ホーム 誹謗中傷・風評被害ニュース / コラム 【影響大】サジェスト汚染がもたらす被害とは?発生原因と対処法を解説

【影響大】サジェスト汚染がもたらす被害とは?発生原因と対処法を解説

image1

「サジェスト汚染にはどう対処すればいいのか」「なにが原因で発生するのか」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
Googleなどの検索エンジンを利用する際、サジェストと呼ばれる検索ワードの予測が表示されます。企業やサービスを検索した際に、サジェストにネガティブなワードが表示されると、検索ユーザーにマイナスの印象を与えてしまいます。
このようなサジェスト汚染はなぜ発生し、どう対処していけばいいのでしょうか。この記事では、サジェスト汚染が発生する原因と適切な対処法について詳しく解説します。


サジェスト汚染とは?

image2

サジェスト汚染とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索した際にサジェストにネガティブなワードが並んでしまう状態のことです。
サジェストとは検索エンジンにキーワードを入力した際に、一緒に検索されやすいワードを自動的に表示する機能のことで、検索ユーザーが求めている内容を検索エンジンが予測し、サジェストワードを表示します。
検索エンジンでは、過去に他のユーザーがそのキーワードで検索された頻度をデータとして保存しており、そのデータをもとにサジェストを表示します。
仮に「サジェスト」で検索した場合は、以下のように表示されます。

image3

サジェストのワードは、ユーザーが検索した内容によって変化します。例えば企業に不祥事があると、ネガティブなワードをつけて検索される可能性が高くなります。
ネガティブなワードをつけて検索される回数が多いと、ネガティブなワードがサジェストとして表示され、より多くの人にネガティブな印象が伝わってしまう危険性があります。

サジェスト汚染を放置すると起きる問題

image4

サジェスト汚染が発生しても、目に見えた形で企業に影響が出ていなければ放置しても問題ないと感じる方がいるのではないでしょうか。
しかし、サジェスト汚染による悪影響は徐々に表れることが多く、対応が遅いほど手遅れになってしまいます。そのため、サジェスト汚染には迅速な対応が必要です。
ここからはサジェスト汚染を放置することで起きてしまう問題を紹介します。

1.サジェストとして定着する

サジェスト汚染を対応せずに放置すると、サジェストに表示されるネガティブなワードが検索ユーザーの検索結果に定着します。何度もクリックされることで検索エンジンは検索ユーザーが求める情報だと判断します。そのため、さらに多くの人の目に晒されてしまうことになります。
さらにサジェスト汚染は、サジェストとして表示される期間が長いほど影響が大きくなります。サジェストが汚染されることで別のワードで検索していた人にも、提案や候補としてネガティブなワードが表示されてしまい、悪循環が生じます。
そのため、サジェスト汚染を見つけた際には影響が大きくならないよう、できるだけ早めに対応するのが得策です。

2.企業・商品のイメージが悪化する

サジェスト汚染によって、企業や商品のイメージが悪化します。ネガティブなワードが多く並ぶことにより、検索したユーザーに悪印象を与えるためです。
企業名を検索した際に、ブラックな経営体制を連想させるワードがサジェストに多く並んでいると、検索したユーザーは「この会社はブラック企業だ」という印象を受けます。
事実ではない内容だとしても、サジェストに表示されたワードの印象だけで企業や商品のブランドイメージが低下する可能性もあります。
たとえば大手企業の電通の場合、以下のようなサジェストが表示されます。

image5

このように「過労死」「クズ」といった、過去に発生した元社員が自殺した事例に関わるワードが表示さます。
現在は体制が改善されているとしても、こういったキーワードが出続ける限りブラック企業という印象が検索ユーザーから消えない可能性は高いといえます。

3.個人の信用が下がる

サジェスト汚染が発生すると、その企業で働いている社員からの信用を失う可能性があります。
家族や友人から企業の評判について尋ねられたり、ネットに書き込まれた誹謗中傷などを目にしたりすることで精神的負担になることがあります。
モチベーションが下がり、会社の業務が苦痛になる社員も少なくないでしょう。優秀な人材の離職に繋がり、即戦力を失うことで業績が悪化することも考えられます。
サジェスト汚染は会社にも社員にも悪影響を与えます。会社はもちろんのこと、働く社員を守るために放置せず迅速な対応が求められます。

サジェスト汚染の実例

image6

サジェスト汚染の実例としては、カップ焼きそばで有名な「ペヤング」の異物混入事件があります。
大学生が購入したペヤングのカップ焼きそばにゴキブリが混入しており、それを写真付きでSNSに投稿したところ、多くの人が拡散したことで、大きな問題となりました。

image7

販売元のまるか食品が混入経路を調査したところ、工場で混入した可能性が高いことが判明しました。それによってしばらくの間、販売中止となりました。
現在では販売が再開され、信用も回復しつつありますが、当時の事件を連想させるサジェストは今も残っており、拡散された画像も確認できます。
サジェストを目にしたユーザーがクリックし、画像を目にすることで、強い抵抗を感じ、購入を止めることも考えられます。
このようにサジェスト汚染は問題が解決した後も根強く残ってしまうものです。そのため迅速に対応し、影響が残らないようにすることが大切です。

サジェスト汚染が起きる原因

image8

サジェスト汚染が発生してしまった場合、そこには何らかの原因があることが考えられます。企業の経営やサービスに問題がある場合だけでなく、思わぬ原因から発生する場合もあります。
原因を正しく特定し、改善につなげていくことが対策として求められます。そこでこの章では汚染が起きる原因を3つ紹介します。

1.ネガティブな評判がある

企業やサービスの評判が悪いと、ネガティブなワードで検索されることが多くなりサジェスト汚染につながります。
例えば、違法な長時間労働により社員の過労死や自殺などの事件が発生したとします。
すると、そのことについてネットで調べる人が増え、サジェストにネガティブなワードが並ぶようになります。
サジェストにネガティブなワードが並ぶことにより、さらに多くの人に検索され、サジェスト汚染が深刻化します。

2.異なる意味での検索が表示される

本来は企業への批判につながらない、異なる意味での検索がサジェストに表示され、誤解を招くこともあります。
例として、サーティワンアイスクリームの事例が挙げられます。サーティワンアイスクリームは、2013年から2015年まで、人気ゲームアプリとのコラボを実施していました。
しかし、コラボ内容がユーザーの期待したものとはかけ離れていたため、検索エンジンに以下のワードで多くの検索があったそうです。
・「サーティワン まずい」:コラボ内容がよくないという意味
・「サーティワン 毒」:ゲームの攻略情報と関連
これらのワードがサジェストに表示された場合、ゲームをしていない人にとっては意味が分からず、「まずい」や「毒」がサーティワンアイスクリームに対しての情報だと勘違いしてしまうでしょう。
コラボは短期間で終了したため現在サジェストは正常化していますが、このように本来の意味とは違う意味で伝わってしまう汚染も考えられます。

3.人為的に起こされている

また、企業やサービスについて敵意を持っている第三者によって人為的にサジェスト汚染を引き起こされる場合もあります。
サジェストは検索エンジンで多く検索されたワードがユーザーの求める情報と判断され、表示されています。
この仕組みを逆手に取れば、意図的に企業名とネガティブなワードを合わせて何度も検索することで、人為的に汚染を起こすことが可能です。
人為的なものである場合、犯人を特定しないと何度も繰り返される可能性があるため対処も難しくなります。

サジェスト汚染に対する3つの対処法

image9

サジェスト汚染が発生した場合、行うべき対処法は複数あります。放置した状態では問題が大きくなっていく可能性が高いので、少しでも早い、適切な対処が必要です。
しかし、サジェスト汚染は対処を行なっただけで解決に進むとは限りません。問題を根本的に解決するには専門対策業者といったプロへの依頼も検討するべきです。
ここからはサジェスト汚染に対する3つの対処法を解説します。サジェスト汚染にお困りの方はぜひ参考にしてください。

1.自分で削除する

1つ目の対処法として、企業や商品などにマイナスの印象を与えるサジェストワードを自分で削除する方法です。削除はサジェスト汚染で被害を受けている本人のみが申請できます。
Googleの場合、以下の方法で申請します。
・Google公式ホームページの「法律に基づく削除に関する問題を報告する」から削除申請
・住所・氏名・会社名といった情報を入力
・汚染ワードの情報を入力
早ければ1、2週間ほどで申請が許可され削除されます。しかし、申請しても削除されるとは限りません。
削除されなかった場合は次の方法で対処しましょう。

2.弁護士に対処してもらう

サジェスト汚染を弁護士に相談し、対処してもらうことも可能です。風評被害といったネットトラブルへの知見がある弁護士なら、削除申請を検索エンジン側に却下されず削除できる可能性が高いでしょう。
また弁護士が介入することで、法的手段による削除申請をすることが可能です。さらに第三者が人為的に起こしたサジェスト汚染となれば、その相手に対して損害賠償請求や刑事告訴などによって法的手段も追求することができます。

3.専門の対策業者に削除を依頼する

ネットトラブルを専門とした対策業者に依頼するのもひとつの手です。専門対策業者であれば、同じ問題が発生することがないよう再発防止策を考えてくれます。
サジェスト汚染には必ず原因があります。専門対策業者はサジェスト汚染のみならずネットトラブルに関してのノウハウを持ち合わせています。被害が起こってしまった原因の追求や課題の洗い出しなど、トラブルの根本的な解決が期待できるでしょう。

専門対策業者に対応を依頼するメリット

image10

サジェスト汚染への対処法を紹介しましたが、3つの中で特におすすめなのは専門対策業者への依頼です。
専門対策業者と言っても、馴染みのあるものではないので必要性が分からないという方が多いと思います。
この章では専門対策業者を利用するメリットを紹介します。サジェスト汚染に関してお悩みの方は参考にしてみてください。

1.迅速に対応してもらえる

1つ目のメリットとしてあげられるのは迅速な対応が可能だという点です。専門対策業者はネットトラブルに関しての専門的な知識と実績があります。そのため問題解決に時間がかかりません。
サジェスト汚染は被害の拡大を防ぐために早めの対処が求められます。専門対策業者に依頼することは問題を迅速に解決でき、被害を最小限に抑えることが可能です。

2. 問題が起きた原因を分析してくれる

サジェストキーワードから問題となるキーワードを消すだけでは、表面的な対応にしかなりません。専門対策業者を利用し、サジェスト汚染が起きた原因を解明することで根本的な問題の解決が可能です。

3.誹謗中傷・風評被害の予防ができる

専門対策業者はサジェスト汚染から発生する誹謗中傷や風評被害を未然に防ぐことも可能です。掲示板やSNSのモニタリングを常に行うことで、誹謗中傷や風評被害の原因となる情報に対して早期に対処することができます。

「ブランドコントロール」はサジェスト汚染を迅速に解決

image11

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索した際、サジェストにネガティブなワードが並んでしまうサジェスト汚染の対策を専門対策業者に依頼する場合は「ブランドコントロール」のサービス、「ブランドセキュリティ」をぜひご利用ください。
問題に素早く対処するための仕組みや再発防止システムを導入しており、サジェスト汚染対策として効果的です。
サジェストの確認は人の手によって行うのが、一般的な手法ですが「ブランドセキュリティ」は、正確かつ迅速に対処できるAIによる監視システムを搭載しています。
また「ブランドコントロール」では、企業のイメージや価値を向上させるサービスも行っています。インターネットによる誹謗中傷や風評被害にお困りの際はお気軽にお問い合わせください。

まとめ

image12

サジェスト汚染は、企業に不祥事といった問題があった場合に発生しやすいネットトラブルです。しかし、企業に悪意をもった第三者によって人為的に起こすことも可能なため、対応が難しい点が多くあります。
自分で削除申請を出すこともできますが、専門対策業者に依頼することで再発防止策を含めた根本的な解決を図れます。
サジェスト汚染対策にお困りの場合は、ぜひ「ブランドコントロール」にご相談ください。インターネット上のトラブルに対応し、貴社のブランドイメージを守ります。

電話でのお問い合わせ

03-5572-7367

受付時間:11:00-18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム