪影響をもたらすからです。悪質な口コミは、閲覧した就職希望者に誤解を与えたり、誹謗中傷を引き起こしたりする可能性があります。
ここでは、OpenWorkの口コミによる悪影響を紹介します。口コミへの対処を行うべきか迷っている方は、確認してください。

1.採用に悪影響を与える

OpenWorkの口コミは、採用に悪影響を与える原因になります。なぜなら、就職希望者が志望企業への悪質な口コミを見たとき、その企業に対する就職意欲が低下するおそれがあるからです。
実際に掲載されている口コミの例は以下の通りです。
・どんなに一生懸命働いても評価が上がらない古い考え方の会社だ
・役員の発言力が大きく、現場が振り回される
・自社製品の将来性が明るいとは言えない
このような口コミがあると、その企業の魅力は減少します。クリーンな口コミの多い企業の方が、就職希望者からの応募が集まりやすいのはいうまでもありません。
OpenWorkは就職希望者が企業評価を確かめることに特化したサービスなので、特に採用への影響が大きいと予想されます。

2.従業員のモチベーションが下がる

口コミは社員のモチベーションを下げる原因になります。ネガティブな口コミが多いと、従業員が自社に不信感を持つきっかけになります。
OpenWorkは誰でも無料で利用できることから、現役の従業員が悪質な口コミを閲覧してしまう可能性があります。「有給の申請を断られた」「パワハラを受けた」などの口コミが目立つ企業では、定年まで働きたいという気持ちは生まれにくいでしょう。

3.取引先からの信頼を失う

OpenWorkへの悪質な口コミにより、取引先から信頼を失う可能性があります。なぜなら、多くの企業がOpenWorkを利用しているからです。
ある企業が、これから取引する予定の企業の評判をOpenWorkで事前リサーチしたときに「経営状態が悪い」「営業では定価より高い金額を提示するよう指示されている」などの書き込みを目にしたら、安心して取引ができないと考えるでしょう。
取引を見送るだけでなく、付き合いのある企業に口コミの内容が伝わるなどして、悪評が遠くまで広がるおそれがあります。取引先からの信頼を失うと、満足のいく企業活動ができなくなるでしょう。

OpenWorkで削除できる口コミとは?

image4

OpenWorkのガイドラインでは、以下の書き込みを禁止しています。
・正社員か契約社員として1年以上の就労経験を満たすことなく書き込まれた口コミ
・噂話や根拠のない口コミ
・大げさな表現、嘘の内容
・一般社員の人事内容や個人情報を含む口コミ
・企業や個人への誹謗中傷
・営業妨害にあたる口コミ
・既存の回答や外部サービスからのコピペ
これらの項目に当てはまる口コミは削除できる可能性があります。

悪質な口コミを削除する方法

image5

OpenWorkの悪質な口コミは適切な手順で申請すれば削除できる可能性は高いといえます。OpenWorkへの悪質な口コミを発見したら、採用や取引で悪影響を受ける前に対応することが必要です。
ここでは、OpenWorkに口コミの削除を依頼する方法を詳しく紹介します。削除したい口コミがある方は、参考にしてください。

1.不適切な口コミを報告する方法

不適切な口コミをOpenWorkに報告すると、簡易的に口コミの問題性を運営に伝えられます。
各口コミの右下にある「報告する」のボタンから入力フォームを開きましょう。口コミが不適切な理由を回答し、自分の立場を選択肢の中から選ぶだけで報告は完了です。
しかし、口コミの内容を全文表示するためにはOpenWorkへの会員登録が必要なので注意しましょう。

2.削除依頼の方法

本格的な削除依頼に関する詳しい情報は「貴社に関する掲載情報の削除依頼」のページで確認できます。
OpenWorkでは、郵送による削除依頼のみ受け付けています。Web上からのフォームなどはありません。
次の資料をそろえ、OpenWorkに郵送しましょう。
・送信防止措置依頼書
・印鑑登録証明書(発行から3カ月以内)
・登記簿謄本(発行から3カ月以内)
・口コミが事実と異なることを証明する書類など
これらの書類をオープンワーク株式会社のCSR事務局に郵送すると、削除依頼は完了です。なお、対応の進捗確認や依頼受理の連絡等は行っていません。

3.各種書類の準備方法

こちらでは、削除依頼に必要な各書類の準備方法を解説します。
1つ目の送信防止措置依頼書は、プロバイダ責任制限法ガイドライン等検討協議会による「侵害情報の通知書兼送信防止措置依頼書」を使用するようOpenWorkが指定しています。侵害を受けた権利名や根拠を明確に記入しましょう。
2つ目の印鑑登録証明書は、印鑑登録証を持参すると役所で発行できます。マイナンバーカードをお持ちの方は、コンビニのマルチコピー機での発行が可能です。
3つ目の登記簿謄本は次の手段で取得できます。
・法務局の窓口で申請する
・法務局のサイトでダウンロードできる「登記事項証明書交付申請書」に必要事項を記入して郵送する(600円分の収入印紙と返信用封筒を同封する)
・「登記・供託オンラインシステム」でWeb申請を行う(申請可能な時間は平日の午前8時30分~午後9時)
それぞれ管理する管轄が異なりますので、よく確認した上で取得しましょう。

OpenWorkの口コミを削除依頼する際の注意点

image6

OpenWorkの運営に口コミの削除申請を行うにあたり、注意点を知っておきましょう。注意点を知らずに削除依頼を行うと、逆に自社に対して損害を与えてしまうおそれもあります。
ここで紹介する注意事項は、OpenWork特有の内容ばかりです。削除依頼で失敗しないよう、それぞれよく確認してから削除依頼を検討してみてください。

1.削除依頼が公開される恐れがある

OpenWorkに郵送した削除依頼の内容は、インターネット上に公開される可能性があります。自社で削除依頼を行ったことが公になれば「この会社は不都合のある書き込みを揉み消そうとしている」という誤った情報が広がる原因になります。
実際に削除依頼が公開された事例は今のところありませんが、慎重に検討した上で削除依頼を行った方がいいでしょう。

2.口コミ投稿者による削除はできない

OpenWorkは、口コミ投稿者が自らの書き込みを削除することができません。そのため、投稿者が特定できていても、口コミの削除交渉はできないと認識する必要があります。
大掛かりな手続きをせずに、個人間で口コミ内容を解決しようと考えていた方は、注意しましょう。

削除依頼の他にOpenWorkの悪質な口コミを対策する方法

image7

OpenWorkに削除依頼をしても、口コミが必ず削除できるという訳ではありません。ガイドラインへの違反や違法性がOpenWorkに認められない可能性があるからです。個人の力でOpenWorkを納得させるだけの法的根拠を明示するのは、難しいでしょう。
ここでは、削除依頼以外にOpenWorkの口コミを対策する方法を紹介します。口コミの削除ができずにお困りの方は、ぜひ確認してみてください。

1.告訴する

告訴により、口コミの投稿者を罪に問える可能性があります。告訴とは、出来事の犯罪性を示して捜査や処罰を求めることです。告訴状が受理されると、口コミによる誹謗中傷などを罪に問うための捜査が始まります。
被害届が受理されても捜査に進む可能性は低いので、より確実な対応のために告訴状を提出しましょう。

2.弁護士に依頼する

弁護士には、法的根拠を元にOpenWorkへの削除依頼ができます。口コミによって受けた被害について、投稿者に損害賠償請求することが可能です。弁護士の利用には費用や時間を要しますが、個人による行動よりも対応の幅を広げられるでしょう。
しかし、弁護士ができるのは、既に発生した口コミへの対応です。OpenWorkへの悪質な口コミを未然に防ぐことはできません。

3.専門対策業者を活用する

専門対策業者は、問題を根本的に解決します。インターネットを定期巡回することで口コミの発生を素早くキャッチしたり、悪質な口コミが再発しないよう対策したりできます。
弁護士とは違って削除対応や法的対応はできませんが、費用を抑えた口コミ対策が可能です。口コミによる誹謗中傷や風評被害でお悩みの方は、ぜひ依頼を検討してください。

OpenWorkの悪質な口コミの解決を専門対策業者へ依頼するメリット

image8

OpenWorkへの悪質な口コミ投稿に対応するなら、専門対策業者の利用がおすすめです。なぜなら、専門対策業者では口コミ以外に、誹謗中傷への対策をあわせて行っているからです。
本章では、専門対策業者を利用するメリットを紹介します。対応を弁護士と専門対策業者のどちらに依頼するか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

1.迅速に解決できる

専門対策業者は、問題解決のために迅速な行動を実行します。なぜなら、OpenWorkの口コミに関する現状をヒアリングでき次第、すぐに対策方法を実行できるからです。
悪質な書き込みは長期間に渡って表示され続けると事態の解決が難しくなります。採用や信用への悪影響といった二次被害を生まないためにも、専門対策業者に依頼して早めに対応を行いましょう。

2.逆SEOによる対策ができる

専門対策業者は口コミが削除できるまでの間、逆SEO対策で被害を抑えます。逆SEO対策とは、口コミが掲載されたOpenWorkのページに対し、検索結果への表示順位を下げる施策を行うことです。
専門的な知識を持ち合わせていなくても専門対策業者が代わりに対策を行いますので、安心して任せられます。

3.原因や課題がわかる

専門対策業者は、原因や課題の分析を行っています。原因ごとに対策方法を変えることで、より確かな問題解決を可能にします。
さらに、悪質な口コミが発生した原因を突き止めることで、同様の被害を繰り返さないよう対策します。専門対策業者への依頼で、被害を受けるたびにかかる費用や時間を最小限に抑えましょう。

口コミへの対策を行う際は「ブランドコントロール」へお任せください

image9

OpenWorkに書き込まれた口コミへの対策を行う際は「ブランドコントロール」にお任せください。
ブランドコントロールでは「ブランドセキュリティ」というサービスを提供しており、AIでGoogleの検索エンジンを監視しています。24時間365日監視し続けるので、OpenWorkを始めとした各種サイトの異変を見逃しません。
20年かけて積み上げた確かなノウハウで、企業の信頼をお守りいたします。口コミや誹謗中傷にお悩みの方は、ぜひ「ブランドコントロール」へご相談ください。

まとめ

image10

OpenWorkへの悪質な口コミは、削除依頼が可能です。必要書類を郵送して、削除の必要性をOpenWorkに伝えましょう。
しかし、確実に口コミの削除が実行されるとは限りません。削除依頼以外で口コミへの対策を行うには専門対策業者の利用を検討してみてください。
「ブランドコントロール」では、口コミへの対応以外に、企業の信頼を守る「ブランドセキュリティ」を提供しています。口コミや誹謗中傷を解決するため、ぜひ「ブランドコントロール」にご相談ください。

ホーム OpenWorkの口コミは郵送でのみ削除依頼が可能!必要書類や対応方法を解説

電話でのお問い合わせ

03-5572-7367

受付時間:11:00-18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム